The Rosetta Stone Blog

タグ » NIKON D600

機械ものは壊れる・・・

IMG_6563


 1週間ほど前のこと、電話中に左耳が急に熱くなったので、電話終了後にiPhoneを見たのだった。何と、表面液晶部分の上部が捲れ上がってきて、内部が覗き込めるほどに開いていたのだった。これは2年2ヶ月前に購入したiPhone5S(docomo)である。4年は壊れないと思い込み安心していたが、こんなに早くバッテリーが膨れ上がり、液晶部分が捲れるとは予期もしていなかった。

 もう1台のiPhone(SoftBank)も3年以上経っているので、同じような現象が起こると業務に支障があると思い、SoftBankのショップへ行ってiPhone 6Sに、更に、ドコモショップへ行ってiPhone SEに交換することにした。正直言って、携帯ショップに行くのは、時間の無駄でもあり大嫌いなのだが、仕方なく2日ほど無駄な労力と経費、時間を費やすことになった。

 現在のスマホは、10万円前後。それが2年程度で壊れては、ちょっと考え込んでしまう。毎月の契約料も含めて、10万円のスマホを2年縛りで購入すると、1年間に20万円ほどが吹っ飛んで行く。仕事柄、2台を保有しているので、40万円もの通信費を負担せざるを得ない。これでは、国内の通信キャリア数社が儲かるばかりで、消費者への負担は一方的なものとして、通信費の見直しなど、国からの指導をより強力にすべきではないかと思った次第。

 パソコンでも、今は10万円〜20万円ほどで購入出来る。大切に使っていると5年ほどは十分に動くのだが、それを考えるだけでも、携帯電話の商売が一番儲かる仕組みとなっていることに対して、国の指導が弱いのは如何なものかと・・・カルテルでも?と疑ってしまうのである。

 そうしている内に、テーブルに置いていた3台の一眼レフの1台NIKON D600(フルサイズ機)が、テーブルから落っこちてしまった。勿論、原因は筆者にある。テーブルに足を置いて、ちょっと居眠りをしていた時、足が1台のカメラストラップに掛かり、その勢いで、重い1眼レフカメラが軽々と放物線を描いて、すっ飛んで行った。ガツンと何か嫌なことがした。思った通り、ミラー部分が半開きの状態となって、撮影不能となってしまったのだ。

 以前、同じようにNIKON D800を落としたことが2度あるけれども、流石に頑丈に作ってあるのか、それは今も元気いっぱいに活躍してくれている。砂塵にも強く、防滴なので、砂漠でも水辺でも温泉でも問題なく撮影できる強者である。しかし、D600は元々曰く因縁の商品のようで、発表まもなくリコールがあり、すぐにD610が出たので、なるほどと頷いてしまった。

 機械ものは、特に精密機器は、よほど慎重に取り扱わなければ、簡単に壊れてしまう。だから、壊れるのを覚悟で、サブ機を数台もつ必要があるのだが、精密機械であるからこそ、カメラの取り扱いは用心すべきだったと反省している。よって、近場のカメラ専門店にD600を預け、修理をすることにしたのだった。下手すると数週間は戻って来なさそうな・・・。

 機械ものの良さは、壊れても修理ができたり、古くなり動かなくなっても、それに見合う新しいものを購入することができる。しかしながら、デジタル時代となり、デジタルデータを壊したり紛失してしまうのが、一番ショックが大きい。それは、復元不能となった場合、どんなに札束を積んだとしても、データは蘇ることがない。よって、バックアップを常に行う癖をつけなければならないと言うことだ。

 今回、次から次に起こった機械ものの故障や不具合。・・・かなりショックも大きく、無駄な労力に疲れもあった。ただ、常にサブ機を保有し、仕事に支障がないようにしていたので、それはそれとして、普段の慎重さが功を奏したような気がしてならない。


IMG_6565


IMG_6570


DFD_6652



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/28 12:00 am

旧細川刑部邸に再挑戦!

800_7443


 昨日、旧細川刑部邸の撮影に足を運んだ。これは、先般、晴天の中撮影したものの、風情も何もあったものではなかったので、そのリベンジとなった。

 今回も、同様に夕刻近くに邸内に入り、大名屋敷の中まで廻ることに・・・。以前は撮影不可のような話だったけれども、今回打診してみると、ノーフラッシュであれば大丈夫である旨を告げられ、喜び勇んで邸内を散策した次第。

 年配女性が一人で三脚を立てて撮影しているところに遭遇。「今年は紅葉はダメのようですね!」とこちらを見て話してくれた。ちなみにCANONユーザーで、ファインダーを何度も覗き込んで、構図を考えていたようだ。

 一廻りする中で印象深かったのは、手水鉢や茶室(入室禁止)、書院、台所など・・・流石に当時の大名屋敷。現在の我わらの自宅とは大違い。広大な敷地に、建ぺい率も気にせず、威風堂々とした和の建造物を楽しませていただいた。

 もちろん、入園料は例の「to城pass(とじょうパス/千円で1年間有効/熊本城および旧細川刑部邸共通パス)を使用。すんなり出入りができるのが心地よかった。

800_7449


800_7464


800_7477


800_7498


800_7519


800_7540


800_7560


800_7573


800_7576


800_7590


800_7598


800_7600



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/1 01:26 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp