ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 死期

終焉を迎える心準備・・・

DSC_1319


 今月に入り、近しい友人の父親が、お二人も逝去された。度重なる不幸に、心を痛めてしまう。ご冥福を祈るばかりである。・・・自分の年齢が五十代ともなれば、致し方のないことなのかも知れないが、私も二年前に父親を亡くし、相当落ち込んだ事を想い出すばかりであった。

 その父親を亡くした一人の友人からのメッセージの中に、「西田さんの気持ちが、いくらか分かるような気がします。」との一節があった。短いフレーズであるが、家族を亡くした辛い気持ちは、何にも例えようもない。ただ、ひたすら、現実を直視して、踏ん張るしかない。

 また、人の死というものは、関わり合いが深くとも、浅くとも、すこぶる辛い。多分、それに直面した方々は、故人の生前との語らいの中で、笑顔ばかりを想い出すのではなかろうか。時間を巻き戻す事が可能であれば、少しでも戻してあげて、生前に話しておきたい事などを、沢山語り掛けるに違いない。

 写真は、以前、水前寺成趣園で撮影した家族連れのスナップ写真である。勿論、他人なので顔を暈してアップしているが、このような一つ一つの瞬間が、心に良き想い出として刻まれて行く。それが、歳月が経つにつれ、一人が居なくなり、そこに新しい生命が宿り一人が増えようが、また、一人がこの世を去って行く。

 幼い頃を思い起こせば、僅かな秒単位の想い出がランダムに浮かんでくる。それほど、想い出というものは瞬間的な紙芝居のようで、その記憶も次第次第に薄れて行き、自分自身が終焉に近づけば近づくほど、最近の記憶が飛んでしまい、数十年前の色濃く刻まれた記憶だけが、走馬灯のように見え隠れるするのだろうと・・・。

 これは私の体験であるけれども、父が急死する一ヶ月ほど前の言葉がとても印象的だった。「もう生き甲斐を感じなくなった。」と呟いていたのである。体調管理は万全の父であったが、たまに意味不明の言葉を吐いたりして、気力が弱まってきていたのだった。多分、自分の死期を予期していたのかも知れない。ただ、急に転げたり、突発的に意味不明の言葉を発し始めたら、赤信号だということを、その時に知った。

 個人的な話になり大変申し訳ないが、死期は、遅かれ早かれ、誰にも訪れるもの。そこでしっかりと踏ん張れる心を、予め準備しておく必要があると・・・。今更ながらに、父を亡くした瞬間の自分の浮き足立った事を、情けないが、想い出してしまうのである。


【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/12 10:16 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp