ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » パリピ

有頂天で墓穴を掘る・・・

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 人生、目を瞑っていたも物事が上手く行くことがある。所謂、「イケイケどんどん」の時期である。しかし、「盛者必衰」という言葉があるように、勢いが盛んな者も必ず衰え滅びるということを伝えている。よって、「イケイケどんどん」の時こそ、慎重に自分自身の挙動を客観視する必要がある。

 これは、筆者自身の苦い経験も含めての話だが、「イケイケどんどん」の時は、何故か、色んなところから、色んな人たちが湧いてくる。中でも、只酒只飯の人も居て、頻繁に足を運び入れてくれるのは良いが、自分の財布の紐は締めたまま、「ご馳走になりました!」と一銭も払わず去って行く。

 思い起こせば、人間ほど卑しい動物はいないと、今頃になって独りで頷いているのである。時には、二次会の呑み方で、途中トイレに行ったまま、その場の会費を払わず逃げ帰る常習者も居た。非礼極まりなく論外であるが、酒を呑めば、毎回同様の挙動に出るばかりで、反省の色など全くないのである。

 また、筆者は酒を呑まないので、一次会にて酒好きの人物に高額スコッチウィスキーをプレゼントした時のこと。二次会に付き合ったものの、その人物が飲み屋のママに「このボトルを持ち込んで僕のキープにしたいけど、お代は只にして!」と宣った。これには、開いた口が塞がらなかった。

 少々脱線してしまったが、「イケイケどんどん」の人たちは、特に40代までの人たちは経験が浅く、怖いもの知らずで、己の醜態も見えない。場を弁えず無礼な言葉を発したり、挙動に出たりすることが多かったように思えてならない。性格にもよるが、大抵、ピノキオの鼻のようになっていた。

 50代ともなれば、一般的な経営者は世間がよく見えるようになり、「あの頃は、若気の至りで!」と苦笑いをしながら、昔を懐かしみながら語ることが多い。勿論、「イケイケどんどん」となることは大変良いことではあるが、全ては周囲の方々の協力や支援により「イケイケどんどん」となった訳だ。

 情けないことに、人格欠損で「パリピ」に属する人は、「イケイケどんどん」となった瞬間に、今までの感謝の念もなく、横着な振る舞いをする人が多いことに驚いてしまう。よって、その「イケイケどんどん」は長続きをすることもなく、途中からベクトルが歪みに歪み、「盛者必衰」へと突っ走る。

 そのような人は、日頃から、先輩や知人友人からのアドバイスなど、全く聴く耳も持たず、サジェッションに対しても「要らぬ世話!」と言い切り、世の中を舐めたような人生を渡り歩くのである。これに「ノミ・ウツ・カウ」が加わると人生は絶不調となり、数年後は姿さえ見ることも無くなってしまう。


▼海外の写真愛好家グループにて1位となった作品
500_9825


▼海外の写真愛好家グループにて2位となった作品
NO-2-0001


NO-2-0002


NO-2-0003


▼海外の写真愛好家グループにて3位となった作品
NO-2-0004


NO-2-0005



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp