ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿市

犬鷲夫婦のランチタイム・・・

▼メスの犬鷲らしきもの

kikuchigawa-2021-12-005


 今回の取材先は、菊池川沿い(熊本県山鹿市/山鹿大橋より数百メートル上流域)。以前、「午後4時半のミサゴ」とあだ名を付けたミサゴが飛来していたところである。

 到着したのは、午後4時前。土手を走行中に、先ず目に留まったのは、真っ白な大鷺。約100メートル先のところで、魚獲りをしていた。川沿いの駐車場に到着するや否や、大きな翼を持った茶色の大物が上空を旋回していた。

 「午後4時半のミサゴ」が目的だが、犬鷲のようだ。英語ではゴールンデンイーグルと格好いいが、正直なところ、肉眼でその顔を確認したことは皆無。飛び回っていた犬鷲は、上空から川の対岸の大木へ向かった。

 超望遠レンズにて撮影するチャンス。しかし、三脚に超望遠レンズを装着したカメラでなければ、手持ち撮影では、ファインダーから犬鷲の姿が見えたり消えたりして、段々と首や肩、腕が痺れれくる。

 それでも、無音シャッターにて連写で対応。初めて、大木の上で捕らえた魚を食している犬鷲の姿を撮影することができた。右側がオスで、魚を突いているのがメスのようだが、思いの外、猛禽類にしてはなかなかの美人のようだ。

 菊池市の竜門ダムで遭遇した犬鷲は、高いところから、こちらのレンズ目掛けて攻撃的な動きをしたが、今回の犬鷲はランチタイムのようで、穏やかである。それから、また別の犬鷲も飛来したが、すぐに立ち去って行った。

 それから30分後に、「午後4時半のミサゴ」らしきミサゴが一羽目の前を川下から川上へと飛んで行った。それから数分が経過し、今度は川上から川下へ二羽のミサゴが、水面スレスレの低空飛行にて去って行き、撮影の好機を逸した。

 以前よりも、大型の野鳥が多く飛来しているようで、犬鷲やミサゴが飛び交うと、鴨軍団がピーピーと警戒の声を放っている。大鷺は威風堂々とマイペースにて、水面に何度も顔を突っ込み、魚を追っている。

 今日の菊池川は水量は多かったが、水流は大河の如くゆったりとしており、水もすこぶる澄んでいる。野鳥にとっては、このような良い水質の川では、旨い魚を獲り放題であろうかと。しかし、あのメスの犬鷲はまだ魚を突いている。

 食べている魚の種類は特定できないが、多分、ニゴイではないか。美しい川に棲息するニゴイを背越しで食べている訳で、なかなか贅沢なるランチタイムを、この犬鷲夫婦は楽しでいるようであった。


▼オスの犬鷲らしきもの
kikuchigawa-2021-12-006


▼中央の小さな白い点が大鷺(菊池川)
kikuchigawa-2021-12-000


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-001


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-002


▼大鷺
kikuchigawa-2021-12-003


▼菊池川対岸の土手を散歩する人と阿蘇中岳の噴煙(右側)
kikuchigawa-2021-12-004



※撮影機材:Nikon COOLPIX P1000
----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/11 12:00 am

雨の芝居小屋「八千代座」

▼芝居小屋「八千代座」(111年の歴史)の廊下にある裸電球

yachiyoza-2021-001


 芝居小屋「八千代座」には、随分足を運んでいない。多分、4年ほど行っていないのではないか。特に、コロナ禍となり、ほとんど足を伸ばすことが少ないので、雨の降る「八千代座」を時折思い出すのだった。

 全国には、現在、11の芝居小屋が残されていると言う。「八千代座」以外は足を運んだことはないが、一度は、全芝居小屋の歴史や公演履歴、そして造りをじっくりと取材したい・・・。

▼20年前に書いた記事(2001年9月18日)
 http://www.dandl.co.jp/gold/news2001/20010918yamaga/index.htmlLink

<資料提供:山鹿市教育委員会>

 熊本県北部の山鹿市。いで湯と灯籠祭り、装飾古墳などで知られる歴史の街。そこには江戸時代の参勤交代にも利用された豊前街道が通り、その街道沿いに「八千代座」は今も尚歴史を語り続けている。

 明治43年当時商工業で栄えた山鹿の旦那衆が八千代座組合を創設、一株参拾円の株を購入し建てた芝居小屋である。こけら落としは同44年1月で、歌舞伎の松嶋屋総勢91人による興業であった。当時の記録を紐解くと、松井須磨子、岡田嘉子、長谷川一夫、片岡千恵蔵らの名前を見ることが出来る。八千代座は大正から昭和初期にかけて、当代一流といわれる芸能人の熱演を多くの人々の心に深く刻み込んできたのである。

 国指定の重要文化財である八千代座であるが、昭和40年代に老朽化し朽ち果てる寸前であった。山鹿の老人会が「瓦一枚運動」で募金を行い、5万枚の屋根瓦を修復。現在では若者も活動を始め、平成2年から「坂東玉三郎舞踊公演」が定期的に開催されている。「い・ろ・は」から始まる桟敷席、廻り舞台やスッポンなどすべてが健在である。ちなみに、奈落の底で廻り舞台(人力式)を支え続けるレールには、1910年のドイツ・クルップ社の刻印が刻まれているのである。

<全国の芝居小屋>

1)康楽館:秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字松ノ下2
 http://kosaka-mco.com/publics/index/51/Link
2)門和佐の舞台(白雲座):岐阜県下呂市門和佐
 https://jishibai.pref.gifu.lg.jp/modules/organization/index.php?action=PageView&page_id=11Link
3)鳳凰座:岐阜県下呂市御厩野
 https://www.city.gero.lg.jp/site/kanko/1305.html#sp_headline_0Link
4)旧金毘羅大芝居(金丸座):香川県仲多度郡琴平町乙1241
 https://www.kotohirakankou.jp/spot/entry-55.htmlLink
5)内子座:愛媛県喜多郡内子町内子2102
 https://www.we-love-uchiko.jp/spot_center/spot_c2/Link
6)嘉穂劇場:福岡県飯塚市飯塚5番23号
 http://kankou-iizuka.jp/topic_6/Link
7)八千代座:熊本県山鹿市大字山鹿1499
 http://www.dandl.co.jp/gold/yachiyoza/Link
8)自然舎:山梨県北巨摩郡須玉町上津金
 案内WEBサイトなし
9)永楽館:兵庫県出石郡出石町柳町12
 http://eirakukan.comLink
10)旧広瀬座:福島市上名倉字大石前地内
 https://minka-en.com/shisetsu/shisetsu_6/Link
11)ながめの劇場:群馬県大間々町大字大間々1635
 https://www.city.midori.gunma.jp/www/contents/1000000000166/Link


▼桟敷席(キセルでタバコを吸って焦がした跡がある)
yachiyoza-2021-003


▼奈落(人力の回り舞台の下)にあるドイツのクルップ社製のもの(1910年)
yachiyoza-2021-004


▼雨と提灯
yachiyoza-2021-005


▼正面
yachiyoza-2021-002



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp