ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 日々変化日々進化

柔軟思考で、おじさんを脱却せよ!!

newstop


 筆者もおじさんと呼ばれる年齢をとうに超えているが、おじさんとは何ぞや!?自分なりに考えてみた。

 巷で嘲笑されるおじさん族。一般的に、石頭、融通が利かない、応用ができない、新しいものがインプットされない、更なるブラッシュアップに興味がない、ゴルフと酒が一番の趣味だと豪語する。仕事よりも酒、女に逃げる習性があるのが、一般的なおじさんと呼ばれるのだろうと・・・。

 先ず、筆者が若かりし頃、前職の頃のおじさんを思い起こすことにした。当時、50代の部長級のおじさんたちを思い出すと、高価な背広を着ていたが、何となく、ネクタイのデザインや腕時計、革靴、バッグとのバランスが悪かった。そして、毎日仏頂面にてデスクに腰掛けていたように思える。

 おじさん部長たちは、午前11時半を過ぎるとそわそわと落ち着かず、正午前にデスクを離れて、ランチの店へ。午後2時過ぎに戻ってくる。一人は爪楊枝を口に咥え、シーシーシーシーと音を立てながら椅子につく。また、一人は若い女性(たぶん、夜の蝶)へ予約の電話を掛けている。

 当時、筆者は企画担当係長だったので、まだ20代。新しいマテリアルを寄せ集め、新たな企画書を提出すると、おじさん部長たちは、全く無関心。企画書を開いて見ようともしない。そして口々に、「そんなことやっても、ダメでしょ。前例ないし!」という言葉が飛び交う。

 時には、若い女性たちから相談事があり、「早朝から更衣室を覗いている部長がいるんです!〇〇部長です!どうにかしてください!」と。所謂、ロリコンおじさん部長である。よって、更衣室キャビネットの隙間をガムテープで目張りをすることで、覗きエロおじさんを遮断。

 数日後、女性たちに話を聞くと、「朝から、キャビネット向こうから、あれ???あれ???と独り言が聞こえて来ました。今まで隙間から覗き込んでいたものが真っ暗で見えなくなったので、つい声を出したのでしょうか!?」と。何とも情けない、変質おじさんである。

 また、あるイベントが成功すると、「これは、私が最初から担当しており、無事終了いたしました!」と、上司に報告するおじさん部長。また、イベントが不調に終わりそうになると、「あれは、○○君が担当ですが、最初から問題視してまして!」と、責任転嫁の雨霰のおじさん部長が登場する。

 しかし、60代の役員の中で、オシャレでダンディーな方がいた。その方から随分世話になったが、その役員は常にトレンディなことへ関心が強く、雑誌も若者が読むようなものを書店より買って来ては、休み時間に読んでいた。当時、パラシュート生地で作られたレインコートを着ていたが、流石にトレンディさに長けていた。

 以上のように、企業において、ある程度の職位につくと安堵するのか、それ以上のものを求める気力もなく、過去の栄光に浸ってしまい、今の時代の流れについて行かぬスタンスをとり、周囲の若者を全て否定的に見るおじさんが多いように思えて仕方がない。だから、おじさんと揶揄される訳だ。

 前出の、ダンディな役員は、現在お元気であれば90歳を超えているはずだ。その方から、当時頂いたネクタイを数本今でも大切にしているが、花柄や大胆な幾何学模様のネクタイは、当時1本3万円以上したものばかり。よって、筆者はその方にいつの間にか感化され、ネクタイに拘りを持つようになってしまった。

 まだまだ書きたいことが沢山あるが、キリがないので、この辺りで筆を置きたい。畢竟、年齢的におじさんと呼ばれても、思考回路がフレキシブルかつアグレッシブに作動すれば、上述の妙な融通が利かないおじさんにはならないはずだ。「日々変化日々進化」を忘れねば、脳みそだけは若さを維持できるというもの。

 若者が羨望の眼差しにて敬愛するおじさんになることが、我々おじさん族の大きな課題と言える。本日は昔を思い起こしつつ、苦笑いをしながら、コラムを書き綴ってしまった。人は誰しも老いて行くものだが、特に日本人は年齢ばかりを気にして、自分を老化させているようだ。そこが、一番の問題点であろうかと・・・!?


▼孔子公園近くに咲く椿
ojisan2022-011


ojisan2022-012


ojisan2022-013


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎写真愛好家グループ「Obscura Photo Club」
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.clubLink
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/4 12:00 am

「日々変化、日々進化。」・・・捌ける人間は、ここが違う!

newstop


 約束事を、自分に都合よく拡大解釈する人がいる。また、複数事案が同時進行しているにも関わらず、やっとの事、一つに着手したかと思えば、五合目あたりで安堵して胡座をかく。何とも、「ウサギとカメ」のウサギさんのような、油断多き人である。油断による失態に対して、羞恥心がない。

 何事も具現化することもなく、実績無しの重苦しい状態が続き、気づけば1年近くが過ぎ去ってしまう。それが請け負った仕事であれば、元々遣る気の無さからくるサボタージュなのか、無能者の常態化した演出なのか、そのどちらかのように思えてならない。何度も時間稼ぎのために言い訳したとしても、食傷するばかりとなる。「実のない果実」は、喰えない訳だ。

 様子伺いに徹して、都合が悪くなれば、当然、リアクションが完全に止まる。捌けない人間の体内時計は狂っている。1時間でできることを1日経っても進めず、1日でできることを1週間経っても捌かない。

 「Time is money」=「タイム イズ もう無え!」。時間への認識が甘いのか、旧石器時代のようにスローな、ケジメの無いじっとりとした空気感だけが漂う。

 上記は「負のスパイラル」の典型だが、その波は、思いの外、規則的に現れる。今すべきことを、気が進まぬという理由で、後回し。そうなれば、今すべきことが次の日どころか、一週間後になる。ところが、その1週間に1度だった波が、いつの間にやら1ヶ月に1度の周期へと変わる。気づけば、仕事1日分のスパーンが7倍(1週間)、そして、更にその4倍から5倍(1ヶ月)と長くなっている。

 旧石器時代と言ったのは、安寧の日々が続いているのならば、1ヶ月に1回程度「狩り」に出掛けて仕事をすれば、何とか生きては行ける。そんな時代錯誤のスローな人間は、1年に12回ほどのアクションで、1年を過ごすことになるのだろうか。何とも、ヌルヌルしたナメクジのような動きは、頂けない。

 ビジネスマンであれば、単に捌けぬと揶揄されるばかりか、無能という烙印を押されてしまう。年間56週あるのならば、最小でも56回のアクションを起こして然り。

 勿論、捌けるビジネスマンは、年間365回のアクションを鉄則としている。だから仕事が捌ける。仕事が変化し、進化する。周囲からも絶大なる信頼がある。常に真剣勝負で、有言実行、初志貫徹。ダラダラ、ヌルヌルとしたところなど無く、好循環だけが連続する。よって、「負のスパイラル」など縁遠い人となる。

 電話の声も溌剌としており、やる気満々のオーラが伝わってくる。反応が早い。つまずいたとしても、修正、修復が早い。一度に、五つも六つもプロジェクトを抱えても、涼しい顔をしている。パニック状態に陥ることなど皆無。そんな企業戦士が一人でもいれば、全てのプロジェクトは一気に花開くのだろうと・・・。

 畢竟、「負のスパイラル」は、外的要因(相手が原因)ではなく、自分自身の「心の濁り」からくるものである点を、十二分に把握すべきである。(自戒を込めて)


▼凄い画数の麺料理「ビャンビャン麺」
byanbyanmen-20210219


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/2/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp