ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人間学

「連想」、「連動」の重要性とは!?・・・「加藤清正についてのレクチャー」で、伝えたかったこと。

pen


<加藤清正についてのレクチャー後記>

 本日の「加藤清正についてのレクチャー」は、物事の学び方、考え方と進め方の流れを、ざっくりお教えすることであった。結論から言えば、「連想」、「連動」により、頭の中で容易にシミュレートできれば、仕事の効率が数段高まるということになる。

 つまり、「築城の天才」と言われる「加藤清正」。視点を変えれば、「治水事業の三神」の一人としての「加藤清正」の姿が浮上してくる。

 ここで「治水事業」に視点を向ければ、先輩格である「武田信玄」を挙げることができる。「加藤清正」よりも51年前に生まれた武将。「辻ヶ花」を胴着の下に着ていたとされ、とてもお洒落で学問好きのインテリ武将としてのイメージが強い。因みに、当時の「辻ヶ花」と言えば、今のジョルジオ・アルマーニのような高級お洒落着である。

 そこで「武田信玄」の「治水事業」に目を向けると、甲府盆地の大掛かり且つ緻密な「治水事業」で知られ、日本国内「治水事業の三神」の一人として名高い。「武田信玄」の「治水事業」の具体例としては、簡単に、「将棋頭」、「十六石」、「信玄堤」などの流体力学をフルに応用したもので、現存し役割を果たしている。

 「武田信玄」は「治水事業」のノウハウを、当時の禅僧より教えを受けている。二千数百年ほど前に、中国大陸の四川省成都盆地では、利冰とその息子が成した「治水事業」が有名な話。その史実とノウハウを、禅僧が信玄に伝えたとされる。

 よって、「加藤清正」は、「武田信玄」の「治水事業」を参考に、更に、「加藤清正」オリジナルのアイデアを駆使して、偉大なる「治水事業」を成し遂げた。例えば、肥後国の石高は54万石が通例だが、実は、細川家に受け継がれ、最盛期は90万石を超えていた。これは、「加藤清正」の「治水事業」の賜物である。

 何故、90万石以上の石高を54万石と下方修正したのか、非常に謎めいているが、江戸の老中あたりへの「袖の下」などが存在し、上手い具合に調整したのではないかと、物の本に書かれていたような記憶がある。

 ここで、再び、視点を変えてみる。

 以上記述した内容から、また新たにキーワードを探ってみる。「加藤清正像」についてイメージすると、熊本市内の本妙寺「加藤清正立像(三本槍)」、そして、市民会館傍の「加藤清正坐像」が頭に浮かぶ。関東にも「加藤清正」に関連するパワースポットがあるが、熊本市内の八景水谷公園にも「加藤清正立像」が存在し、同園の「湧水」は、熊本市上水道第1号になった。

 ここで、「湧水」というキーワードに切り替えると、熊本市は、世界の人口50万人以上の都市において、唯一、地下水だけで生活を営むほど、潤沢に水がある。それは、雨水が阿蘇カルデラから染み込んで、100年以上も掛けて熊本市へ地下水として流れてくるもの。それを「伏流水」と呼ぶ。

 「阿蘇」と言えば、世界最大級のカルデラ火山。9万年前の大噴火は九州全体に影響を及ぼすほどのもの。実際、カルデラ湖ができる前の阿蘇山の高さをシミュレートすると、10000メートルを超えるほどのどデカい火山であり、現在の富士山の3倍ほどの背丈になる。

 「火砕流」を起こした阿蘇山。その昔の「火砕流跡」が、熊本市内でもあちこちで確認できる。例えば、熊本城は茶臼山の地形を利用した要塞として知られるが、実は、「火砕流」が堆積した上に、今の熊本城の城郭が建てられている。その「火砕流堆積物」の厚さは40メートルほど。よって、熊本城に数ある「古井戸」の深さは、それぞれ40メートル以上の深さのようだ。

<自然落下の法則と古井戸の深さ>

▼h=gt2乗/2 自然落下の方程式へ当てはめてみた。
(hは井戸の深さ、gは重力9.8m/s2、tは秒数)

 小石を井戸の上から底へ落として、底に落ちた秒数を測れば、3秒ほどとのこと。そこで、上の方程式に当てはめてみることに。

 h(深さ)=9.8×3×3÷2=44.1mとなり、予想通りの深さが実証できた。

<全天球型シミュレーション>

 以上のように、次から次へと全天球型シミュレーションを行うと、書籍の読み方もそうだが、情報とは、一方通行のピンポイント学習のみならず、縦横斜前後と、あらゆる角度(全天球)にて検証を行いながら学ぶ。それが、有能なる人間となるための、面白学習法の一つと言える。

 仕事も同じこと。眼前の業務をシミュレートして、如何に最短最速にて捌くかが重要な問題であり、日頃からその訓練、そして実践している人は、切れ味の良い「プロの仕事人」として躍動していることになる。

▼「西田親生のICTプロ並みZOOMセミナー」などのお問い合わせは、以下のFacebookからお気軽にメッセージをお送り下さい。セミナー内容は、ICTのみならず、「Humanware」を中心に、実践的なものを盛り込んでいます。
https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink

dandl-2022-6-18-01


dandl-2022-6-18-02


ict-20220620


ChikaoNishida-seminar


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2022/7/27 12:00 am

人として最高に非礼な行為とは・・・

josui-3


 社会人として最高に非礼な行為とは何だろうかと考えてみた。

 時折、マスコミ各社(新聞社・テレビ局)の記者へ連絡を取り、情報交換を行っているが、その中でも、A氏とB氏は、必ず超特急でコールバックしてくれる。また、他県の新聞社C氏は、どんなに忙しい時でも、メールの返事が舞い込む。

 それは当然と言えば大変失礼になるが、彼らは社会人として、人として、彼らの高レベルのスタンダードにて、当然の事を行っているに違いない。更には、ジャーナリズムの精神が宿っているからこそ、民度高き動きができるのである。

 しかし、ローカルな熊本の企業関係者を見ていると、メールを送付しても、電話を掛けても音信不通の人が結構多い。以前のテレビ番組で、関東圏の老舗料亭の女将が「電子メールと雖も、手紙は手紙。それを無視して返事も書けないようでは人間失格!」と言っていた。御意!である。

 最近の事だが、実は急用があって電話したのだった。しかし、その中の二人はコールバックがない。一人は、簡単なメールが返ってきたが、メールで「何かございましたか?」と、社会人としてはマナー違反で非礼な質問メールであった。そのような人物ほど、部下が同様のことをすれば、果てしなく激昂する。

 正直、子供染みており、社会人として、人としてのマナーもモラルも何もない。それで仕事を遣っているつもりであれば、その企業モラルもイメージも、危機管理、顧客管理も杜撰なものに感じざるを得なくなってしまう。それは、邪念があるからこその愚行に過ぎない。

 冒頭に登場したマスコミのA氏、B氏、C氏とは雲泥の差となる。特に、サービス業に従事している人間であれば尚更のこと。電話に出ない、メールに対するしっかりとした返事も書けないでは、一端のビジネスマンとは言えなくなる。実に情けないことではあるまいか。

 30年も会社の代表者をしていると、目を瞑っていても、一人一人の挙動、言動にて、その人の性格なり、癖なり、心中なりが、透け透けに見えてくる。その人物がどのようにこちらを見ているのかの明瞭なコントラストが、テレパシーとして伝わってくるのである。

 しかし、姑息な人物、ずる賢い人物、卑怯な人物は、自分の醜態に自覚なくして、音信不通を繰り返して行く事になる。「日々変化、日々進化。」もなく、ただ、人を天秤に掛けたり、損得勘定を最優先したりで、懐疑心の底無し沼に沈んで行く。

 人様のことはどうでも良いけれども、周囲の人物との距離感を、世間知らずの人間は、歪み切った尺度にて人を判断し、そして失敗を繰り返すのである。よって、折角のチャンスを逸することが多く、気付けば孤立の道を辿ることになる。そして、パワハラ行為へと。

 畢竟、一端の社会人となるには、基本の基本である「礼節を弁える!」を念頭に日々努力しなければダメ人間になるばかり。超特急のコールバック、そしてメール返信。これを怠るのであれば、職位を捨てて、平社員で日々勤しんだ方が気楽ではなかろうか。

 敬愛の念無くして、良き人生になるはずもないが、まあ、どんなに助言を呈したとしても、感謝の念もなければ、「要らぬお世話」と陰口を叩かれるに違いない。根っから人を信用できない性格は、実に、寂しい限りの人生ではなかろうかと思うばかり・・・。

 最後に一言。「早く、気づきなさい!」・・・

▼写真はイメージ
castle-coffee



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/25 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp