ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 観光情報

八景水谷公園の古代蓮・・・

hakenomiya-lotus-01


 八景水谷公園の湧水池に古代蓮の花が咲く様になって、何年経つのだろうか。6月10日(木)、同地へ足を運んだら、花芽は元気そうで、ニョキニョキと上に伸びてきている。望遠300mmでも装着すれば、十分に古代蓮の立派な花々を撮影できるに違いない。

 本日は200mmだったので、手前の花のみの撮影となったが、中央部に咲くでっかい花を捉えられず、残念であった。古代蓮の花は、午前中早めに撮影すれば、大輪が開き、更に美しい被写体として撮影できるのだが、朝が苦手な筆者には罰ゲームとなる。

 また、翌日の11日(金)に、熊本県北部の山鹿市鹿央町の物産館横にある古代蓮の様子を見に行った。ここは例年遅めの開花なので、古代蓮の花の姿は見られなかった。今年は手入れがあまり出来ていないとの噂もあるので、どの程度開花するのかは定かではない。

 八景水谷公園の良さは、無料駐車場が広く、湧水池があるので、古代蓮以外に、大鷺やカワセミなどの野鳥の撮影が可能である点である。水の科学館もあり、子連れの憩いの場となっているので、同園をオススメする次第。ただ、日陰が少ないので、日傘を携帯されたし!


hakenomiya-lotus-02


hakenomiya-lotus-03


hakenomiya-lotus-04


hakenomiya-lotus-05


hakenomiya-lotus-06


hakenomiya-lotus-07



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/15 12:00 am

マリーゴールドとツマグロヒョウモンチョウ

D85_9324


 時折、気晴らしに足を運ぶ、半高山(熊本県玉名郡玉東町)。眺望が素晴らしく、空気が澄んでいる時は、阿蘇山中岳の噴煙も見える。展望台は、蜜柑畑に包まれた格好で、超ワイドレンズで撮影するには格好の場所。

 本日は、ナルシストの丘と呼ばれるところに立ち寄り、普賢岳と有明海を撮影する予定だった。しかし、逆光でもあり、霞がかかっていたので、そのまま引っ返し、途中の半高山へ場所を移動することにした。

 山頂にはマリーゴールドにツマグロヒョウモンチョウのオスとメスが戯れていた。ここの蝶は落ち着きがあるので、バタバタとあちこちへと飛び移らない。よって、超望遠レンズを使えば、余裕で撮影できる。

 ただ、今回は90mmマクロレンズであったので、抜き足差し足で近づき、息を殺して、そっとレンズを近づけ撮影する必要がある。されど、虫除けスプレーを全身に吹き付けているので、蝶からは嫌われているに違いない。

 一つ残念なのは、放置された蜜柑畑が沢山あり、収穫時期を過ぎても、ボタボタと地面に落ちてしまった蜜柑がゴロゴロと。多分、蜜柑農家の高齢化で、蜜柑山の手入れが出来ないでいるのかも知れない。・・・心配だ。


D85_9333


▼ツマグロヒョウモンチョウのメス
D85_9356


D85_9361


D85_9370


▼ツマグロヒョウモンチョウのオス
D85_9373


D85_9389



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp