ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » food

フカヒレ姿煮の一番旨いところ!

fukahire1


 本日は、熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源の「極上フカヒレ姿煮」のご紹介。

 極上のフカヒレとは、シャーク尾鰭の下の柔らかい部分。器に盛られるとき、扇型のように見えるが・・・今回、どの部分が旨いのかを、明かしたいと思う。

 写真をご覧いただきたいが、黄色い◯で囲まれた部分・・・・すなわち、中央の根元の分厚い部分が、柔らかくとろけるような食感で、そこが一番旨いことになる。

 よって、この「極上フカヒレ姿煮」を、もし3人で分ける場合は、黙って中央を頂けば、左右より3倍ほど(私の主観)旨いことになるのである。・・・仮に、中央部分をゲットしたからと言って、ニヤニヤしているとバレてしまう。ポーカーフェイスで、心の中でニンマリと願えればと・・・。

 中国料理の中でも、珍味の珍味と言われる「極上フカヒレ姿煮」。お店に足を運び、ヨシキリザメのものだったら、先ず、間違いはない。しかし、妙な匂いがしたり繊維が硬いようでは、処理や調理がいい加減なものなので、コンプレ対象になるかも知れないが・・・。
fukahire2



【ロゼッタストーン公式サイト since 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/9 03:05 am

極上の桃花源特別料理!!

 熊本ホテルキャッスル 四川料理 桃花源の特別料理をご紹介したい。これは、以前、D&L美食会(不定期)を開催したときのものだが、採譜は以下写真の通りとなっている。

 料理を担当して貰ったのは、同ホテルの川上洋信常務取締役兼総料理長。以前、香港で開催された第三回中国料理世界大会畜産部門で銀賞を受賞している、凄腕料理人でもある。

 いつも川上総料理長にお願いする時は、「お任せで、遊んでください!」というオーダーの仕方だ。ちなみに、最初に川上総料理長と出逢ったのは、桃花源銀座店であった。その時も、十分遊んでいただいて、ロゼッタストーン全国特派員らが、目を瞑りながら、もみじ(鶏の足)を食していたことを思い出す。

 同レストランの看板メニューには、「乾燥アワビのステーキ」、「フカヒレ姿煮」などがある。これは全国区でもかなりレベルの高いものとなっている。その他、フカヒレ姿煮湯麺もお薦めで、値段は5000円(税サ別)。県内で一番高くて、一番美味しい湯麺として、一度ご賞味頂きたいと・・・。


▼前菜彩々
DFD_9756


▼活アワビの塩炒め
DFD_9774


▼和牛ロースの四川ソース
DFD_9780


▼フォアグラの茶碗蒸し フカヒレの姿煮のせ
DFD_9797


▼食用ハトの香港スタイル
DFD_9813


▼活オマール海老の香り蒸し
DFD_9818


▼海燕の巣 スープ炒飯
DFD_9824


▼梨のコンポート
DFD_9835


▼フカヒレ姿煮湯麺 5000円(税サ別)
tanmen



【ロゼッタストーン公式サイト sicne 1995】 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2014/11/8 03:42 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp