ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

仕事人、できる男の身嗜み(2)

▼前川水源近くの花菖蒲

SHOUBU-0


 今回は、ホテルで見掛ける仕事人を観察して、それから自分自身を振り返ろう!

 先ずは、ホテル玄関に車で乗りつける仕事人の比較だ。玄関前で急ブレーキで止まる車と、静かに止まる車。どちらが素敵かと言えば、デリカシーのある方であれば、後者が素敵だと言うだろう。正解である。自分の車を高級車だと自慢げに急ブレーキ踏む仕事人は、ガキと同じで、不恰好。

 では、車をホテルに預けて、玄関に入る瞬間の仕事人を見てみよう。ベルボーイが自動ドアのセンサーに触れてドアを開ける瞬間に、「ありがとうございます!」と言う仕事人と、仏頂面で威張り腐って入る仕事人の比較である。前者はすごくクールな紳士だが、後者は語る価値もない。

 次に、レストランでの会食の様子を見回してみよう。マスクを顎に下げて、大声で笑う仕事人。ウィズマスクで静かに語る仕事人。勿論、後者がクレバーな仕事人の所作である。前者は、田舎臭いと言うか、空気を読めず、自分の足元も見えないデリカシーのなさが浮き彫りとなり、恥ずかし過ぎる。

 さて、食事中の動作を観察してみよう。食べ物を口に入れて、くちゃくちゃ音を立て、食べながら話しまくる仕事人。逆に、料理の盛り付けや香りをしっかりと確かめ、食材の一つ一つを楽しむ仕事人。後者が大人の所作だが、前者は、海外に行けば「Don't speak with mouth full !!!」と叱られる。

 更に、椅子に腰掛けて食すときに、両足の靴を脱いで足を突き出し、テーブル向こうの椅子に踵を置く仕事人。お尻を椅子の奥に付けて、背筋を伸ばして足を揃えて腰掛ける仕事人。勿論、後者が紳士である。前者は、パブリックスペースであることを完全に忘れいている、躾の悪い仕事人となる。

 最後に、和食を食すときに、コンニャクや里芋を箸先で突き刺して口まで運ぶ仕事人。箸先で里芋を挟み割って、半分ずつ口に運ぶ仕事人。前者は下品極まりなく、迷い箸でもしようものなら、友達の縁を切った方が良い。後者は日本人として当然の箸の使い方であり、高尚さが伝わってくる。

 このように、ちょっとの間、人間観察をしてみれば、色んな癖を持つ仕事人に出くわすことになるが、見るに耐えない仕事人は、先ず、仕事が捌けないと言っても過言ではない。相手の立場を考えることもできない仕事人なので、良い仕事が一緒に出来るはずがなく、必要もないと言うことになる。

 ホテルのホテルと言われる、ザ・リッツ・カールトン。同ホテルは「クレド」で世界的に有名なところだが、スタッフたちは皆、「WE ARE LADIES AND GENTLEMEN SERVING LADIES AND GENTLEMEN」が合言葉。よって、顧客の質も上質にならざるを得なくなってしまう。

 貴方がクールで捌ける仕事人であれば、上述のことなど、全て「分かりきった事ですよ!」と言うに違いない。・・・正解!


SHOUBU-1


SHOUBU-3


SHOUBU-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/8 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp