ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 古代蓮

鹿央物産館を訪ねる・・・

800_2086



 久しぶりに「鹿央物産館」(熊本県山鹿市鹿央町)へ足を運んだ。同館周辺は、山桜、藤、紫陽花、古代蓮などで人気のスポットであるが、特筆すべきは、同館の物産のリーズナブルさである。

 本日目を引いたのは「金色羅皇」という黄色いスイカ。お値段は3500円と結構なお値段だが、同地鹿央産、自慢の高級スイカとして、マネージャーが自信満々に紹介してくれた。

 その他にも、鹿央産のスイカ、メロン、ミニトマト、イチゴ、玉ネギ、ダイコンなどリーズナブルなお値段で販売されている。気づかぬ内に、買い物かごが片手で持てなくなってしまう。

 カントリーサイドにある物産館なので、今のコロナ禍の時代、当然の如く「三密」は皆無であり、最近、SNSの情報発信に力を入れると、同地へ足を運ぶ若者たちも増えてきたと言う。

 残念ながら、水辺プラザ(山鹿市鹿本町)のように近くに小川がないが、近場には熊本県立装飾古墳館もあり、古墳時代探索を楽しめるスポットとしても、是非、オススメしたい。

800_2083


800_2088


800_2089


800_2090


800_2091


800_2094


800_2095


800_2099


800_2101


800_2102


800_2104


800_2105


800_2106



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
1)鹿央物産館公式Facebookページ
  https://www.facebook.com/kao.bussan/Link
2)鹿央物産館関連記事
  https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink

文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/1 12:00 am

次の日も、八景水谷公園へ。

D85_8167


 八景水谷公園の古代蓮のところには、6人ほどのカメラマンが屯していた。狙いは、古代蓮に来るカワセミのようだ。

 昨日は90mmのマクロレンズ、本日は600mmの超望遠レンズを持参。しかし、「準備万端なれば鳥逃げる」がジンクスとなっており、案の定、重いレンズをぶら下げている割には、目の前に、これという被写体は現れなかった。(想定内)

 湧水池の淵を舐めるように歩き、白鷺を探す。これまた残念ながら、擁壁工事のために、立ち入り禁地区域の向こう側に白鷺の姿を発見。対岸にいるので、体半分しか見えず、撮影困難となる。

 古代蓮の花々は、昨日の方がバランス良く、咲く姿が美しかった。これもまた、残念至極。ただ、帰り際に、松の木に留まる雀が居たので、レンズを向け、パシャパシャとシャッターを切って、本日の取材を終えた。

 蛇足ながら、熊本地震や豪雨のために擁壁が崩れ、その工事が続けられているようだが、全て分厚いコンクリート壁になりつつある。よって、折角の八景水谷の自然の美が、完全に壊れしまいそうな勢い・・・。


D85_8150


D85_8164


D85_8250


D85_8210


D85_8215


D85_8239



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/7/17 11:30 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp