ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » iPhone

iPad miniを私設秘書に!!

iPad



 iPad mini。日頃使っているMacBook Pro 13inchの上に置けば、半分以下のサイズであり、大変薄く軽くなっている。初代iPadと比較しても、全く別物のようだ。諄いようだが・・・凄く、薄くて軽い!!

 ノートブックを持ち歩くには重く、iPhoneやその他スマホでは画面が小さく仕事にならないと悩んでいる人達には、最適のデバイスだと言っても過言ではない。ただ、iPad miniをどのように使うかを良く研究しておかないと、単なる液晶画面と化してしまう。

 筆者の場合は、先ず仕事がICT関連なので、多種多様なデバイスを使いこなすのは当然の事だが、写真上のiPad miniは、取材時で持ち込む機材が多い場合や、オフの時に予備的にバッグにこっそりと忍ばせている。勿論、Mac Book Proのバッテリー切れが心配される場合に、サブ的に持ち運ぶ場合もある。

 iPad miniを何に使うのか!?・・その目的がはっきりしないと、無駄なアプリばかりをダウンロードしては、殆どが二〜三回ほど使用してそのままゴミ同然になっているものも出てくるので、先ずは、自分の頭の中を整理してみれば良い。趣味で使う場合は、別に制限を与える必要もなく、その可能性の限界に挑戦しても面白い道具であるようだ。

 筆者が選んだのは、iPad mini(64GB/Wi-Fiのみ)。アプリは、デフォルトで準備されているもの(ブラウザ、メール、時計、カレンダー、マップ、カメラ、Facetime、iTunesほか)に加え、Pages、Numbers、Keynoteの三種の神器は必携。更に、ニュース、フォトレタッチ、一眼レフとWi-Fiで結ぶアプリなど・・・仕事道具として役立つようなアプリ構成となっている。

 趣味的なものとしてはi書道くらいで、ゲーム類は全くインストールしていない。ただ、SNSアプリとして、Facebook、Twitter、Skypeなどは、iPhoneやMacBook Proが不具合又はバッテリー切れを起こした場合を想定して、メールにはオフィスのデスクトップで使用しているメールやGメールなどは、このiPad miniでも送受信できるようにしているのだ。

 iPad miniの魅力は、何と言っても、すこぶる視認性のよい液晶画面とバッテリーの持ち具合である。現在の筆者の持ち運ぶデバイスの中では、半日デスクワークとなっても、バッテリーを気にしながら使うというストレスがないのが一番である。

 しかし、このiPad miniをどうやってネットに繋ぐかが問題となる。Wi-Fiオンリーなので、オフィスのWi-Fi又は携帯するポケットWi-Fiに繋く事により、iPhoneやその他スマホなどのパケット通信費用の削減はできる。それに、業務で使用する訳なので、安定したネット環境をこのiPad miniに与える必要があるので、万が一の場合を想定して、iPhone又はdocomoスマホのテザリングは予備的に確保している次第。

 写真を撮影したものをiPad miniで閲覧するのはすこぶる心地良いものだが、一眼レフカメラで撮影したものを、一覧性を持たせて見るには、iPad専用のSDカード読み取り装置などを準備すると、現地で簡単に一眼レフで撮影された写真群を移行できるようになる。数千円で揃うので、SDカードリーダーなどの装置はお薦めかと!

 最後に、iCloudやiTunesは必須である。よって、それありきでiPad miniを使用すると、iPad、MacBook Pro、iPhoneの総てのデバイスがクラッシュしたり紛失した場合でも、決して慌てる事なく確実に保管されたデータを読み込む事が可能なので、それは是非登録しておいた方が宜しかろうと・・・。

 さあ、自分の頭の中を整理するなど、自己管理ツールとしても十分な働きをするiPad mini。・・・しっかり者の私設秘書!?を得た気持ちで、明日からの仕事に臨んで頂ければと考える次第。

※その他詳細や戦略的活用法は、先見塾でお教えします。


iPad1



iPad2



iPad3



iPad4



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link
【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/17 03:29 am

道具と武器

iPhone5S-1



 携帯電話を使い始めて二十数年が経った。思い起こせば、トランシーバーのようにでかい電電公社時代の携帯。象が踏んでも壊れないセルラーフォン・・・と、実に懐かしい。

 携帯電話の第一次普及期では、自動車電話というものが人気で、当時の「わさもん(熊本弁で新しい物大好き人間)」は、車に長いアンテナ付けて、アームレスト付近に固定電話のような受話器が取り付けてあった。私たちの世代ならば、サンダーバードのロールスロイス的な車をイメージしたのではなかろうか。

 それから第二次普及期・・・これはあくまでも熊本市内の事であるが、ちょうど23年ほど前から、現在使われているとしたら「***192****」という番号が、その頃の「わさもん」が使い始めた電話番号である。何を隠そう、筆者も「わさもん」の類いに属すので、勿論、その「***3192****」というdocomoを持っている。(苦笑)

 当時、或る人物と打ち合わせをしていて、互いに携帯電話の番号を教え合った時に、何と2番違いだったので、大笑いをしたのだった。それは、筆者の携帯電話番号の下四桁の末尾が2番若かったので、それで「同じ日に契約したのどうのこうの・・・」と彼は悔しがっていたようだった。・・・実に平和でたわいもない会話であったが、それだけ携帯電話が世に普及していない時代だったのである。

 それから約20年間・・・19年前のインターネットの日本上陸により、携帯電話が一般化するのに拍車が掛かった。ポケベルの時代に「724106」と数字のメッセージが送られて来て、「?」と思いきや、夜の蝶たちが、お客に対して「724106=ナニシトル)」と誘いを掛けるのであった。熊本では「72410610」又は「724410」・・・つまり「ナニシトルト」又は「ナニシヨット」と言う事らしい。

 それが歩きながら相手に電話が出来る携帯電話の登場・・・。当時はトランシーバーならしばしば使うこともあったが、相手との距離が制限され、狭い領域での利用しか出来なかったものを、携帯電話の登場で、それを片手に持てば、動くオフィスが可能となったのだ。更に、ネットがジョイントされると、とてつもないビジネス・ウェポンとして活用されるようになって来たのである。

 前置きが、非常に長たらしくなってしまったが、現在のiPhoneやその他スマートフォンにより、現代人の生活が全く変わってしまった。特に、ヒューマンコミュニケーションが著しく変化してしまい、当時であればface to faceありきの仕事が、遠隔からのコミュニケーションでOKかのような時代となって行った。

 筆者もご多分に漏れず、仕事柄(ICTが本業)、iPhoneやその他MacBook Pro、iPad miniなどは、全て仕事の武器として日々活用している。先ずは仕事に必要不可欠なアプリの選択。そして、データの格納の為にクラウドやエクスターナルHDD、ポケットWi-Fiなどは必須であり、それらを駆使して、日頃の業務を効率よく捌いている次第。

 まだMac OSの最新版がリリースされていないので、何とも言えないが、今回のiPhone5SとiOS7と併行して活用すれば、今まで以上に頭の整理も簡単に行え、新規プロジェクトの企画やプレゼンに大きな力を発揮するのではないかと期待している次第。

 iPhoneにしろ、Macにしろ、全ては武器であり道具でもある。筆者にとっては、食事に使う箸、フォークとナイフと同様に、常に手元に置きたい道具な訳で、それを無意識に使う事によって、仕事の効率がすこぶる上がっているのは事実。・・・実に有り難いものなのだ!!

 しかし、筆者がWindowsやその他スマホに全く関心がないのは、ユーザーインターフェースに大きなギャップがあり、思想的なものや開発コンセプトが全く異なるという理由から、WindowsやiPhone以外のスマホ(お財布のみ使っているに過ぎない)は一切使わない事にしている。・・・即ち、セットアップばかりに時間が取られるWindows軍団・・・スマホの多くの無意味なアプリを見るだけでも、筆者の仕事に役立つものが皆無に等しいのである。

 さて、最新Mac OSの到来で、更に自己管理ツールは進化するであろうし、その恩恵を受けることに、深く感謝しつつ、仕事を楽しみたいと思っている。・・・1984年当時、Apple社のMacintoshに出逢ったことが、現在の自分に育ててくれたのだから、決してApple社へ足を向けて寝ることなんぞ、許されるものでは無い。

 やはり、Apple社のように、自社でOS、アプリ、そしてハードを創り出すものは一貫性があり、全てを無駄なく使える点は、安心安全なツールとして信頼性が高いのは、当然の事だろうと・・・。


iPhone5S-2



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/14 08:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp