ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 瓦礫の山

地震前の熊本城周辺・・・

▼熊本城十八間櫓
DF1_0045


 写真の整理をしていると、数百年ぶりに熊本を襲った大地震(2016年4月14日、16日)前の、同年1月13日に撮影した十八間櫓付近の写真が出て来た。

 現在、熊本城は各所で復興工事が進められているが、十八間櫓は石垣部分が少しずつ積み重ねられているものの、以前の櫓部分は何もない状態である。

 写真群の撮影から2年近くも経った訳だが、地震後すぐに目に入って来たのが、熊本大神宮の押しつぶされた社務所と崩れ落ちたこの十八間櫓であった。

 筆者も水なし、ガスなしの日々に押しつぶされそうになったけれども、多くの方々の支援物資により、命を永らえることができた。しかし、そのショックよりも、十八間櫓付近にゴロゴロと崩れ去った石垣や櫓の瓦礫など、目を疑うような光景がよりショックであった。

 特に、写真下は熊本地震のちょうど3ヶ月前に、十八間櫓の石垣に跨って反り具合を写しているものだが、万が一、大地震の瞬間にその場に居たとしたら、即死の状態であったろうと・・・考えてみるだけでも戦慄が走る。

 3ヶ月間もズレがあるから良さそうだが、それが数秒のズレだったとしたら・・・いや、考えるだけでも鳥肌が立つ。写真上の左下に二人の人たちが歩いているのが見える。十八間櫓の高さが実感できるのではなかろうか。それが、総崩れしたのである。

 2年前は、毎日のように熊本城内を散策し、石段を登りながら汗をかきかき撮影していた。今ではほんの一部しか取材ができないのが、実に残念無念。最近、大地震を古傷のように感じるようになったので、ある程度、平穏無事なる時が戻ったように思えるものの、早く城郭全体を歩き回りたいと・・・。


▼十八間櫓の石垣を跨ぎ、反りを撮る様子。
S__70008912


▼上の状態で撮影したもの
DF1_0712


▼熊本大神宮の潰された社務所(後ろが社務所、手前が本殿)
800_2653


▼崩壊した十八間櫓と監視員
800_0021


▼二の丸公園より大天守方面を撮影している様子(右手の櫓は戌亥櫓)
S__70017047



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/29 02:51 am

セキュリティレベルを超弩級に!

▼豪雨後の菊池川中流域(山鹿大橋方面)7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4855





 今回の台風3号通過後の豪雨は、九州北部(福岡県、大分県、熊本県)を中心に、甚大な被害をもたらした。地震、台風、そして豪雨。災害大国である日本に生まれたからには、それは宿命以外何物でもない。大自然にとって人とは、小さな蟻と同然の扱いなのかと、大自然に対する恐怖心が募る一方、何とか大災害を防ぐ秘策はないものかと、苛立ってしまう。

 昔々の話・・・治水事業において、武田信玄や加藤清正は神的存在である。当時(〜約四百年前)は温暖化の影響もなく、今回のような戦慄を覚えるほどの危険な雨が降ることはなかったろうと。テレビに映し出される土砂崩れや大洪水の惨状を見て、いよいよ災害に対するセキュリティレベルを超弩級に上げ、心安らぐ地域づくりの為に、現代版信玄&清正の秘策を講じなければならない。

 今回の豪雨で川が濁流となり氾濫し、平穏な人家や田畑を押し潰して行く光景に目を逸らしてしまう。現代版の将棋頭、十六石、信玄堤、鼻ぐり井手など、どんな秘策があるのか?勿論、パッチワークやピンポイントではなく、しっかりと災害可能性の高い地域のセキュリティ対策について動かねばならない。各地ではコンパクトシティ構想を掲げる自治体も多いが、これからは最大限、安心安全な都市構想を実現する一方、周辺(田舎)も災害に強い災害予防型地域再開発に取り組んでもらいたい。


▼豪雨後の菊池川中流域 7月7日午後3時55分頃撮影
D75_4866




▼取材風景
D60_9116



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/8 12:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp