ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 社会保障が杜撰な国

貧乏国となった証・・・

▼記事と写真は関係ありません
<ダイニングキッチン九曜杏の新作>

lunch20210901-001


 コンビニに行けば、スタンダードの食パンなど、パサパサで風味も味もない。形は確かに食パンだが、どこまで粗悪な素材を使って作っているのか、首を傾げるばかりとなる。しかし、隣にはプレミアム食パンと書いた、値段の高い食パンが鎮座している。

 子供騙しじゃあるまいし、そこで2種類の食パンを置いて販売する必要があるのだろうか。昔々、或る政治家の「貧乏人は麦を食え」との爆弾発言を思い出した。何となく「質は最悪だが、値段が安いので、我慢して、麦と思って食ってくれ!」と言われているようだ。

 また、コンビニではここ数年間にPB(プライベートブランド)が急増している。飲料水にしても、おかき、煎餅、クッキーなど、PBは中途半端な味付けにて、形や味は確かにオリジナルブランドに酷似しているものの、全商品の絶対量がスカスカで味も薄い。

 消費者としては、PBを安かろう、不味かろう、似てるだろうで販売されると、これもまた、小馬鹿にされている商品をぶら下げられているように思え、気持ち良いものではない。確かに、洋菓子のプレミアムPBは味はまあまあであるが、どこかに手抜きを感じるのである。

 食品は人の口に入れるものなので、衛生面は絶対的なものである。従って、本物をしっかりとリーズナブルに販売する創意工夫があっても宜しかろうと。思い起こせば、昭和の時代は偽物が多く流通していても、消費者は安ければ文句は言わないと、馬鹿にされていたに違いない。

 偽装が多いこと多いこと。牛肉偽装だったり、食材の使い回しだったり、トレーサビリティーなんぞ、何処吹く風である。思いの外、粗悪品が溢れていた。タラバガニを注文しても、アブラガニを送って利鞘を得る悪徳商法も摘発された。日本人が日本人を騙して商売している。

 最近は、野菜やその他食材の高騰で、街場のレストランなどでは、コロナ禍の営業時間短縮制限と、ダブルパンチを喰らっている。コロナ禍相乗り商法により、何でもかんでもコロナのせいにして、知れっと値段だけはしっかりと釣り上げをやっている悪徳業者も多い。

 コロナ禍でも利鞘で儲けようとする分、その食材を使うレストランは、当然の如く各料理の値段を引き上げざるを得なくなり、負のスパイラルに陥ってしまう。結局は、消費者の財布に負担を求められ、エンゲル係数は雲を突き抜ける勢いとなってしまうのだ。

 経済大国第2位だった日本国。今は、そのイケイケドンドンの姿を見かける事が無くなった。高齢化が加速度を上げ、早期高齢となった者へは、高額年金が支払われている。いつの間にやら、現在、バブル期の年金と比較すれば半額となっている。実に、馬鹿げている。

 社会保障が杜撰な日本。貧富の差は天と地。中間層という言葉さえ消え去ってしまった。ほとんどの国民は、悪政により経済的に疲弊しきっている。本当に貧乏国になったものだと、愕然とする次第。今や、高度経済成長の波に乗っていた日本を知らぬ人が大半を占めるようになってきた。

 くわばら、くわばら。


<今週のパスタランチ>若手シェフが考案したもの
lunch20210901-002


▼バブルを思い起こさせるボトルが目の前に
lunch20210901-003



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/2 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp