ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

凄いアプリに遭遇・・・

dandllogo


 仕事柄、業務の殆どはノートパソコン(MacBook ProやMacBook Airなど)を使用しているが、iPhoneのアプリを調べていると、「Reface」という、とんでもないアプリに遭遇したのだった。簡単に説明すると、自分の顔写真をサンプル動画や静止画の主人公に、簡単にスワップできるという優れもの。

 例えば、下に祭りの写真があるが、手前二人の顔を選ぶと、それが、サンプルのミュージシャンが歌ったり、語ったりする動き、音声とシンクロすることで、あたかも、子供二人がデュエットしているように、頭も、目も、眉も、口も、全てリアルに連動し動き、静止画が動画になってしまう。

 また、有名な映画サンプル動画の主人公や脇役に、自分自身の顔写真や友人の顔写真を貼ることで、映画の主人公と入れ替わってしまうのである。サンプルには、ローマの休日などの名作からギャグ満載の動画まで数多く準備されている。よって、会員さんの顔写真を借りて、実験を試みることにした。

 驚いたのは、グレース美香さんの顔写真を使用すると、名画の中に登場する美香さんが溶け込んでおり、全く違和感のない表情、動きが再現される。しかし、日本人の典型的な顔では、やや目が寄って貼り付けられたり、目がつったり、やけに目が小さくなったりと、違和感がないとは言えない。

 よって、サンプル動画の主人公の顔の輪郭や髪型などが、貼り付ける方の顔写真と似通ったものを使用した方が、上のような違和感は無くなるのではなかろうかと。面白かったのは、悪代官のような悪役を、映画の悪役に貼り付けると、全く違和感なく、オリジナル映画のようになってしまう。

 顔をスワップする「Reface」。ここで把握しておかねばならないことは、この手のアプリは、最近「サブスクリプション」(※一定期間利用することができる権利に対して利用料金を請求するビジネスモデル)である場合が多いので、各アプリの解説文をしっかりと読んで、登録、使用する事をお勧めする。

 しかし、この「Reface」は、想定外に大したアプリである。お陰様で、2日間仕事を忘れるほどに、その機能の素晴らしさに魅せられてしまった。最後に、静止画の写真や動画についての「著作権」については、厳重取扱が必要となる。よって、個人で遊ぶ程度の範疇にて利用するのが無難であろうかと・・・。


▼昭和34年(1959)頃の温泉祭(熊本県山鹿市)
onsensai-1969


▼ジャズボーカリストのグレース美香さん
mika-001


mika-002


▼スーパーマンにすると凄く似合うギャルソン
shikimi-001


▼アップルストアの「Reface」のスクリーンショット
reface



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/12 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp