ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » Greece

Obscura Photo Clubの会員紹介(8)

▼Dr.Sofia Pappa

SofiaPappa


 本日が「Obscura Photo Club」メンバーの8人目の紹介となる。今回は、Dr.Sofia Pappa(ギリシャ アテネ在住)。彼女は女医であり、現在、世界的な新型コロナウイルス感染により、大変多忙極まりない日々を送っている。

 彼女とコミュニケーションを交わすようになったのは、とても親日家であることも理由の一つだが、今年の春に、同フォトクラブに属していたMr. Ntemos Nikolaosの病死(彼の死)を、彼女がいち早く知らせてくれた人だった。

 Mr. Ntemos Nikolaosは、同クラブのFacebookグループに毎日のように現れ、心温まる写真をアップロードするばかりでなく、皆の写真を一つ一つ閲覧し、「いいね!」を付けてくれていた。彼はとても素敵なジェントルマンであった。

 彼の突然の死は、私にとって、とても辛いことであり、当時、彼の娘さんからお礼のメッセージを頂き、涙したことを思い出す。因みに、彼の娘さんは女優でもあり、メッセージの端々に、彼女の自慢のお父さんであったことが滲み出ていた。

 上記のように、Dr.Sofia Pappaは医者として、人の命の尊さを常として、死への悲しみは人一倍だろうと推察する。しかし、Dr.Sofia PappaのFacebookタイムラインを拝見すると、マイクを片手に歌う姿がとても愛らしく、元気一杯の淑女である。

 「Obscura Photo Club」メンバーは、6割ほどを外国人のプロまたはアマチュア写真家が占めている。よって、私たちは、コロナ禍の中、海外旅行をこのFacebookグループの中でバーチャルに実現できるところが有難い。

 特に、同グループにはギリシャの方々が多く参加しているので、会員たちはパルテノン神殿やその他遺跡、そしてエメラルドグリーンの海など、色鮮やかな作品を多く見ることができるのである。

 最後に、残念ながら故人となったMr. Ntemos Nikolaosと娘さんの詳細については、後日、再びご紹介しようと考えている。

Google翻訳で多国語に翻訳されることを想定して、上記の日本語記述が、やや歪になっていることをご了承ください。


SofiaPappa-1


▼Rome, Italy (August 2020)
SofiaPappa-4


▼Lake of Vouliagmeni by night, Athens (September 2020)
SofiaPappa-3


▼Thimari Sounion, Athens (June 2020)
SofiaPappa-5



▼Mr. Ntemos Nikolaos(故人)
MrNtemosNikolaos


https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/permalink/1290575271132738Link

◎Obscura Photo Club公式Facebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.club/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/1 12:00 am

Poem by Ms.Vivi Georgaka・・・

▼Ms.Vivi Georgaka(元弁護士、作家、詩人)

poet_Vivi


 先日ご紹介した、「Obscura Photo Club」メンバーのVivi女史(ギリシャ アテネ在住)が、彼女の思いを「ポエム」にしてくれた。筆者は英語は問題ないが、ギリシャ語は全く読めない。

 筆者はGoogleのトランスレーターに頼らざるを得ない。しかし、ギリシャ語から日本語変換よりも、英語変換の方が理解できると考え、Googleを試したのだった。予想通り、日本語訳よりも分かり易かった。

 それから間も無く、彼女から英文に訳した「ポエム」が送られてきたので、Google翻訳とはニュアンスが全く異なる箇所が多く、まだまだGoogle翻訳には限界があることに気付かされたのであった。

 海外の方から、わざわざ「ポエム」を頂くのは、とても光栄なこと。写真家として力不足の筆者にとっては恥ずかしいばかりだが(筆者の本職はIT戦略家)、民度高きお方の言霊は、人生の糧にもなり、勇気づけられる。

 弁護士から転じて作家、詩人となったVivi女史。彼女がFacebook上にアップしてくれた「 ポエム 日本の写真家」。筆者には勿体無いほどの「ポエム」である。この場をお借りして、心から感謝の意を表したい。

 コロナ禍が落ち着き、Vivi女史とご主人お二人で日本に来られることがあれば、日本の歴史と文化を彼女たちに堪能いただけるよう、エスコートしたいと考える。


▼以下は、Vivi女史のポエムとFacebookタイムラインにアップされた筆者写真イラスト
photographer


PHOTOGRAPHERS IN JAPAN

Τη μακρινή Ιαπωνία
θυμάμαι συχνά,
τους καινούριους φίλους
με τις φωτογραφικές μηχανές
να αποθανατίζουν άνθη,
φυτά, πετούμενα, κάστρα.
Είναι σε απόσταση τόση,
αλλά συνάμα κοντά μου.
Κάθε φορά, που αντικρίζω
το κόκκινο, το πράσινο,
το κίτρινο του φθινοπώρου,
θαρρείς θα τους συναντήσω.
Εκείνους, που η τύχη ποτέ,
πρόσωπο με πρόσωπο,
δε σχεδιάζει να μας γνωρίσει,
μέσα στην πανδημία
αναπολώ με ζεστασιά,
φως και νοσταλγία.
Ακόμη και στις δύσκολες
μέρες που έγκλειστοι ζούμε,
η ιδέα ότι στη χώρα
του ανατέλλοντος ηλίου
οι φακοί αναβοσβήνουν
μου δίνει χαρά.

ΒΙΒΗ ΓΕΩΡΓΆΚΑ

▼English language


PHOTOGRAPHERS IN JAPAN

I often remember you,
distant Japan,
my new friends
with photograph cameras
to shoot flowers,
plants, birds and castles.
How much distance,
but so near to my heart.
Every time I see
red color, green
or fall yellow
I feel my friends are here.
All them that never
-face to face -
I'll have the luck to meet,
in the middle of pandimia
I recolle their pictures
again and again.
Even in these long days
where we stay in lockdown
the idea that in land
of the rising sun
the friends take beautiful images
make me really happy.

Vivi Georgaka


ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp