ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 剣道

おめでたい人、そして、嬉しい人。

josui-3


 取材ランチの食事処として、足繁く通っている熊本ホテルキャッスル。昨日、長年お付き合いしている岩本憲治氏が、目出たく、永年勤続30年だと言う。学生時代は剣道で鍛え上げられ、立ち姿が素敵な、ホテリエが天職のような人物であり、同僚からの信任はすこぶる厚い。

 同ホテルに新聞社時代から通い詰めて40年になるが、10年経った頃に、同ホテルに新卒として入社したのが同氏となる。それから30年の歳月が流れ、今では食堂部長に昇格し、料飲の要として、同ホテル現場の柱として、若手スタッフが羨望の眼差しで敬愛する、将来の鍵を握る幹部となった。

 初の出会いは、同氏がパルコ(現 ダイニングキッチン九曜杏)のスタッフとして配属になった頃。それから他部署へ異動があり、現在に至っている。誰が吹聴したのか知らないが、気難しい人物としてのイメージが根付いている筆者なので、日々苦労を掛けたに違いない。

 しかし、同氏は常に「自然体」であり、剣道で例えれば、静かに「正眼」(剣先を相手の喉元に向ける)に構え、与えられた仕事は責任をもって完遂するタイプの人間である。時には冗談も飛ばすが、筋金入りの人物として、30年間の長きに亘り接してきた、なかなかの好青年である。

 同ホテルの常連客の中で、最も危険な難癖人間としてのイメージが染み付いているが、同氏のように、「自然体」の人から見れば、普通の優しいオジサンに見えるのではなかろうか。苦笑いものだが、ただ、洞察力だけは鋭いと自負しているので、その点が「気難しい」に繋がっているのかも知れない。

 先般、二十代半ばの女性スタッフに「若いのに、最近落ち着きが出て、仕事が捌けますね!?」と聞くと、「ありがとうございます。岩本部長がこのレストランのマネージャーの時に、厳しく指導をして頂いたので!」と、にこやかに答えてくれた。素晴らしいの、一言。

 今の時代、「厳しい指導を受けて今の自分がある」と豪語できる女性スタッフを見たことがなかったが、一瞬、鳥肌が立つほど嬉しかった。確かに、多くの同僚からの信任が厚いと分かっていても、リアルな「敬愛の念」の存在に、「正眼の構え」の威力を再認識したのである。

 幹部となると、鼻高々と、能力の無さをひた隠し、虚栄に満ちた人生を送る稚拙なる人間も多い。それが雇われの身であれば、僅か数年の命にて、その虚栄も消滅する。幹部とは、常に「自然体」にて重責を果たし、部下の立場を考え気配りできるのが、必要不可欠な条件となる。

 おめでたい人、そして、嬉しい人。周囲にそのような人たちが多く集まれば、きっと、何事も好循環に動き出すのではなかろうか・・・。


▼岩本憲治氏(熊本ホテルキャッスル 食堂部長)
2021-10-19-00


2021-10-19-000


▼天ざると柿のムース(ダイニングキッチン九曜杏)
2021-10-19-01


2021-10-19-02



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp