ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ネット上で知名度をアップする方法・・・

▼「旬」・・・SNS時代は、旬の情報をタイムリーに発信するスタンスが重要!

shun-10days


 インターネット、それも商用インターネットが日本に上陸して四半世紀が過ぎた。そのネット環境も秒進分歩の勢いにて進化に進化を続け、現在のSNS(ソーシャルネットワークサービス)時代に突入して、既に10年ほどが経過している。当然の如く、筆者も26年以上の長きに亘りネット事業を継続してきたことになる。

 商用インターネットであるからこそ、企業や個人事業主、又はタレントなど、ネット上での知名度アップに日々努力を重ねてきていると思われるが、地方においては、正道を歩むようなネット戦略を実践しているところは、指で数えるほどしか存在しない。

 「下手な鉄砲数撃っても当たらぬネット戦略」、「SNS主体の無償でネットお遊び」、「公的サイトに埋まり込んだネット戦略」、「★いくつの世界で踊らされるネット戦略」、「有名YouYuberを真似した見るに耐えないネット戦略」などなど、無益なネットの実態が露呈するばかりである。

 ここで、以下のように、現在の皆さんのネット戦略を、二歩、三歩下がって、実験的に検証して頂ければと思う次第。

<ご自分の氏名や会社名、商品名でGoogle検索>

 地方タレントさんなどは、その地域において、電波媒体での露出度ありきで派手に動いている人も多いが、先ずは、Googleにてご自分の氏名で検索を掛けて貰いたい。同姓同名が異常に多い方は、どんなに足掻いても、なかなか検索結果が上位で抽出されるのは困難となるが・・・。

 また、自分のレストランで「イチオシ」の料理名で検索して貰いたい。全国区でどれだけ露出度があるのか検証すると、その実態が浮き彫りとなる。勿論、自社名で検索して、どれくらいの検索結果が出てくるのかも、客観的な立場にて、経営者がしっかりとその結果を把握しておく必要がある。

 現在のネット世界では、従来の「蓄積する情報」と、今流行りのSNSで特徴的な「リアルタイムな旬な情報」と、大きく二つに分けられる。日々、旬な情報を発信している企業や個人事業主、タレントさんなどは、当然の報いとして露出度は高く、検索の網に掛かる確率も非常に高い。

 よって、絶対的情報量が少ないところ、それも長期間動かぬWEBサイトになっていれば、無尽蔵に生まれては消え、消えては生まれてくる、外界の圧倒的な情報の波に呑み込まれ、無念にもネット世界では底なし沼の底の方に、自分の情報が埋まり腐っていることに気づくことになる。

 企業内において、情報発信を極少数の担当者に丸投げしている企業は思いの外多いが、質の悪い情報であったり、日本語になっていない恥ずかしい記述であったり、写真などのビジュアル情報も構図も色合いも悪く、逆に企業イメージや商品価値を劣化ダウンさせている。

<SNS依存の限界と危険性>

 SNSと言えば、多くの人たちが日々利用している、LINE、INSTAGRAM、FACEBOOK、TWITTER、CLUBHOUSEなどなど、何を主体に使えば効率が良いのか悪いのか分からぬほど、今の世の中はオーバーフローの状態である。勿論、ネット世界の「柱」はWEBサイトになる訳だが、それを無視して、SNSのみに依存している企業も多く見受けられる。

 SNSの利点は、「原則無償」である点だ。その代わり、パソコンのブラウザやスマホの画面には、嫌と言うほど、広告が次から次へと噴き出してくる。アマゾンのようなオンラインショップなどは、逆に、自分の趣味趣向を関連付けされたものを表示してくれるので、実に有難く、重宝している人が多い。

 しかし、SNSの場合、特にスマホ上でのSNSを考えると、先ず、それ専用のアプリが必要となる。よって、同一アプリを使用しない限り、情報共有はなかなか遣り難い。ただ、Facebookページのように、そのアプリを保有していなくても、WEB上でブラウズできる機能を持つものもある。

 更に、SNSの横軸の共有システムとして、一つのSNSで投稿したものを、別のSNSにフィードバックする仕組みもあるので、それはそれなりに便利で使いやすく、仕事でも遊びでも楽しいものである。

 ここで企業として、個人事業主としてのネット戦略とSNSの存在を検証してみたい。いつぞや、九州でも二つの基礎自治体がFacebookを公式サイトにすると豪語していたが、結局は不発に終わった。要因は、個人情報なりがSNSで一気に漏洩する危険性があり、また、SNSの仕様が変われば、安心安全安定的に利用不可となるからである。

 また、SNSを介して人と人を結びつけるような「出会い系」のアプリやWEBサイトが想定外に多く存在するようになった。勿論、それらを正しく使い、公序良俗に反するようなことが無ければ何も問題ではないが、大都市部では「出会いアプリで付き合うのが常識!」と言う若者も多くなった。

 Facebookのように、個人や会社などが特定できれば信頼度は高くなるけれども、ニックネームだけで登録可能なSNSは、画面の向こうにどのような人物なり会社があるのか予測できないために、非常に危険性を伴い、時にはストーカー被害、売春、薬物などの事件が後を絶たない状況が続いている。

 今回の衆議院選挙を見ていると、アメリカの大統領選の影響もあり、普段からデジタル嫌いな議員さんや秘書たちが、SNSをフルに活用して宣伝に徹したようだが、これも、ネット世界の明暗を理解していない事務所では、逆に、誹謗中傷などの標的にされるような投稿も見受けられた。

 SNSの台頭にて、ネット世界ではインフルエンサーの存在が大きなものになり、情報伝達も昔ながらのマスコミとは異なる次元で、情報の信憑性のチェックも無く、無法地帯の中で、ネットのモラルやエチケット(ネチケット/死語)が豹変していることは否めない。

<信頼性の高いWEB展開は必須>

 上述のように、ネット環境は「日々変化、日々進化。」しているが、最終的には、WEB展開を再検証し、それも信憑性の高いもとのして、企業や個人事業主、そしてタレントさんなどにとっては、今が「大改革の時」であると思われる。勿論、SNSとの効率の良い連動は必須であり、自分の会社や売りたい商品などの知名度を上げるために、遠慮なく正道を突っ走ってもらえればと・・・。

 過去に溜まったヘドロのような情報は不要である。もし、何箇所も公式サイトの残骸があるのならば、即刻、ネット上で抹消手続きを採り、スリム化したWEBサイトと、それを完全補完できるSNSとの連動をもって、新たな時代のネット戦略をオススメしたい。事業範囲がすこぶる狭い領域にて商売をしている店主さんは、SNSのみで常連客との連絡ツールとして使えば、気軽な情報発信で全く問題はない。

 ただ、企業にとっては、信憑性の高いWEBサイトは必要不可欠であることは、周知の事実。それも、数百万円掛けて作って終わりという、雛人形のセットのようなWEBサイトは頂けない。何ヶ月も何年も、旬な情報も無くして、企業の公式サイトとは到底呼べなくなってしまうのである。

<自分を宣伝するのは難しい>

 若くて美人でスタイルに自信のある女性などは、黙っていても、SNS上で「いいね!」の連発。若さの特権と、天才的なエフェクト処理機能を持つアプリのお陰であろうかと推察するが、どうしても、ロリコン率の高い日本人男性は、SNS上でエフェクト処理など関係なく入り浸っている。まあ、それはそれで、他人に迷惑を掛けなければ、何も問題はない。ただ、「ヒトモノカネの価値観」が歪みがちなところは危惧するばかりとなる。

 筆者自身もIT専門家であるものの、自分のオフィスや自身を宣伝するのは、非常に難しいと常日頃から考えている。よって、筆者の仕事は、周囲で頑張っている企業経営者や個人事業主、タレントさんなどの露出度を上げることが、本来の仕事であると考えるようになり、現在に至っている。

 現在では、ヒト(ヒューマンウェア)を取材したり、モノ(料理や商品)の記事を書いているが、1995年からネット事業を展開してきたために、検索エンジン側からの恩恵なのか確証は無いが、筆者が書き綴る記事及び写真やPDF化したデータの露出度が非常に高い。よって、自動的に、無意識の内にSEO対策が十分熟せていることになる。今後も、取材→記事→記事のPDF化の業務は継続して参る所存だが、ネット上で知名度アップを必要とする方に、可能か限りお役に立てればと考えている次第。

<実証実験>

 検索エンジンGoogleにて「脇宮盛久」(熊本ホテルキャッスル 日本料理料理長/黄綬褒章・現在の名工受章者)で検索をして頂ければ、上述のことが理解できるかと。検索抽出結果は、上位に筆者の記事などが出てきて、Googleの「画像」で検索すると、その大半が筆者の記事に載った写真やPDF化された記事が画像として閲覧できる。これが、筆者スタンダードの情報発信の最大の武器として展開しているもの・・・。


▼記事サンプル:脇宮盛久氏(熊本ホテルキャッスル 日本料理料理長/黄綬褒章・現在の名工受章者)
wakimiya-morihisa-001


▼脇宮盛久の世界(熊本ホテルキャッスル):硯箱
net-roshutudo-002


▼リーズナブルな健康料理(熊本ホテルキャッスル):ぷるぷる美肌鍋膳
net-roshutudo-003


▼リーズナブルなランチ(熊本ホテルキャッスル):カスタマイズされた激辛ビーフカレー
net-roshutudo-004


▼大鷺(八景水谷公園)
net-roshutudo-005


▼ヒョウモンチョウとマリゴールド(半高山)
net-roshutudo-006


▼孔子公園
net-roshutudo-007



dandllogosmall


※露出度を高めたい方、ネット戦略で苦闘している方のご質問は、以下のFacebookメッセンジャーにてお願いします。
 https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/31 12:00 am

修学旅行も動き出す・・・

▼写真は湧水池で知られる八景水谷公園(熊本市)

hakenomiya-sunset-002


 熊本県内の旅館やホテル情報だが、最近、お客の動きが活発化しており、会議や会食、宴会もじわじわと予約が入り出し、また、修学旅行も動き出したと言う。昨日、湧水池で有名な八景水谷公園公園に足を運んだが、某小学校の社会科学習なのか、大型バスが4台も駐車場に並んでいた。

 経済的に疲弊していた国内の経済が動き出すことは、すこぶる嬉しいことでもあり、年末年始において、日本経済が息を吹き返してくれれば、何も言うことはない。ただ、新型コロナウイルス感染防止を都合良く忘れる人も多いので、それはそれなりに、今まで以上に感染防止対策を講じなければと・・・。

 先ずは人流も同様に、幹線道路の車が急増している点が、経済が一気に動き出したと言う証となる。この2年弱の間で、こんなに車が多く存在しているのかと、驚いてしまう。また、車業界はコロナ禍にも関わらず、新型車種を一堂に発表しているところが、更に驚きである。

 特に、フルモデルチェンジを伴う車種については、エッジが立ち、前照灯が更に細めで鋭く、安全装置もあらゆるものが付属している。電気化、ハイブリッド化が中心となる中で、いよいよ、ガソリンの爆発音を聞くことができない時代に突入するのだろうと、車の進化を楽しみにしている次第。

 しかし、最近は外車も国産車も、高級車が増えている点も見逃してはならない。ガソリンスタンドでもリース契約で国産車が買えると言う時代。また、メーカーも個人リースなどを可能としたり、某メーカーは、オンラインショップを構築し、ボタン一つで車が購入できるという。大人のプラモデルを買う感覚なのだろうと・・・。

 話は、修学旅行に戻して・・・

 熊本市内の観光名所の代表格である熊本城大天守、小天守も復興したので、是々非々、県外からの修学旅行コースの「社会科学習:熊本地震からの復興」をメインに設定していただければと思うばかり。先日、知人が大天守に昇りFacebookにアップしていたが、全体が資料館のように美しくなっているとのこと。

 加藤清正公が築城した熊本城。明治時代の西南戦争にて宇土櫓を除く、ほとんどの櫓が焼失したが、茶臼山の地形をそのまま使った難攻不落の要塞としての熊本城は見所満載である。そこには、築城の天才としての清正公と、治水事業の神と言われる清正公の姿がある。旅行エージェントさんには、是非、二人の加藤清正公に目を向けて頂ければと・・・。

 最後に、旅館、ホテル、食事処、その他業種も、皆元気になるように願うばかり!!!!!


DFD_7419


hakenomiya-sunset-003


▼熊本ホテルキャッスル11階から撮影した熊本城全景
castle-zenkei-2021


▼シェフランチ:カキフライランチ(熊本ホテルキャッスル九曜杏)
CHEF-LUNCH-001


CHEF-LUNCH-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/30 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp