ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

天ざる蕎麦を頂きながら・・・

TENZARU


 ここ数日、色んなことが身の回りに起きた。たわいもない事から、とんでもない著作権侵害の被害など・・・。

 たわいもない事は、三十代の男性との会話だった。「無知」を知らぬ、ボキャブラリーの少ない人物の言葉である。あるお客に対して、その印象を問われると、「ちょっと物知りなおじさんと思っていました!」と平然と言う。

 自分の親ほどの人に対して、「ちょっとした物知り」と揶揄を含んだ言葉に腰を抜かしたのである。身の程知らずと言うか、自信過剰と言うか、ぼーっと突っ立って、ニヤニヤしながらその言葉を吐くのである。天然なのか、異常なのか!?

 周囲にいた同僚は、耳を疑うような低劣な言葉に、固まってしまった。隣にいた同僚が「その方は○○○○○○○○なんだよ!」と諭し、揶揄された人を庇ったが、「だったら、10年ほど言われるかも知れませんね!」と、またニヤニヤ。

 思考回路が壊れているのか、地力もない自分を過信しているのか、何とも表現しようのない、お馬鹿さんであることがよく分かった。この人物が、会社でパソコンなどでは一番詳しく、ネット事業を任されていたと言うから笑うしかない。

 こんなにコミュニケーション障害を持つ人間を、SNS担当にして、公然と会社の顔に泥を塗ることさえ分かっていないのだろうと。余りにも不可解だったので、その後、別の同僚に話を聞くと、予想通り、過去に色々問題があったらしい。

 また、昨日はこの3年間で4回目の著作権侵害を受けた。更に、筆者が書き綴った文章を、スペイン語に翻訳して、盗作本としてアマゾンで販売していたのである。それも、2019年より販売していたらしく、またまた腰を抜かしてしまった。

 著者は、勿論、筆者であるが、その盗作本には、別の人物の名前が書かれていた。とんでもない話である。スペイン語版で出版すれば気付かれずに済むだろうと思ったのかどうか知らないが、事前伺いも何もなかったので、呆れ返るばかりであった。

 著作権法が1月に改定され、思いの外、厳しくなっている。「法の無知」は、本当に怖いものである。ところが、最近では、著作権侵害を犯した加害者が、証拠隠滅に走り、逃げ回る中で、加害者と被害者をすり替えるパターンも多々ある。

 始末に負えないのは、著作権侵害を犯した者が追い詰められそうになり、警察に相談に行く者もいると言うが、本末転倒な話である。きっと、警察側が首を傾げ、「著作権を侵害したのはお宅でしょ!?」と釘を刺されたに違いない。

 何はともあれ、自分の行いが違法行為だったのなら、故意であろうが過失であろうが、誠意をもって謝罪しなければならない。猛省し、二度と誤りを起こさぬ決意を伝え、被害者が納得して頂くまで対応するのが賢明な大人と言える。


▼前川水源近くのコスモス
COSOMOS-01


COSOMOS-02


COSOMOS-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp