ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「誰でもやってるから大丈夫!」は、ご法度!

◎記事と写真は関係ありません

josui-3


 ネットサーフィンしていると、特に「画像」検索で、有印公文書や新聞記事の複写・転載が後を絶たない。実名及び印鑑(公印)などを堂々と転載しているけれども、このような軽々なるネット上での愚行が、事件事故を誘発することを考えきれないのが、子供っぽいところでもある。

 「法の無知」なることは、一端の大人として恥ずかしいことであり、自覚のないままに行ったことが、揺るがぬ証拠と共に「内容証明書」が突きつけられ、二進も三進も行かなくなった人も、想定外に多い。最終的には、弁護士へ相談となり、泣きっ面に蜂となってしまうのだ。

 日本人特有と言っていいのか分からないが、「誰でもやっているから大丈夫」という安易な考えを持つ人がいる。右へ倣え大好きな日本人的思考だが、違法行為であっても、「横断歩道、みんなで渡れば怖くない」という論理展開にて、著作権侵害を犯したり、侮辱罪にあたることも平気でやってのける。

 著作権侵害にしても侮辱罪にしても、遅ればせながらの法的整備が行われ、どんどん重罪となりつつある世の中なので、一端の大人と豪語したいのであれば、「法の無知」は許されず、第三者へ多大なる迷惑を掛け、違法行為に至るような愚行、蛮行はご法度。ましてや、刑事事件でお縄となるのは頂けない。

 普通に考えれば、「これは違法行為だよね!」、「これってモラル違反だろう!」、「公然と複写・転載を許諾しているものじゃないよ!」、「そんなに目立つようなことする問題じゃないと思うけど!」と、瞬間的に分かるはずであるが、「パリピ」と称される人たちは気づかず、公然と赤恥をかいている。

 「実害がないから問題ない!」と突っぱねる人がいるが、実害があっては洒落にならず。その実害を防ぐことも言い訳することもできず、粛々と法的に処分されるだけの話となる。よって、実害がないように予防策を常に講じておく必要がある。結局は、「公序良俗」に反しないことに尽きる訳だ。

 現在の日本は、皆が気づかぬ内に病んでしまった。民度が低空飛行しているのも要因の一つだが、SNSの闇の世界に包まれて、裏と表の差が激しい人生を送っている人が多くなってきたのではないかと危惧する次第。政治家も我々一般庶民も、重度のSNS中毒であることに気づくこともなく・・・。

 あくまでもSNSとは、メディアやツールの一つだが、その拡散能力や情報共有については称賛に値するものの、使い方次第では、凶悪犯罪の温床ともなり、事件事故が絶えない時代へと突入してきている。これからの子供の育て方、躾の仕方が非常に難しい世の中になりつつあり、戦慄さえ覚える。

 先ずは、(1)法の遵守、(2)視野を広げること、(3)真偽の程を見極める目を持つこと、(4)自分の足元ばかりに気を取られず、周囲の知人友人への気配りを忘れぬことが、良き人生を歩める最低条件となる。法治国家では、身勝手で独断的な我儘は通用しないので、尚更のことである。


▼10月23日の月
moon-2021-10-23


▼カスタマイズされた超激辛スープカレー(熊本ホテルキャッスル)
gekikara-202110-001


gekikara-202110-002



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/25 12:00 am

目は口ほどに物を言う・・・

josui-3


 昨日、久しぶりに超望遠レンズ(600mm)を持ち込み、八景水谷公園の大鷺を撮影することにした。先ずは、写真下の大鷺の目をご覧いただきたいのだが、同一の大鷺なのに、目から伝わってくるイメージが余りにも違いすぎる。

 実は、右側が小さな池の中の止まり木で、周囲を見回している大鷺の目である。また、左側は、筆者が大鷺との距離をカニ歩きでじわじわと詰めて、ギリギリの限界最短距離のラインに迫った瞬間の大鷺の目である。瞳孔が急に鋭く小さくなっているのに気づく。

 昔から「目は口ほどに物を言う」というように、人間も大鷺も同じ動物として、目にその大鷺の今の瞬間を伝える本能なるものが潜んでいる訳だ。右側の目は瞳孔も広がり、その他カメラマンなどが近くに居たとしても、ある程度陸地から距離があるために、安堵感が漂っている。

 左側は、殺気を感じた人間と同様に、瞳孔がキュッと締まり、体全体の筋肉が次の動作へと移るパワーを感じるのだった。どんなに人間に慣れている湧水池の野鳥と雖も、それぞれに限界最短距離というものが存在する。大物は近づいても微動だにしないが、小鳥たちは10mほどから騒ぎ出す。

 人間も、事故などの危機的状況下や上司から怒鳴られる瞬間には、左側のように瞳孔が縮まり、防御の姿勢へと咄嗟に移るに違いない。パワハラ有りきの昭和の時代に育った企業戦士は、大抵、この状態を無意識の内に繰り返していたのだろうと、大鷺の目の変化を見ながら、昔を思い出した次第。

 ただ、殺気を感じて次の動作に移る瞬間、恐怖心によるものならば、常に劣勢に立たされた鼠のようなもの。「窮鼠猫を噛む」瞬間の鼠の目を彷彿とさせるのである。しかし、精神的に鍛え上げられた人間は、緊急避難時も冷静沈着にて、攻勢に転じる好機を伺う鋭い目をして、常に構えている。

 写真下右側の目のように瞳孔が大きく、ぼーっとした目では、攻めの仕事を完遂することなど出来るはずがない。それが日常化しているのならば、やってる感はあるが、捌けぬ人になってしまう。よって、真剣勝負の仕事で打ち勝つ企業戦士となるには、大鷺のような鋭い左側の目を備えておかねばならない。

 因みに、この大鷺は、左側の目をして2秒後に飛び去った!

 
▼右側が寛ぐ大鷺の目、左側が殺気を感じている大鷺の目
EYES


▼池中央部の止まり木で寛ぐ大鷺とその目
eye-002-2


eye-002-1


eye-002-0


▼人間がじわじわと近づく時の警戒感ありありの大鷺とその目
eye-001-2


eye-001-1


eye-001-0



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp