ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 敬愛の念

偏見と思い込みの押し付け・・・

josui-3


 年配者の偏見と思い込みの激しさは、筆舌に尽くし難いほど、万とある。特に、若者に対する偏見や思い込みは、思いの外、何の根拠もないこともしばしば。己のキャリアを称賛し、常に上から目線で、あたかも若者が劣勢に立っているのが当然のような口調で語る毒舌者もいる。

 例えば、「今の若い奴は、馬鹿ばっかり!」と言い放つ、デリカシーのない年配者。自分自身の若き頃の「オイタ」を神棚に上げ、一方的に若者の未熟さの揚げ足取りである。「お前たちが反論するのは、100年早い!」など、以ての外。罵詈雑言を繰り返すだけで、若者の発想を認めない。

 更に、「どれだけ社会貢献してきたんだ?舐めた口を叩くんじゃないよ!」と、年功序列大好きな年配者の決まり文句である。それが企業などの組織ともなれば、「先輩に楯突くのか?明日からは机も椅子もなくなるぞ!」とか、「ふざけた事を言っていると、降格処分だ!」などなど。

 また、SNSなどでの「あるある」は、「私の子供みたいな歳なんだね!?まあ、家の娘と同じ歳なの?」と、やけに人様の年齢を気にする年配者。そこには、親と子の歳の差があることを明言し、既に上から目線で人様とコミュニケーションを図ろうとしている姿勢が見え隠れする。

 そんな具合じゃ、まともな会話も成り立たない。若者が何かについて質問しようとすれば、「そんな事も知らんのか?まだまだ、青いな!」と、せせら笑いをしながら、その若者の存在自体を愚弄する。よって、若者からすれば、「こんな質の悪いおっさんやおばさんから言われたくないわ!」と感じるに違いない。

 逆に、若者の偏見と思い込みはどうだろうか!?年配者とは異なり、社会人となって数年であれば、経験値が高いとは言えない。しかし、高学歴でプライド高き若者は、自分なりに自信満々に持論を展開する。勿論、正論もあれば、履き違えの稚拙な語りも無きにしも非ず。それは、それで面白く、許される。

 しかし、「あのジジイは棺桶に片足突っ込んでいるくせに、ふざけたこと言いやがって!」とか「俺の親父やお袋であるまいし、要らぬ世話が多い!」と内心穏やかでない事もしばしば。特に、他人の年配者から、分かりきったような、それも思い込み激しい言い方をされると、絶対に会話は成り立たない。

 他人様の年齢や性別、そして歳の差を気にする日本人が多いから、上記のような流れが当たり前の世界となっている訳である。若者がどんなにキャリアがなくとも、年配者よりも柔軟かつ大胆な発想を持っているに違いない。年配者が若者よりも社会経験が豊富なことなど分かり切っている。

 但し、年配者にも若者にも、その中間的な年齢層の人にも必要なことは、いくら歳の差があろうが、「敬愛の念=リスペクト」がなければ、決して素晴らしいコミュニケーションが取れるはずが無いことを知るべきである。相手を尊ぶことで、その話がよく理解できる。「聞く耳」ではなく「聴く耳」を持ってである。

 まあ、世代の垣根を飛び越えられない人たちは、上で指摘したような考え方やものの言い方を、デリカシーなく言う人たちだろうと考える次第。要は、「敬愛の念」と「聴く耳」を持てば、何の障壁もなく、世代の違いを感じることなく、愉快な会話が延々と続くことになる訳だ。

 「年功序列」、「女性蔑視」、「上から目線」、「価値なき経験論」、「根拠なき推論」を全て脱ぎ捨て、裸一貫でフラットな関係を保つことで、人間らしい、素敵なヒューマン・コミュニケーションが可能となることを、全世代の人たちへ申し伝えたい。実に簡単なことなのだが、理解できていない人が多すぎる。


▼孔子公園のカラー
henken-01


henken-02


henken-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   


  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/17 12:00 am

「人様に迷惑を掛けない」が鉄則・・・

josui-3


 生き人形ではなかろうかと思えるような「赤子」の人形が目の前に。聞けば、「瑞観作」という。はち切れんばかしの美しい肌の質感。圧巻は、目線の先の母親の姿さえもが想像できるような、愛くるしい「眼」である。

 人は、このように乳飲児で免疫力を無くした頃から、全てに無防備でもあり、最も脆弱な存在となる。しかし、言葉を覚え、喋り出し、知恵が付いてくる頃から「人格」というものがじわじわと備わってくる。

 よって、「人格形成」にとって、この乳飲児から離乳、そして免疫力を無くした段階が一番重要なのではなかろうかと思える。しかし、大人になるにつれて、無力なる可愛い「赤子」が、それが極一部の人間だとしても、何故に、妙な「輩」に豹変するのだろうか。

 ちゃんと挨拶をしていた子供が、礼節を無視した行動をとっている。虫も殺さぬ優しい子供が、人を殺めて刑務所に収監される。読書好きな大人しい子供が、一般道を爆走している。きっちりとルールを守っていた子供が、公道で酔い潰れている。

 随分昔のことを遡って、記憶を紐解いてみた。幼稚園当時の子供の頃の話だが、既に、上に立ちたがるボス的存在も、可愛子ぶりっ子する子供も、人の話など聞かず喋りまくる子供も、嘘つきやずる賢い子供など、所謂、十人十色であった。

 「子は親の背中を見て育つ」と言われるように、既に、幼少期において、個々人の人生におけるベクトルがある程度定まっているのだろうと推察するのである。更に、環境の変化などで色んなバリエーションの「人格」が確立して行くのだろうと。

 勿論、幼少期における育った環境も家族の躾なども大きな影響があると考えられるが、人間(動物)の本能として備わっている「群れ」や「差別」、「優劣」、「虚栄と自慢」など、大人になればなるほど外に向けて放出するようになる。

 異端児を悪くは思わない。また、悪いとも言いたくはない。ただ、異端児がクールな存在だと自負したいのであれば、人間社会のルールを守り、じっくりと演技されても宜しかろうと。ルールとは、「人様に迷惑を掛けない」が大原則であることを認識すべきである。

 実にシンプルだが、「人様に迷惑を掛けない」が理解できるのであれば、誰しも法により裁かれたり、恨まれたり、面倒なことになるはずはない。しかし、それが理解できない人は、老人になっても醜態暴走が止むことはなく、情けないが、愚かなる人間のまま最期を迎えることになる。


human-baby


suzume


karas



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/25 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp