ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 精進料理

日輪寺の紅葉・・・

▼日輪寺の楼門(内側からの景色)

800_8111


 久しぶりに足を運ぶ、紅葉の日輪寺(熊本県山鹿市)。同寺は1400年の歴史ある曹洞宗のお寺さんである。平安時代(940年)に国司 藤原隆房により天台宗として開山され、鎌倉時代(1316年)に菊池氏により曹洞宗の寺として再興されたという。

 紅葉のシーズンは、普茶料理「南無(なあむ)」を背景に庭を撮影すれば、写真下のように素敵な写真が撮れる。春は約45000株のツツジ、そして約200本の桜が一面を覆い尽くし、県内外から足を運び入れる家族連れや観光客は、思いの外多い。

 また、赤穂浪士十七義士遺髪塔(大石内蔵助を含む四十七義士の内、十七名の遺髪を納めた塔)の存在も忘れてはならない。「南無」左手の石段を登れば、全長30mの巨大仏像「おびんずるさま」が眼前に出現し、都会の喧騒とは全く異次元の世界となる。

 因みに、熊本市の旧細川刑部邸でも、本日から12月6日まで臨時開園(熊本地震以来、通常は閉園している)し、夜も午後9時まで庭園内のライトアップされた紅葉が楽しめる。


▼日輪寺の楼門
800_8039


▼赤穂浪士十七義士遺髪塔
800_8094


800_8044


▼普茶料理「南無(なあむ)」
800_8144


800_8121


▼旧細川刑部邸の庭園(本日から臨時開園)
D85_1757


D85_1771



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/20 12:00 am

無念の一語に尽きる・・・

▼写真下は、一人前の霊巌寺普茶料理(当時5000円/2009年撮影)
reiganji


 八女茶発祥の地として知られる霊巌寺(れいがんじ)。同寺は福岡県八女郡黒木町笠原の山林に囲まれたところにあり、普茶料理でも有名な食事処。自称グルメ通の筆者にとっては、京都の天龍寺に勝るとも劣らなぬ普茶料理のお寺さんとして、すこぶるお気に入りだった。今まで、数回は足を運び、その普茶料理を堪能している。

 三十三年ほど前(新聞社時代)に初めて訪れ、自然てんこ盛りの優しい普茶料理に感銘を受けたのであった。豪雨が続く昨今、甚大な被害が出ている福岡県や大分県の情報を知り、同寺や女将さんことが気になり、唐突に電話をしたのだった。(五年前の大水害の時にも安否確認の電話をしている)

 電話先の息子さん(現在の種田明道住職)にお母様のことを尋ねると、残念ながら昨年他界されたとのこと。言葉を失ってしまった。無念の一語に尽きる。最後にお会いしたのは2009年(料理写真を撮影した時)で、当時、筆者が引率したロゼッタストーン異業種交流会のメンバーを、心から世話をしていただいた女将の笑顔を思い出される。

 実は、全国各地に多くのファンを持つ同寺の「普茶料理」だが、昨年、お母様が他界されてからは休止しているとのことであった。手間暇のかかる普茶料理だけれども、何とか近い内に再開していただければと、切に願うばかりである。ちなみに、住職によれば、再開を目指して試行錯誤しているとのことだったので、正直、ほっとした。

 ふと気付いたのであるが、以前、NHK連続テレビ小説「ほんまもん(放送期間:2001年~2002年)」の主人公のモデルとなった、かの有名な故 村瀬明道尼(月心寺)の法名が、偶然にも、霊巌寺の息子さんと同じ「明道」であることに、何か不思議な気持ちとなった。・・・何かのご縁なのだろうか!?

 ※月心寺も、同じく、三十三年ほど前(新聞社時代)に足を運び、酒の一升瓶を片手にした村瀬明道尼を前に、見事な普茶料理を食したことがある。


【霊巌寺】福岡県八女郡黒木町笠原

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/10 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp