ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

日本人が得意とする「ピクトグラム」・・・

▼人間の脳の「ピクトグラム」の例

PICTOGRAM-001



 一昨日の「東京オリンピック2020」の開会式で印象深かったのは、「ピクトグラム(pictogram/pictograph)」のパントマイムだった。「ピクトグラム」というものは、二色のシンプルな図形により、一つの概念を単純表現するシンボルマークであるが、特に、オリンピックでは1964年の東京オリンピックから、「スポーツピクトグラム」(日本人の発案)として使用されるようになった。

 我々、Mac党の人間には、1984年頃から「アイコン」として、Macの起動時から日々慣れ親しんでしている。アイキャッチに優れ、一瞬にしてその概念が直感的に伝わるところが、実に有難い。「ピクトグラム」は絵文字の一種であり、我々が企画書を書いたり、プレゼンテーションの資料を作成する場合に、常用していることになる。絵を描くのが苦手な人ほど、絵文字を楽々多用することができるのだ。

 ネット社会となり四半世紀が過ぎ、現在はSNS時代となっている。そこで行われている、チャットツールには、必ずと言ってよいほど、「絵文字」が搭載されている。よって、会話の流れの中で、笑いであったり、悲しみであったり、怒りであったりを、小さな絵文字がその時の瞬間的な「心の動き」をしっかりと伝えてくれる。時には、「???」と意味不明な絵文字が飛び込んでくることもあるが・・・。

 幼い頃を思い起こせば、小学校の社会科の地図で、茶畑とか寺や学校、病院などのシンボルマークが記憶に残っている。実に簡単な図で、施設やら公園やらの位置情報を示してくれるのだった。また、家紋についても、その一族の出身地なり、歴史と伝統なり、また一族の繋がりなどを示すシンボルマークとして存在しているが、大半はシンプルで、左右対称なるデザインが多い。これも「ピクトグラム」の一種であろうと。

 インターネット黎明期を思い起こせば、行政の公式サイトは、公式書簡の様に、文字だらけの情報が満載されていた。気の利いたサイトでは写真を添付しているものもあったが、大変読み辛いものであったことを思い出す。ところが、最近は「ピクトグラム」を多用したものもあり、感覚的に何の説明文なのかの心の準備を与えてくれる、すこぶる見易いサイトが増えてきた。

 蛇足ながら、昨夜の「東京オリンピック2020」のパントマイム。取り損ないのミスがあったけれども、そこがアナログなる故の良いところだと、苦笑いしながら、目まぐるしく愛くるしい「スポーツピクトグラム」の展開を、隅から隅まで楽しませて頂いた。コロナ禍の最中に強行されるオリンピックと雖も、重箱の角を突く様な「難癖常連国」もあるが、時代錯誤の「お国のためのオリンピック」ではなく、「世界を一つのオリンピック」として、フェアプレイを期待したい。

 いやはや、「スポーツピクトグラム」のパントマイマーの方々、大変お疲れの事であると推察いたしますが、歴史に残る素晴らしいパフォーマンスとして、記憶に深く刻まれました。この場をお借りして、感謝申し上げる次第。

※上下の「ピクトグラム」は、Macのワープロソフト「Pages」の図形に搭載されている多数の「ピクトグラム」より抜粋したもの。


▼登山を表現する「ピクトグラム」の例
PICTOGRAM-002


▼フライヤーに多用している「ピクトグラム」の例
dandl-2


▼土岐氏、明智氏一族の家紋(桔梗紋)
kikyou




◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責・写真:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/25 12:00 am

何事もシンプルに!!!

▼記事と写真は関係ありません。

KUMAMOTOCASTLE-001


 自分が行ったことが、筋が通っていなかったり、真意が相手に伝わらなかったり、予測した結果とは真逆だったりする人がいる。原因は、何かを行う場合に、全てに整合性があるか否かの判断がつかないまま、強引に決断を下すからである。

 根っからの慌て者だったり、後先を考えぬ人だったり、原因結果の流れをシミュレードできない人であるが故に、思わぬ結果となる訳だ。それが、日常茶飯事となれば、思考回路が麻痺するだけで、負のスパイラルに陥るばかり。

 数学の証明問題やら、マシンランゲージのIF文などが苦手な人は、決断を下す前の、自問自答する大切な前戯を端折ってしまうから、そうなってしまう。よって、「もし・・・だったら?」の自問自答の癖を付けることが必要だ。

 結論を急ぐから、プロセスを度外視して突っ走る。何事も速ければ速いほど良いかも知れないが、その決断に至るまでのプロセスが重要なポイントとなる。また、予測する結果の別解までを考えれば、理想的な結論に至ることになる。(しめしめ)

 毎回、思いもよらぬ結果に至るのは、いつも自分の事ばかりを考える悪癖も一つの要因と言える。少しでも対象となる人の立場になって考えないから、見事なまでに最悪の結果として、自分に火の粉が降り掛かってくることになる。そこに、気づいて欲しい。

 特に、サービス業であれば、客ありきの業務である。人を相手とするからには、常に客の立場を考え、どの方程式が最適な結果を齎すかを考えなければならない。そこで、自分の都合ばかりで決断を下せば、客を激昂させる危険性は高くなる。

 常に、「もし・・・だったら?」のIF文を自分に投げ掛けることである。そこには自分の主観を混在させるのではなく、「自分が客の立場だったら、どうすれば良いのか?」を考えれば、理想に近い正解と別解がいくつか浮上してくるはずだ。

 ここで、自分自身を客観的にどのようなタイプの人間かを分析してみよう。慌て者?良い格好するタイプ?面倒臭がり屋さん?考えがいつもまとまらず説明が苦手な人?失敗に怯えるタイプ?・・・いろいろ、あろうかと・・・。

 仕事はできるだけシンプルに考え、IF文のリハーサルを何度もやっておけば、大失態をすることはない。また、逆説も考えてみる余裕があれば、鬼に金棒である。つまり、物事を複雑に考えれば考えるほど、失態は増えるばかり。

 上司がどう見るだろうか?同僚が賛成するだろうか?お客が怒りはしないだろうか?・・・など、ネガティブ要因ばかりが頭に充満していると、体全体が固まり、仕事は何一つ円滑に進むことは無く、生汗を拭き拭き状態となる。

 報告も、先ず、結論が先だ。上司へ報告する場合、堂々と結論から語り、上司が疑念を抱き嫌味っぽく突っ込みを入れても、IF文のリハーサルを行なっていれば、間、髪を容れず、上司の異論をさらりと論破できるようになる訳だ。

 学びにおいては、「知識」ばかりを増やしたとしても、何も役に立つはずはない。「知識」の上層に位置する「知恵」が最も重要であり、その「知恵」により正確な「判断」を下すようになれれば、初めて、一端の仕事人と言える。

 勿論、結果はIF文から得られた、方程式の証明が、理想に最短最適な結果を齎すことになる。前述の様に、正解は一つとは限らないので、時には、別解を敢えて試してみても面白いかも知れない。

 固定観念に縛られず、前例がないからと恐れず、常に、整合性を求めて物事を考える癖を付けると、切れ味のよい仕事人になる可能性は大となる。勇気を持って、IF文を自分の頭の中に投げ込み、シンプルに0か1か、白か黒かで整理整頓を行えば、自分自身も大満足の理想的な結果が眼前に・・・。

 日頃から、自信喪失しつつある貴方であれば、騙されたと思って、上記を日々試されては如何だろうか!?・・・諄い様だが、「何事もシンプルに!!!」である。万が一、大失態しても死ぬことはないのだから、前に一歩踏み出して欲しいものである。

 これが出来れば、難癖や不慮の事故へのトラブルシューティングは、楽々となるはずだ。最後に重要なことは、判断に至るまでに、絶対に「嘘」を組み込まないことである。もし、自分が楽するために「嘘」を組み入れれば、シンタックス・エラーとして、結果としては最悪の事態に直面することになる。


KUMAMOTOCASTLE-002


KUMAMOTOCASTLE-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責・写真:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/7/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp