ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ICT SEO SNS

日本語を軽視するネットニュース記事・・・

chikaonishida20220224


日本語を軽視するネットニュース記事・・・名のあるニュースサイトに誤字脱字が目立つ今日この頃・・・

 ICTを本業とし、ICT総論各論、観光及びグルメ情報、国内外で活躍する人たちのコラムを書き綴る毎日である。勿論、アナログ人間であるが故に、自分自身が書き綴った記事を読み返すと、時折、誤字脱字を相方が発見し、苦笑いすることがある。

 原因は、正確にキーボードを叩いているつもりが、つもりになっていない。主力マシンは、MacBook ProやMacBook Air。キーボードの反応が悪かったり、トラックパッドに指が触れてポインターが跳んだりすることも考えるが、不本意ながら、どれを取ってもケアレスミ・ステイクとしか言いようがない。

 可能な限り、一読、二読して誤字脱字や表現の不味いところを見つけては訂正するようにしている。時には、一度掲載した瞬間にハッと違和感に気づき、すぐさま訂正することもある。言うは易し行うは難しだが、出来うる限り、完璧一発アップロードを心掛けている。

 ところが、近頃は結構名のある公開ニュースサイト(iPhoneアプリなどを含む)を拝読していると、とんでもない誤字脱字があることに気づいてしまう。

 「ロシア軍」と書くべきを「ロシア語」となっていたり、「ですます調」と「である調」が混在したり、主語と述語が曖昧な表現であったり、そのニュースサイトのデスク(責任者)がしっかりと校正していないのかと、首を傾げることがある。

 特に海外のニュースサイト日本語版の場合は、かなり杜撰な校正環境のようだ。適切な日本語になっていないこともしばしば。何を書いてあるのか、意味不明な表現も多い。結局、日本語になっていない訳だ。

 ここで、国内新聞各社の記事を拝読すると、誤字脱字やら主語述語、表現内容は、流石にしっかりとした基準を満たしており、ほぼ、ほぼ、間違いは見当たらない。プロの活字媒体なので当然であると言って仕舞えばそれまでだが、それができていて、初めてジャーナリズムの核たる存在としての価値を持つことになる。

 つい最近のことだが、或る経営者(東京在住)との書簡の遣り取りがあった。その中で、語り言葉を文字にしている点がとても気になっていた。社印や実印を押印した書簡であれば、フレンドリーでいい加減な言葉は極力避けるべきを、堂々と語り言葉を遣っている。

 良く言えば、フレンドリーな時代を彷彿とさせる書簡である。厳しく言えば、経営者らしからぬ文言であり、重厚さも、厳格さも存在しない書簡である。もし、会社を代表する人間であれば、宛先へ敬愛の念を持ち、正確な日本語を書き綴るべきではなかろうか。

 標題のように、兎に角、ネットニュースの日本語はいい加減なものが多い。デジタル世界では、瞬間的に訂正も削除もできるので、いつの間にか、書き綴る日本語を軽視するベクトルが働いているのかも知れない。個人的なBLOGやSNSで誤字脱字があろうがなかろうが、全く問題はないが、プロとしてのメディアであれば、見過ごす訳には行かない。

 しかし、自由に言葉を選べる(表現の自由・言論の自由の拡大解釈)からと、誹謗中傷、揶揄、特定する人への攻撃、ほかデジタルデータの粗野な扱いなどで、名誉毀損や著作権侵害にならぬよう注意すべきが、ネット上での最低限のモラルである。そこは、しっかりとネットユーザーは自覚すべきであり、社会人として、自らの公開情報に対する重責を再認識してもらいたい。

 更に、米国のトランプやロシアの独裁者やその取り巻きではないが、自由なネット空間にて、フェイクニュースを垂れ流したり、閉鎖した環境下において情報操作をするのは絶対に止めるべきだ。実に、大人気ない。五歳児よりも稚拙であり、すこぶる恥ずかしい話となる。

 最後に、自分なりに昨日の記事を検証してみた。タイトルや文字数、空白を含めず、記事のみで1280文字を書いていた。その程度の文字を365日書いているのだから、大きな声では言えないが、1年間に、多かれ少なかれ誤字脱字は存在している可能性は無いと言えば嘘になる。

 これは、自戒を込めての話。フェイクニュースやプロパガンダなどの悪辣なる情報操作を反面教師として捉え、これからは、日本語をもっと大切に、且つ、信憑性の高い情報のみを掲載して行ければと考える次第。


newstop


ict-pro-nishida


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/16 12:00 am

「見える化のヒント」でモヤモヤ解消!!!

newstop


 数学が一番得意科目だった筆者だが、何故か、不等式がどうもスキッとしなかった事があった。中学校では数学は100点取って当たり前と思っていたけれども、不等式の問題を見ると、どうも肌に合わなかった。しかし、答えは合っているが、全く納得しない自分がいた。

 そこで、2年先輩のところへ遊びに行った時に、不等式について、自分なりの解釈の仕方が正解なのか否か質問したのである。先輩と言っても、家族ぐるみでの付き合いだったので、シュウちゃんと呼んでいた。彼は、筆者が尊敬する数学の天才であり、日頃から尊敬していた幼友達の先輩である。

 そのシュウちゃんが一枚の紙を持ってきて、縦横に線を引き、グラフを描いて、不等式について話をしてくれた。そのグラフを見て、一瞬にして心のモヤモヤが消え去ったのである。たわいもないことだが、この「見える化」のヒントが、脳内を明るくしてくれたことを思い出す。

 自己診断をすると、筆者は相当変わり者である。特に、数学に関しては、一般的な解き方を好まず、人とは異なる解き方をするのが好きだった。例えば、サイコロ3個を転がして、合計が16になる確率を求めるために公式を使わず、三次元グラフを使い、その点を数えて、確率を求めたことがあった。

 勿論、戻ってきた答案用紙の筆者回答欄には、真っ赤なペンでバツ印があった。休み時間となり職員室へ駆け込み、数学担当の先生へ猛烈に抗議をしたのである。確率を習っているのだから、その計算式に当てはめて解けば良い話だが、どうしても、三次元グラフで解きたかったのだった。

 その先生は他の数学の先生と話し合いを始めたのだが、結論から言えば、バツ印が丸印となり、答案用紙が100点満点となった。そこで先生曰く「あのね。確率を勉強してるんだから、その公式で解いてちょうだいよ!その三次元グラフの解き方も面白いけど、今後はそうしてね!」と。

 勿論、その時は素直に承知したけれども、サイコロが4個、5個、6個・・・N個になったら、どうすれば良いかを考えていた。恐れ多くも、広中平祐先生(フィールズ賞受賞者)の「N次元における特異点の解消」ではないが、N次元グラフを考え、それが解けるかどうか当時は本気で悩んでいた。

 話は逸れてしまったが、シュウしゃんの「見える化」のヒントが、とてもシンプルであり、見た瞬間に不等式の面白さが分かったのを、昨日のように覚えている。それが起点となり、現在、ICT総論各論をZOOM研修会での講義でも、下図の通り完全「見える化」にて教鞭をとっているところである。

 人に何かを教える時は、「見える化」が一番である。因みに、下図はNODEというアプリを使用し、ICT全体像を「見える化」した、筆者オリジナル図である。筆者はそれを「ICT鳥瞰図」と呼ぶ。或るICTのプロが「アートですね!」と褒めてくれたが、まあ、それはリップサービスだったろうと・・・。


▼筆者オリジナルの「ICT鳥瞰図(基礎編)」(ぼかしあり)
MIERUKA


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・図・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2022/5/13 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp