ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » すみや亀峰菴

すみや亀峰菴のリノベーション情報・・・

▼ロビー&ギャラリー百代

sumiya-001


 京都亀岡の老舗旅館「すみや亀峰菴」(株式会社すみや亀峰菴 代表取締役 山田智さん)情報を入手した。それは、コロナ禍における同館の大規模リノベーション「現代アートと伝統の技が織りなす稀有な空間」という、大胆且つ意表を突く老舗旅館の秘策である。

 第1期工事では、200平米のロビー&ギャラリーが完成し、4月26日からリニューアルオープンしている。また、第2期工事では、現代アートが体感できる140平米の特別宿泊室が、来年春頃には完成予定。

 今回の、大規模リノベーションでは、現代美術家 柳幸典氏とのコラボによるもの。その特徴は、同氏が京丹波に在住する日本屈指の職人たちとともに、「現代アートと伝統の技が織りなす稀有な空間」の創造にある。

 同館へは、過去において数回足を運び入れた事があるが、一言で印象を語れば、和の文化と伝統を受け継ぐお洒落な宿。各施設も拡充しており、お客への心遣いが徹底され、すこぶる心地よい宿として記憶に刻まれている。

 現在、世界的なコロナ禍により、全国各地の観光施設など、特に老舗が次々に廃業を強いられている中、同館の意表を突く戦略は、国内の宿にも大きな影響、元気を与え、何らかのヒントになりはしないかと考える次第。

▼同館プレスリリースより抜粋

 同館のロビーのリニューアルは長年の課題であった。過去において、2007年に京都のおくどさんのある台所「走りもと」を再現したダイニング、松のなぐりの床や唐紙を施した露天風呂付客室(5室)、竹木舞の茶室など、日本の匠の技を取り入れ改装を行っている。

 今回は、次なる一手として、世界的に活躍する現代美術家 柳幸典氏にロビー&ギャラリーを託し、旅館業への固定観念に縛られず、常に新しさや意外性を取り込み、旅館の在り方や価値とは何かを、とことん追求して参りたい。

 旅館と現代アートがコラボすることで、過去・現在・未来と伝統の魅せ場を演出し、これまでのお客様は勿論のこと、様々な方々に新しいコンセプトの旅館を楽しんで頂くべく「主客ともに楽しむ」旅館を目指したい。

 https://www.sumiya.ne.jp/blog/14926.htmlLink

<すみや亀峰菴>

 1955年京都府亀岡市に「湯の花温泉」の看板を掲げ、旅館を創業。ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、松田優作なども宿泊している宿。尚、山田家の先祖は、約600年前から同地に住んでおり、本能寺の変後に明智光秀は同地に足を運び入れている。

▼現代アートと日本の伝統とを織りなした、過去・現在・未来と続く空間。
sumiya-002


sumiya-003


sumiya-004


sumiya-005



▼すみや亀峰菴(株式会社すみや亀峰菴)1955年10月創業
〒621-0036 京都府亀岡市稗田野町柿花宮ノ奥25番地


アクセス:京都駅からJR嵯峨野線 亀岡駅下車 車で15分程度

客  室:客室数:28 室(特別宿泊室完成後は 26室)
電  話:0771-22-7722

公式サイト:https://www.sumiya.ne.jp/Link

◎本日の記事PDFファイルダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/club/sumiya-kihoan.pdfLink
sumiya-kihoan



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp