ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » camera

カメラで遊ぼう!

D60_1649


 三脚を立てて、夜景を撮ると、とても美しいイルミネーションを捉えることができる。また、手持ちのブレブレの写真を撮っても、夜景の光は面白い絵面をプレゼントしてくれる。

 今回、陽も落ち、空が暗幕に覆われた頃に、夜景を暈したり、手持ちでグルグル回して撮影してみた。ある程度、規則的な動きの繰り返しをすれば、シャッターが切れるまでの残像が全てC-MOSに撮し込まれ、とてもファンタジーな写真が手元に残る訳だ。

 カメラの設定はマニュアルで、ISO100として、適当な尺の中で、カメラを眼前の夜景を往復させたりして、頭の中で想像したものが、どれだけ写真として出来上がるかの実験してみることに・・・。

 以下写真の通り、スピーカーから放たれる音の波形が図式化されたように、色鮮やかな線形二次元グラフィックが記録されたのだった。皆さんも、一度、面白い背景を選び、同様の撮影に挑戦されては?


D60_1501


D60_1498


D60_1499


D60_1500


D60_1502



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/31 03:53 am

カメラライフのススメ!

cameralife


 スマホでも一眼レフでも、ミラーレス、コンデジでもいいんです。カメラをこよなく愛して、記憶のみならず、より鮮明に記憶に留めるために、記録に残す。これが、カメラの醍醐味です。

 写真はその人の心を如実に語ってくれます。また、その人のその時の心の動きを、ダイレクトに伝えてくれます。

 カタログ写真のように美しく撮るのがカメラの目的ではなく、人生の一コマ一コマを大切に、その瞬間を自分スタイルで記録するのが、理想的なカメラライフ。上手、下手はありません。

 私は、人が人の作品を評価するということが大嫌いな人間の一人。あーでもない、こーでもないと評価される必要もありません。ただ、自分の心のままに、童(わらべ)のように光と影を追い続けます。それが、本来のカメラライフなのです。

 楽しい人生のために、カメラに嵌ってみませんか!?年齢を重ねて、高齢になったとしても、カメラという趣味は、人生の終着駅まで続くのです。撮影のために歩きます。撮影のために車で移動します。どんなに近場であろうが、素敵な被写体はゴロゴロと転がっています。

 1枚の写真を撮影するのは、ほんの数秒。その数秒に集中するカメラライフは、心身ともに「健康」というご褒美を与えてくれます。


▼御馬下の角小屋(みまげのかどごや)のオニユリと黒アゲハ
cameralife2


▼最近の取材ランチ
cameralife3



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/7/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp