ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 予想

Forecastができない人たち・・・

※記事と写真は関係ありません
▼ヒョウモンチョウ

SAKIYOMI-001



 Forecast(予測、予想)ができぬ人は、何らかのトラブルの元凶となり、周囲に迷惑を掛けてしまうことがある。

 数日前に、アフガニスタンの祝砲の報道で、機関銃のトリガーを引き、無数の銃弾を空に向けて撃つ人たちの姿を見た瞬間に、「あんなに密の状態で撃ってたら、必ず死者が出るよ!」とスタッフに言ったら、案の定、今日のニュースでは70人以上の死傷者が出たと報じている。

 これこそ、Forecastができない人たちの稚拙な行動の典型的なものとして、苦笑してはならないが、理解に苦しむばかりであった。Forecastができない人とは、後先考えずに、行き当たりばったりの所業を日常としている人のことを言うが、我々の周囲も頻繁に出没している。

 以下に例を挙げて、Forecastができない人の失態のメカニズムを解明してみようかと。

1)冠水した公道を突っ走る車
 豪雨にも関わらず、冠水状態で普段通りのスピードで走る車の運転をする人。水が溜まっていれば、車のタイヤが水を跳ねて、歩行者に大量の泥水を掛けることになるといったForecastができない人の日常的な迷惑行為である。

2)塩っぱい料理
 舌馬鹿なのか、酒飲みなのか、体調が悪いのか、時折、塩っぱい料理をサーブされることがあるが、これもForecastができない実例だ。塩の量を少なめにしておけば、お客は岩塩を加え、好みの味に仕上げることができるが、塩が濃すぎると薄めるのは不可となる。

3)電子レンジで温めすぎた器
 電子レンジでスープを温める時に、器が熱くなるというForecastができていないと、素手で器に触れて、火傷する。また、アルミホイルで芋を包み、電子レンジの「レンジでチン♪」を選び、バチバチと火花が散っている。それも、Forecastができない人の失態である。

4)虚言の先を読めない愚行
 お客のクレームに対して、目の前の事だけでいっぱいいっぱいとなり、虚言で済ませる人がいる。この無責任なる虚言が、後からバレバレとなり、小さなトラブルだったはずが、結局、会社の代表者までが謝罪文を書くことになり、周囲の皆が嫌な思いをする。

5)ノーマスクで喋りまくる
 コロナ禍の時代、ウィズマスクでの食事はニューノーマルとして、ルールとなっている。ノーマスクでワイワイと話しまくり、大声で笑う人もいる。これも、エアゾルとなり周囲の人たちに迷惑を掛ける(感染させる)ことになるが、そのForecastさえできないケース。

6)ロングスカートで自転車
 ロングスカートやパンタロンのような服を来て、自転車でスイスイと走り去って行く。しかし、急に倒れ込む自転車。スカートやパンタロンが車輪に巻き込まれ、布は破れ、油で汚れてしまっている。これもまた、Forecastができない人の失態である。

7)ガソリンスタンドで咥えタバコ
 ガソリンスタンドで給油中する時に、咥えタバコのままの人。一瞬にして、給油口から出てくる揮発性の高いガソリンに引火して、車が燃えてしまった。爆発まではしなかったが、熊本市内の某ガソリンスタンドで実際に起こった事件である。

8)SNSの行動履歴で赤恥
 公職に就いている人物が、足を怪我したとか、ワクチン接種したとか、個人的にどうでも良いことを、写真付きで呟いている。また、某会社トップが、キャバクラなどで多くの女性に囲まれピース。後々、赤恥をかくことになるが、これもまた、Forecastができないケース。

9)人工着色料入りのニッケ水を飲む童(わらべ)
 健康被害を心配する両親や祖父母。遊びから帰ってきた子供に「ニッケ水を飲んだでしょ!?」と聞かれ、首を横に振る。そこで祖母が「舌を出してみなさい!」と言われ、イヤイヤながら舌を出すと、緑色に染まっている。これも、Forecastができないケース。

10)「あの旅館の料理は美味かった!」と自慢げに言う旦那
 テレビを見ている旦那と嫁。旦那が「コロナ禍でも終われば、あの旅館に行こうかね!あの旅館の料理は美味かった!」と自慢げに。間、髪を居れず、嫁曰く「あのお、私、その旅館に行ったことないんだけど!」と怒り心頭。完全に、脳内でForecastができないケース。

 結局、何か言ったり、行ったりした結果が、どのようになるのかのシミュレーションができない人が、上記のような失態を繰り返しているのである。所謂、原因と結果のプロセスも何もかも、頭にない状態である。だから、周囲の人たちへの配慮もなければ、泥水が物理的にどう跳ねるのか、ガソリンに引火したらどうなるのか、一般人が公職の人のプライベートを何故苦笑するのか、危機管理が無いどころか、原因と結果も見えていないことになる。だから、全てにダメダメForecastと看做される訳だ。

 また、何も変化はないが、楽しいこともシミュレートできない、被害妄想の人もいる。過敏すぎるForecastによって、自分自身を雁字搦め(がんじがらめ)にしてしまい、コンクリートで固められた人生を歩む人である。それは、他に迷惑をかけないのであれば、その人の人生観なので、何も問題はない。

 今回のテーマである「Forecast」。一端の社会人であれば、せめて先読みができる人間であるべきであり、その「Forecast」のスキルによって、人生が変わってくることになる。因みに、プロ棋士たちの「Forecast」」は百数十手を先読みすると言われ、そこまでくると「神業」となる。

 最後に、今回の自民党の総裁選については、国民第一主義の「Forecast」で動いて欲しいものである。先読みを間違えれば、国全体が疲弊し、後戻りができなくなる可能性もあるのだから・・・。

SAKIYOMI-002


SAKIYOMI-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/6 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp