ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 契約違反

ボブ・ウッドワードに学ぶこと・・・

josui-3


 久しぶりに、Bob Woodward(ボブ・ウッドワード/※1)の最近の動向を調べてみた。同氏は、元々「ウォーターゲートスキャンダル」で活躍した世界的なジャーナリストである。同事件は1972年に起きたもので、その後、「大統領の陰謀」(All the President's Men/※2)という映画も制作されたほどの一大事件であった。

 最近のボブ・ウッドワードの動向なり発言を拝見していると、やはり印象深いキーワードは「メモ(MEMO)」である。全て揺るぎのないエビデンスを形作るのが、当時の手書き「メモ」であり、彼らの脳内では、縦横斜め(過去現在未来)情報が、360度の世界にてリンクして行く。

 十数年前に、その映画DVD(字幕版)を購入して、30回以上は見たろうか。嘘の上に嘘を塗り固めていったものが、じわりじわりと暴露されて行く。今回のアメリカ合衆国大統領選挙でも、ビッグマウスでギャンブル好きな現大統領の発言の流れとよく似ている。

 ボブ・ウッドワードの公式サイトなり、YouTubeなりに立ち寄ると、「The president is not above the law.」という文言が飛び込んできた。いろんな所で遣われている言葉であり、帝王のような存在をアピールする現大統領のスタンスを巧みに描写しているように思えてならなかった。

 以下は、比較対象としては無味乾燥になるが・・・今も尚、日本国内の地方に行けば、「著作権法」が罷り通らない。酒を呑むなと言っても「飲酒運転・酒気帯び運転」や「煽り行為」が止まらない。当然の如く、「The citizen is not above the law.」だが、「法の無知」ばかりが際立っている。

 ここ1〜2年の体験談(実話)であるが、当社は二度にわたり「著作権侵害」に被害に遭った(※3)。一つは一昨年の滋賀県栗東市による「著作権侵害」に対して猛烈に抗議をしたところ、同市長及び関係部署から、丁重な謝罪文が数通届いたのだった。

 しかし、それから2年過ぎても、同市公式サイトの「市長記者会見(2018年12月27日)」の内容を見ると、都合の悪そうな過去の文言が削除され、未だに市民への公表(謝罪)を行なっていないことが判明。残念ながら、「法の冒涜」としか言えない。

 「著作権法」を余所事のように考える地方の経営者も確かに多い。「犯罪」であることも認識せず、指摘を受ければ、違法行為の証拠隠滅、隠蔽のために、さっさと指摘されたものを削除して、「逃げれば勝ち!」と思い込んでいる愚かな人もいる。

 つい最近でも「著作権侵害」の被害を受け、その箇所を数日前に確認したのだが、「周囲に知られなければ、問題はない。さっさと写真データを消して、差し替えて逃げれば良い!」と思ったのかどうか分からないが、既に消された事実を確認した。

 とんでもない話で、「著作権法」に定められた「罰則(刑事)」がどれほど厳しく、民事においても相当額の損害賠償や慰謝料などが裁判で言い渡されるかを理解していない。「法の無知」なる者の、身勝手で浅はかな「価値判断」となる。

 筆者が、ボブ・ウッドワードから学んだのは、先々揺るがぬエビデンスを生み出すという「メモ」である。それも、時系列に書き込んだ「メモ」は、アプリ「Mind Node(マインドノード)」などを使えば、加害者の真理なり挙動なりが瞬時にビジュアル化される。

 更に、蜘蛛の巣状に絡んでいたリンクの糸の塊が、あたかも綾取り名人になったかのように、アーティスティックに解かれてしまう。パソコンやスマホのアプリにもある「Mind Node」は、是非オススメしたいアプリの一つだが、一度体験されてもよかろうと。

 最後に、諄いようだが、「著作権侵害」は想定外に「重罪」であることを認識しなければならない。また、スマホは高機能カメラを搭載しているが、勝手に他人の顔を撮った写真や、貴重な著作物や個人宅の写真などをSNS上にアップせぬことが肝要となる訳だ。

※1Bob Woodward(ボブ・ウッドワード)は、元ワシントンポストの辣腕記者。Carl Bernstein (カール・バーンスタイン)とのタッグで、ニクソン大統領時代に起きたウォーターゲートスキャンダルを暴き、ジャーナリストの鏡とされる人物

※21976年8月7日に日本で公開された映画。ボブ・ウッドワード役をロバート・レッドフォードが、カール・バーンスタイン役をダスティン・ホフマンが演じたドキュメンタリー映画の傑作

※3起業して現在まで30年間、「著作権侵害」の被害に遭ったのは、大なり小なりをカウントすれば、計6回となる。写真の無断使用が圧倒的に多いけれども、YouTubeの動画をダウンロードして、別アカウントのYouTubeに搭載した悪質なもの(熊本県菊池市の某団体)もあった


▼50キロ先にある阿蘇中岳の噴煙を撮影したもの
aso



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/2 12:00 am

罪を憎んで人を憎まずと、思えるか!?

josui-3


 昔から、「罪を憎んで人を憎まず」という故事がある。読んで字の如くであるが、これを我が身を被害者として置き換えると、容易に受け止めることができるのか、大変難しい問題である。

 これが殺人罪であればどうだろうか。即座に「否」である。殆どの被害者の遺族は、「極刑に処すべきだ!」と考えるであろう。筆者も当然に同様の言葉を発するに違いない。瞬時に、ハンムラビ法典を思い起こす訳だ。

 しかし、罪にはいろんなものがある中で、最近、巷で報道を騒がしているのが、パワハラ、セクハラ、著作権侵害、名誉毀損、詐欺、横領、窃盗、恐喝、強盗、殺人(未遂を含む)、誘拐、業務妨害、債務不履行、選挙違反、交通違反など。

 特に、会社や官公庁でも絶えないのが、パワハラやセクハラ。筆者も多くの被害者から相談を受け、全てクリアした。結局、被害者が訴えると、周囲は被害者の心中を理解せずして、心なくも隠蔽に走るところが多い。

 理由は、会社や官公庁の体裁を重んじたり、悪質な先輩たちの隠蔽工作であったり。更に悪いことに、被害者が訴えた時点で、被害者を犯人扱いするという逆転劇が平気で繰り広げられる。「事実の摺り替え工作」である。

 結局、多くの被害者は泣き寝入りするか、刑事告訴に動けば揚げ足を取られ、最終的には辞職に追いやられることもしばしば。とんでもない裏工作が常態化しており、都合の悪い輩が群をなして、孤独な被害者を潰してしまう。

 学校内の虐めについても、常に教育委員会や学校長が、馬鹿げた言い訳を記者会見でダメ出しする。知らぬ存ぜぬと事実を認めないシーンばかりが報道される。毎回、毎回、愚行を繰り返す教育者たち。恥ずべき行為である。

 会社内のパワハラ、セクハラや学校内の虐めの被害者やその家族の立場を考えると、冒頭のように「罪を憎んで人を憎まず」と言えるだろうか。これもまた、「否」である。人の心の痛みを無視して、単なる謝罪で終わっては洒落にならない。謝れば事が済むならば、法も警察も不要となる。

 次は、著作権侵害について語りたいと思う。著作権法は近頃非常に厳しくなっている訳だが、法の無知なる人たちは、「写真1枚の事だろ!?」とか「ビデオをダビングして個人でアップしたのだから関係ない!」と、豪語する。

 いやいや、著作権法を読み解けば、大変罪が重く、罰金も腰を抜かすほどに高額である。それも、刑事、民事双方で法的措置が講じられると、想定外に「著作権侵害」が如何に怖いものかが理解できるというもの。だから、後々逃げ回っても、お縄になる。

 債務不履行についても同じこと。契約を破るのは、人として許されるべきものではなく、ルール違反者には「違約金請求」や「損害賠償請求」などの制裁が待っている。しかしながら、田舎に至っては、契約を破る方が強気の姿勢に出たり、開き直って、迷走することがある。

 所謂、難癖を言い放ち、己を正当化するために、いろんな手法を使い、結局は債務から逃げるための浅知恵を働かすのである。しかし、初手からルール違反をしているのだから、難癖つける権限も根拠もない。「ちゃんと支払ってから、クレームつけよ!」となる。

 ここ数年を振り返ると、目まぐるしい世の中だったように思えて仕方ないが、この短期間に、偽計業務妨害やら名誉毀損やら債務不履行やらで、思いの外、信頼していた人物から裏切りを受けたのだった。されど、彼らは自分が悪いとは思ってもいない。

 そんな心ない輩に宿っているのは、「虚栄心」、「猜疑心」、「利己主義」、「責任転嫁」、「俗欲」、「金銭欲」、「独占欲」、「虚言癖」など。原因は己にあるが、理解に苦しむほどの難癖にて、原因を相手に覆い被せ、虚言を発して、弁護士に対しても嘘をのうのうと言い張る。始末に悪い。

 以上のように、ランダムに現社会に発生する事件や事故による犯罪を考えると、正直なところ、人生を真っ直ぐ進み、このような輩との遭遇や接点もなく、犯罪に巻き込まれないことを願うばかり。よって、日頃から、人間観察を十二分に行い、接点を持つべきか否か、慎重に判断することが肝要となる。

 最後に、犯罪に巻き込まれて被害者になった時に、現在のところ、「罪を憎んで人を憎まず」と言えるのかどうか判断しかねる。何故なら、犯人が被害者に対して憎しみを持ち罪を犯しているのであれば、そんな悠長なことを言ってられないからだ。



bambooicon



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp