ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 老害

政治迷走、コロナ爆発、日本沈没・・・

▼記事と写真は関係ありません。
 真鯛のポワレ(熊本ホテルキャッスル)

MADAI-001


 将棋の世界では「悪手」という言葉をよく耳にする。今の政権中枢の動きを見ていると、その「悪手」が溢れるほどに多い。何か突かれれば、苦し紛れの言い訳をするが、間違いを正す事なく、プロセスを無視して、強引に身勝手な結論づけをする政治屋が多い。

 叩き上げの宰相とか、エキスパートのみを大臣起用とか、三尺大玉を打ち上げた割には、切れ味の悪い、言い訳だらけの、辻褄合わせばかりであることを、誰しも気づいているはずである。長すぎる独裁の行き着く先は、ウォーキング・デッドの世界。先ずは、老害の大掃除が一番。

 民間企業も同じことが言える。雇われ社長であるのに、何十年もその座に君臨(唯我独尊)し、企業カラーを土色に塗りかえてしまった経営者も多い。グローバルスタンダードを無視し、超ローカルスタンダードにて、信頼なき組織化へ迷走暴走し、低民度の企業に成り下がる。

 国政も基礎自治体も企業も皆同じこと。「首」の力量、性格、癖、人格、人脈により、一瞬間で企業カラーが濁ることになる。近年を振り返れば、「大嘘」が罷り通る政権中枢とは何ぞや?無味乾燥なる国会答弁や質疑応答。質の悪い紙芝居のようで、単なる茶番に過ぎない。

 クリーンで、花があり、グローバルに通用する、キレる国会議員がどれほどいるのだろうか。当選後に適性検査や能力試験を行う必要がありはしないか。失言を突かれると、先ずは言い訳。言い訳のネタが切れると、心ない謝罪だけで収束を図る。政治の構造的限界が見え隠れする。

 特に、この老害を完全にアルコール消毒しなければ、期待される若手議員が活躍できる場が、猫の額のように狭く、表に出ることもない。実に勿体ない話だが、今が若手にとっては蜂起する最高のタイミングである。当落を気にする前に、土壌汚染を食い止めなければならない。

 国会議員というものは、落選すれば只の人のように揶揄する人もいるが、そうは思わない。志高く、国のため、国民のために粉骨精神に頑張っている政治家も沢山いるはずだ。目の前の既得権益に泳がされるから、本物の政治家が当選しない。よって、投票する我々が、悪政の元凶なのかも知れない。

 蛇足ながら、政権中枢において、どうも、「さすが!」と信頼できる「首」はいない。更に、「あ、そうなんですね!?」と国民目線で紳士な政治家は皆無。飯田丸五階櫓のように高すぎる櫓は、地震で崩壊。かと言って、二〜三階ではしょぼすぎて、日本沈没を引き起こし海面下へ。

 今の日本政府が耕す田んぼは、既に荒れ果てて、土壌が複合汚染を起こし、瀕死の状態だ。よって、向こう岸の田んぼの方が、ずっと、若々しく新鮮で、瑞々しく美味しい野菜が育つのではなかろうか!?日本を狭苦しい島に仕立てた現政権。もっと、広々と美しい島にしなければならない。


▼ステーキサラダ(熊本ホテルキャッスル)
STEAK-001



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/29 12:00 am

若者ほど覚醒が早く、前に進む。

DFD_0275


 「ヒューマンウェア」の再構築に向けて動く中、僅か2ヶ月で見えてきた兆候とは!?

 「ヒューマンウェア」という概念のない企業では、若者の「正論」が通らぬことが多く、新人への「示唆・指摘」も肯けない。所謂、「職位の濫用」ありきで、スポンジのように吸い込み「進化」する若者の「覚醒」を遮断している傾向が強い。

 昔から、「今の若者は・・・!」と見下すばかりで、若者を押し潰してしまう老体や中間管理職がほとんどである。そこで、問いたい。「では、貴方たちは、今の若者と同世代の時はどうだったのか!?」と。

 果たして、採用時点から頭角を現し、即座に企業を支える大黒柱になった人間は、皆無に等しいはずである。どんなに創業家の孫であっても、下積みを体験させて、海外へ目を開かせ、じわじわと育ってきた人間ばかりである。

 そこで「今の若者は・・・!」を目を吊り上げ、拳を上げて、若者を恫喝する姿は、どう欲目で見ても「称賛のマネジメント」とは言えず、見ている方が恥ずかしいほどの「醜態」に過ぎないのである。

 ピンポイントの小言で若者のリズムを掻き乱す者もいれば、忖度ばかりに傾注し己の仕事を放棄している者もいる。そのような夢なき環境下では、若者が正しく育つはずがない。

 しかし、現在、目の前にいる若者の目は、2ヶ月前と違い、黒くキラキラと光っている。口調も随分落ち着きが出て、本音を語るようになってきた。更に、一つ一つの事案についても、真摯に受け止め、「最高のオポチュニティ」として捉えるようになった。

 僅か2ヶ月間で、この「覚醒」である。しかし、老体やら中間管理職のほとんどは、この「覚醒」にさえもついて来れない。ただ、「以前から踏襲しているもので十分だろう!」と、勘違い、履き違えの連続となるばかりだ。

 若者ほど「覚醒」が早く、前に進めるものである。よって、「ヒューマンウェア」の再構築は、企業にとって、一番の命綱であることを認識してもらいたいものである。


DFD_0264


DFD_0238


DFD_0259


DFD_0297



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/16 11:48 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp