ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

和食の伝道師 脇宮盛久・・・

wakimiya-meisho


 熊本で和食といえば、筆者が知る限りでは、最初に頭に浮かぶお方は、脇宮盛久氏(熊本ホテルキャッスル 細川 和食料理長)。同氏と出逢い、海外の友人家族が来日した時や祝い事など、時折、特別料理を依頼することがあるが、いつも気持ちよく引き受けてくれる。

 先般の記事でも紹介したように、僅かな予算しかなかったが、ランチタイムに同氏が提供してくれたのが写真下の「新緑会席」。大変忙しい中に、じっくりと時間を掛けて、こちらの食事の流れに合わせて、料理がサーブされる。一つ一つの料理を見ては、鳥肌が立つ。

 同席していた人間が、食事が始まって直ぐに発した言葉が「心伝わる素敵な料理を見て、感激して涙が出そうです!」と、何度も口走っていた。ランチタイムとなれば、大抵の場合、安かろう旨かろうで、残念なことだが、雑なやっつけ仕事を感じるようなことが多い。

 ところが、同氏の拘りは並大抵のものではなく、持ち前のスキルが料理に注入されており、料理自体が幸せな顔をしている。常に控えめな同氏の立ち姿に人柄を感じ、プロの職人としての気合いを感じながらも、その優しく繊細な料理に体が宙に浮かぶほど魅了される。

 料理を思う存分楽しませていただくには、プロの職人との日頃からのコミュニケーションは必須。よって、その料理に比類なき満足感を頂き、招待したお客の心を釘付けとし、その人柄が同氏のようであれば、熱狂的なファンが増えるのは当然のことだろうと・・・・。


▼名匠 脇宮盛久の「新緑会席」
newgreen



◎本日の記事PDFファイルダウンロード
 https://www.dandl.co.jp/club/wakimiya-3.pdfLink
wakimiya-3



◎過去の記事PDFファイルダウンロード(1)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1619190000Link
 https://www.dandl.co.jp/club/wakimiya-2.pdfLink
wakimiya-2



◎過去記事とPDFファイルダウンロード(2)
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1618585200Link
 https://www.dandl.co.jp/club/wakimiya.pdfLink
pdf-01



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp