ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ホテリエの機関車・・・岩本憲治

▼岩本憲治氏(熊本ホテルキャッスル 食堂部長)

iwamoto-01


 この春に、熊本ホテルキャッスル人事異動により、食堂部長に就任した岩本憲治氏(48歳)。一言で、若手社員を牽引する機関車のような人物である。礼節を弁え、言ったこと、言われたことをとことん実行する、有言実行型の信頼できる人物として、二十数年間、大変お世話になっている。(筆者が初めて同ホテルへ行った時、同氏は8歳だったことになる)

 幼少期に剣道で鍛えられた為か、ホテリエとしての立ち姿、歩く姿の「線」が美しい。スレンダーだが、可成りの高馬力。時にはジョークを織り交ぜたトークに、若いスタッフが含み笑いするほど。周囲の信任も厚く、ホテルを牽引するヒューマンウェアとして重要な存在となっている。

 同氏が「若い頃でしたが、何度も厳しく叱られたことを良く覚えています。」と語った。正直、記憶は薄らと消え掛かっていたが、確かに、厳しく言及した覚えはある。ただ、同氏はしっかりと筋を通す人間であり、小言で社員を叱責したり、嫌がらせをするような姑息な小物ではない。

 正々堂々と筋論を述べ、大局的に物事を見据え、与えられた業務を最善のパワーで、実績を積み重ねて来ている。よって、今回の人事異動にて、二階級特進したのだろうと推察する次第。コロナ禍による大変な時期だが、このような人物が居なければ、ホテル全体の統率が取れるはずがない。

 今の同ホテルはコロナ禍と雖も、実に明るい空気が充満している。その要因については、筆者なりに十二分に知り得ているけれども、何はともあれ、コロナ禍を耐え凌ぐためには、このような部長級以下のスタッフの存在とその満面の笑みが、好循環への鍵となることを知る必要がある。

 最後に・・・ホテルとは、ヒューマンウェア、ソフトウェア、ハードウェアの三位一体を確立してこそ、そのホテルの将来が安泰になると言っても過言ではない。


iwamoto-03


iwamoto-04


▼先般、九曜杏の工藤料理長がサーブした夏野菜キーマ風カレーライス
curry-0001


curry-0002



▼本日の記事PDFファイル(1)ダウンロード
https://www.dandl.co.jp/club/kenji-iwamoto.pdfLink
kenji-iwamoto


▼本日の記事PDFファイル(2)ダウンロード
https://www.dandl.co.jp/club/kenji-iwamoto-2.pdfLink
kenji-iwamoto-2




◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/4 12:00 am

自信がない人ほど他人を疑う!

josui-3


 一昨日の或るニュースに、「フェイクニュースを信じ易く拡散するのは、能力のない人である!」と記述があった。まさしく、その通りだと考える。ニュースの信憑性について、ウラを取ることもなく、単細胞にて鵜呑みをして、導火線に火が付いたように、慌てまくり拡散を続けるのである。

 同様に、己に自信がない人ほど他人を疑い、真偽の判別が付かぬ内に、一歩、二歩、バックステップしている。他人に対する評価も同じく、己の歪んだ尺度により判断し、社会的に立派な方をも見下し無視。好機を逸し、後の祭りとなる人をよく見掛ける。思考回路が単純過ぎるが故の結末である。

 上のニュースに書かれていた「能力のない人」は、本人は思いの外プライドだけは高く、野心も人並み以上にある。しかし、自分自身が赤恥をかいたり、筋の通らぬことを言っていることが分からぬのだから始末に悪い。よって、どんなにアドバイスしても、学習能力に欠け、同じ繰り返しとなる。

 「能力のない人」とダイレクトに言うのは、余り良い表現ではないので、ここでは、「脳みそを上手く使えない人」程度にしておこうかと。しかし、「脳みそを上手く使えない人」は、己を客観的に見ることができず、自分自身を「過信」、「過大評価」しているところが共通しているようだ。

 実に不可思議な傾向であるが、それが現実であり、今まで目の前を通り過ぎた「脳みそを上手く使えない人」たちは、皆同タイプの人間であった。自分に自信がないから、有名人だったり金持ちの氏名を挙げては、自分を大きく見せるために虚言を発する。全く意味のない挙動である。

 幼い子供たちは素直だが、このようなノイジーなおっさん、おばさんになれば、不治の病となり、死ぬまで赤恥の重ね塗りを繰り返す。畢竟、人様とのお付き合いは、「しっかりと信じてくれる人」との関わりを大切にしなければならぬと言うこと。無論、リップサービスなど糞食らえではあるが・・・。

 最後に、フェイクニュースに騙され拡散することがなきよう、周囲の子供たちに嘲笑されぬよう、大人として大恥をかかぬよう、もっと「脳みそを上手く使える人」になる努力を惜しんではならない。また、人生長い様で短いので、恥ずかしさの境界線を逸脱した自分を、一度潰してしまう必要がある。


thinkingtime



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp