ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

配慮の「箱」がない人・・・

josui-3


 今回は、配慮の「箱」が頭にない人について検証することにした。

 配慮の「箱」がないというのは、平たく言えば、人様のことはお構いなしの人で、自分大好き主義にて超マイペースな人間に辿り着く。当然の如く、デリカシーのない人が多く、その醜態に気づかないのは本人ばかり。気付いてくれればと遠回しに暗示しても、無反応にて聴く耳も持たず。

 配慮の「箱」のない人に共通しているのは、男女関係なく、場違い発言が多く、空気を読めないところである。更に、会議などの話し合いとなると、テーマを無視して、最終的に、自分サイドのたわいもない話に専念し、テーマを壊してしまい、何の結論も得られることはない。

 尋ねもしないのに、次から次へとバルカン砲のようにマウントしながら話し込むタイプの人を見掛ける事があると思われるが、どちらかと言えば、年配の女性に多い様に思えてならない。よって、Q&Aが成り立たず、自慢話の繰り返しにて、何の進展もない。

 例えば、Clubhouse(俗称:クラハ)においても、「地域揺り起こし」とテーマが決まっているにも関わらず、自分の娘や孫の話を持ち出して、延々と自慢話を続ける始末。実際にお会いしておらず、近しい関係ではないのに、そのような個人情報など犬も喰わない。

 特に、深夜に酒を呑みながら、睡魔と戦い喋っている人は論外となる。アルコール依存の人間に、人様に対する配慮の「箱」の話が通じるはずがない。無礼講にて、マウントする人たちは、近所の公園にて、買い物かごでもぶら下げて、井戸端会議にご参加願えればと。

 SNSで遭遇する人たちは、ある程度接していると、いくつかのパターンに分かれてくる。(1)紳士淑女で礼節を弁えている方、(2)普通の他人の距離を好む方、(3)現実と駆け離れた方、(4)宗教やスピリチュアルに陶酔する方、(5)詐欺的臭いがする方など。

 されど、2007年に日本上陸した仮想現実世界「SecondLife」の方々とは、今も尚、素敵なヒューマン・コミュニケーションが継続している。その理由は・・・皆が本音を語り明かし、また、オフ会を通してリアルに良好なる人間関係構築ができたことが要因と言える。

 畢竟、SNSでの接点において、日頃からストレスが溜まらぬようにするには、先ずは、その接点を持つ前に、厳格なフィルタリングが必要不可欠である訳だ。万が一、そのフィルタリングに甘さがあると、後々、想像を絶する様なしっぺ返しが待っているに違いない。


▼写真は、小野泉水(小野小町を祀る小町堂/熊本市北区植木町)
※記事と写真は関係ありません。
ono-no-sensui-1


ono-no-sensui-2


ono-no-sensui-3


ono-no-sensui-4


ono-no-sensui-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

         


  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/23 12:00 am

「赤〜いりんご」って!?

RED-APPLE


 「赤〜いりんご」って!?

 昔から、りんごって赤いんじゃないかと思っていたら、皮のみならず、果肉が赤いって、聞いたことも、見たこともなかった。実際、「赤〜いりんご」の写真を送ってもらうと、遠目にサクランボのように思えたが、じっくり拝見すると、確かに果肉が赤かった。

 それに目を付けて、世界初となる赤〜いシードル「赤の仲間入り」を開発したのが、トキあっぷる社代表の土岐彰寿(ときあきなが)氏である。シードルの処女作は、明智光秀と土岐氏との歴史的な繋がりにて、黄色い「ときシードル」。更には、4月28日に、赤〜いシードル「赤の仲間入り」を発売するに至った。

 以下のりんごの写真は、「株式会社アグリコミュニケーションズ津軽」から提供して頂いたものだが、見れば見るほど、不思議なりんごの断面である。丸かじりしても構わないが、先般贈られてきた「赤の仲間入り」の原料となっているとは、想定外であった。

 幼い頃に、風邪で微熱があったり、胃腸の調子が悪いと、必ずと言って良いほど、母や祖母が、りんごをすりおろしてくれた。酸っぱいりんごだと、蜂蜜や砂糖を振りかけて、丼一杯食べていた記憶がある。しかし、直ぐ食べないと、すりおろされたりんごは茶色に変色していた。

 「赤の仲間入り」を開発した土岐氏に、赤〜いシードルが何故製造できたかを尋ねたが、そこは企業秘密にて、可能な限り退色せぬような製造方法があると言う。世界初となる赤〜いシードルのラベルには、赤に関連するイラストが描かれている。それも、鬼滅の刃の市松模様のように。

 商品開発には、黄色い「ときシードル」のように、明智光秀と土岐氏との歴史的ストーリーが存在している。また、赤〜い果肉のりんごを開発したマジシャンの様なファーマーが存在する。情熱を注ぎ込み、それも気が遠くなるほどの歳月を経て生まれた、赤〜いりんご。

 そのマジシャンの手から、赤〜いりんごたちが、地域揺り起こしの軍師たる土岐彰寿氏へ渡り、今回の新商品開発プロジェクトにより逸品が完成したのだった。話を聞いているだけでワクワクする話である。万病に効く、医者要らずとも言われる「りんご」のパワーは、「凄い!」の一言に尽きる。


▼赤の仲間入り&ときシードル
TOKI-RED


▼果肉が赤〜い三種のりんご
※写真提供:株式会社アグリコミュニケーションズ津軽
RED-APPLE-1


RED-APPLE-2


RED-APPLE-3


▼黄色いシードル「ときシードル」
TOKICIDRE


▼2021年5月3日付のロゼッタストーンNews
https://www.dandl.co.jp/club/toki-akinaga-1.pdfLink
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1619967600Link
toki-akinaga-1


▼2021年5月22日付(本日)のロゼッタストーンNews PDFファイルダウンロード
https://www.dandl.co.jp/club/red-apple.pdfLink
red-apple




▼トキあっぷる社公式ネットショップ
 https://shop.toki-apple.comLink
▼トキあっぷる社公式Facebook
 https://www.facebook.com/toki.apple.jp/Link
▼トキあっぷる社公式Instagram
 https://www.instagram.com/toki_apple.jp/Link

▼株式会社アグリコミュニケーションズ津軽公式サイト
 https://www.actsugaru.co.jp/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                                               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp