The Rosetta Stone Blog

タグ » 箏

名玉に魅せられて・・・

▼左から、Dfに装着したCarl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2、Sigma 35mm F1.4 DG HSM Art、50mm F1.4 DG HSM Art
D80_6432


 カメラに心を奪われて何年経つのだろうか!?・・・フィルム時代から随分月日が流れたようだ。

 初めて、本格的な一眼レフのデジカメに遭ったのは1999年。NIKON D1を見て、直ぐに購入したことがあった。当時、ズームレンズ付きで84万円ほどしたような・・・。

 最近では、NIKON D800やDfを取材に使ってはいるものの、段々と、レンズ・・・所謂、名玉がチラチラ頭を過るようになってきた。

 カメラ本体の能力、性能も1999年頃と比較すると、雲泥の差。しかし、カメラがどんなに高額で高機能であろうが、最終的にはレンズが「命」となってくる訳だ。

 仕事柄、そこまで超望遠レンズを使用することはないが、超広角や標準、そしてマクロは必須となってくる。・・・しかし、名玉となれば、なかなか簡単に手が出る価格帯ではないので、いつも指をくわえて、素通りしてしまう筆者であった。

 ここ数ヶ月で力を入れているのは、ポートレートやイベント、コンサートの動く人間を追っての撮影が多い。日々進化の度合いが小さな自分の尻を叩きながら、一つ一つの取材で反省点をメモしながら、次の取材の期待感を強めるのである。

 今回、名玉と一言で言えるかどうか分からないけれども、3つのレンズを入手した。以下の通り。

1)Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2
2)Sigma 35mm F1.4 DG HSM Art
3)Sigma 50mm F1.4 DG HSM Art

 まだ試し撮りは十分にしていないけれども、特に、1)のレンズは・・・とんでもない表現力と色乗りで、一瞬にして腰を抜かした次第。

 明日以降に、Sigma Artラインの、50mmと35mmを実験しながら、どのように取材に活用するかを試してみようと・・・。

 しかし、名玉を追い求め始めると、キリがない。しかし、撮影する被写体への期待を考えれば当然の事であろうかと思った次第。


▼Carl Zeiss Distagon T* 2/28 ZF.2で撮影した、Sigmaのレンズ2本
DSC_8331


▼従来の取材用レンズとカメラ(iPhoneで撮影)
2015-03-20000743


▼NIKON D800+Sigma 50mm f1.4
DSC_8050


▼料理(NIKKOR 55mm Micro old lensを使用)
DSC_7098



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/3/30 05:50 am

美しい形の箏奏者・・・

DSC_0261


 剣道でも、柔道でも、更には箏やギターでも、構えを見るだけで、どれほどの実力か大凡予想がつく。形(かた)が極まっている人は、上級クラスの有段者に違いない。

 最近、箏の奏者を見て感じたことだが、姿勢・・・線の美しさが、人の心を魅了する音色を奏でるのではないかと・・・。指先まで奏者の心が行き届き、更に、その指先の先の空間にまで美しい線が伸び、その力を感じる。

 今回、ご紹介するのは、蓑田由美子師範(宮城社)の形である。先般、邦楽に精通している或る方が、「私が見てきた中で、熊本県内で一番美しい姿勢で箏を奏でる方ですね!」と。

 同師範の取材は・・・今年になって、1月13日、1月31日、2月23日、そして先日の3月8日と、かなり密度の高い取材となっている。これは同師範との約束で、筆者が時間のある限り取材(邦楽・・・日本伝統文化伝承の為の取材)を行っているが、横槍やら、誹謗、妙な噂やらがチラつき、なかなか納得の行く取材はできていない。

 特に、プライベートコンサート(入場料無料・コーヒーと菓子を準備)では、同師範から演奏中の撮影を依頼されていたにも関わらず、「シャッター音が鳥のさえずりなら良いのだが。」と、Facebook上で皮肉たっぷりの呟きをした人物も居た。また、ネット上で記事としてアップすると、「写真がバンバン上がってきて、皆、彼女の写真ばかり!」と、筆者の仕事にケチをつける無神経な人物も居る。

 筆者がプロとして集中して取材や制作をすれば、それはそれなりにネット上では露出度が急にアップするのは当然の事。それが筆者の仕事でもあり、十八番(おはこ)な訳で、それに素人軍団からケチを付けられる筋合いはない。

 数年前に、ある高級レストランを8ヶ月間で11回足を運び、88品の料理(自腹で交通費や宿泊費などを含めると、数十万円を支払っている)を紹介する記事を連載した結果、そのシェフが「お陰様で、お客さんが急増して、前年比15%売り上げがアップしました!」と感謝してくれたことがあった。

 まあ、人の立場や考え方、受け止め方など千差万別。されど、人様の仕事に矛先を向ける人たちの心が、正直理解できない筆者が居る。・・・例えば、マンホールの中で清掃をしている人が居るのに、強引にマンホールの蓋をするようなものだ。(業務妨害の臭いが強い)

 よって、これ以上、外野席から根拠のない誹謗や揶揄が続くのであれば、一旦取材を止めて、邪魔の入らぬ環境下で取材ができるような工夫をせざるを得なくなってしまう。・・・無思慮な方々の「排他的言動」については、すこぶる違和感を持ってしまうだけではなく、その稚拙さに情けなさを感じる今日この頃である。

 
▼蓑田由美子 六段の調

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/3/11 04:33 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp