ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » SDGs

情報発信力が命・・・

dandllogo


 ディー・アンド・エルリサーチ株式会社(since 1990)は、マルチメディア企業として1990年に創立。現在に至るまで、本格的なCG制作、インターネット事業、コンサルタント事業(経営者セミナーや幹部社員教育、商品開発など多岐に及ぶ)を展開している。

 コロナ禍となり、未曾有の大災難に遭遇している中で、新たな展開として、以下の記事の通り、全国区において、地域揺り起こしやレアな商品開発など、情熱を注ぎ込み、真剣に取り組む方々を取材する事で、弊社の最大の武器である情報発信力を駆使し、メディアとしての信頼性を確立しつつある。

 1995年当時、東京でのネット事業展開を計画していたものの、実母の急死などにより断念。よって、熊本市を中心に事業展開を行なってきた。商圏としてはすこぶる小さな地域であるが、インターネット時代の魁として、四半世紀にわたり、常に新たなメディアへの挑戦を続けてきたことになる。

 今回、次世代SNSとして日本上陸を果たした「Clubhouse」に着手。そこで、遭遇したのが、国内外で活躍する日本人の方々である。しかし、情報発信のベクトルなりパワーなりを検証したところ、僅か1社(奥秩父)のみが情報発信の「形(かた)」を持ち、他は、情報発信への範囲が狭く感じられた。

 インターネットにおいて、「情報発信力は命」。大抵の経営者は、公式サイトとSNSがあれば充分という意識が強く、それが、どれほどの拡散力を持つかの価値判断を見誤るケースが多い。公式サイトに至っては、リニューアルさえしておけば良いとの考えで、露出度などへの意識は希薄で、他人任せ。

 特に、デジタル嫌いな経営者の場合は、初手からインターネットやそれに関わるヒトやモノを全面否定しているので、このユビキタス時代になっても、二進も三進も動けぬ状態が続いている。気づけば、足元がユラユラと揺れ、周囲の競合他社との格差は想定外に拡がり、何十年も遅れをとっている。

 以下の記事は、「Clubhouse」で遭遇した会社代表者や個人事業主、その他。お陰で、青森、山形、奥秩父、京都、大阪、広島、熊本など、短期間に楽しい記事を書くことができた。その成果としては、弊社の情報発信力により、Google検索により、それも早期に上位に抽出されるようになったことである。

 この現象は以前から分かっていたが、これほどまで短期間にSEO効果が出るとは、予想していなかった。しかし、これが現実となれば、従来の情報発信力を更に磨きを掛けて、より精度の高い、信頼性のある武器として、少しでも社会貢献できるではなかろうかと、手前味噌ながら、ベクトル修正に傾注している次第。

<ディー・アンド・エルリサーチ社の事業形態>

(1)企業公式サイトリニューアル又は新構築(国内外)

(2)取材・記事・記事のPDF化(国内外)

(3)書籍出版(自叙伝や商品解説、社員教育副読本など)

(4)企業コンサル業務(国内)
・社員教育(民度アップと業務スキルアップ)
・幹部教育(総合マネジメントノウハウ)
・商品開発(総合的な商品開発プロジェクト)
・本業とネット事業とのジョイント(SNS&SEO対策などを含む)
・企業断捨離プロジェクト(無駄無理から完全脱却)
・企業の知名度アップ及びイメージアップ
・経営者お悩み相談
・その他、ご要望に沿ったコンサル業務

<実績>
全国グルメ関連協会特別顧問、専門学校顧問、大手ホテルや旅館、レストラン総合コンサル ほか多数

(5)講演(テーマはITなど、東京、大阪、滋賀など全国で講演)
 ※日本語、英語での講演も可能です。

▼お問い合わせ(以下のSNS上でお気軽にご相談ください)
・Facebook
https://www.facebook.com/chikaonishida.dandlLink
・Twitter
https://twitter.com/chikaonishidaLink
・Instagram
https://www.instagram.com/chikaonishida/Link


▼熊本(熊本ホテルキャッスル 脇宮盛久和食料理長)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1619190000Link
ARTICLE-00


▼熊本(熊本ホテルキャッスル 若き黒服たち)
 古舘真也さん、大津大輔さん、高宮遼太郎さん
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1622041200Link
ARTICLE-01


▼青森(トキあっぷる社・土岐彰寿さん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1619967600Link
ARTICLE-02


▼青森(トキあっぷる社・土岐彰寿さん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1621609200Link
ARTICLE-02-2


▼山形(麹のエキスパート・丸山里美さん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1617375600Link
ARTICLE-03


▼奥秩父(蜂蜜酒の工藤エレナさん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1613142000Link
ARTICLE-04


▼東京(ジャズシンガー・グレース美香さん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1617289200Link
ARTICLE-05


▼東京(元やじうまワイドキャスター・玉利かおるさん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1616252400Link
ARTICLE-06


▼大阪(鉄一凛・上田光子さん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1620831600Link
ARTICLE-07


▼広島(障害者卓球の指導者・Shoko Kishimotoさん)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1616511600Link
ARTICLE-11


▼熊本(熊本ホテルキャッスル 若き黒服)
 荒木拓実さん
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1622300400Link
ARTICLE-10



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/31 12:00 am

鯛のあら煮・・・

josui-3


 久しぶりの、鯛のあら煮。大好物の料理の一つだが、これはお土産に頂いたもの。早速持ち帰り、温めて食したところ、これほど大きな鯛のあら煮は久しぶり。あちこちに分厚い白身ととろとろのコラーゲンがある。白ごはんの上にのっけて食せば最高だろうと。

 残念ながらご飯を炊くことを忘れており、山形から頂き物の「生酒」を舐めながら、これ以上食べるところがないまで突きまくった。幼い頃、魚といえば、あれほどまでに逃げていた筆者であったが、今思えば、実に勿体ない年月を過ごしたものだと、反省しきりである。

 今まで、特に熊本において鯛のあら煮が旨かったという記憶を辿れば、上天草市の松島観光ホテル岬亭、熊本市の芳乃(十数年前に廃業)、そして熊本ホテルキャッスルのあら煮を思い出す。いずれも天然鯛が入手された時のあら煮であったので、甲乙付け難く旨かった。

 諄いようだが、本日の大失敗は、七城米(熊本県菊池市の極上米)を炊くのを忘れたこと。何ともそそっかしく慌てものだと、あら煮の完食後に一人苦笑いをしてしまった次第。それにしても、あら煮はよくできた料理だと、フードロスのない伝統的な和の文化なのだろうと・・・。(SDGs)


tai-arani



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/4/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp