The Rosetta Stone Blog

タグ » 書籍出版

創立25周年を迎えて・・・

chikao


創立25周年を迎えて・・・

1990年10月1日は、我が社(ディー・アンド・エルリサーチ株式会社)が、マルチメディアオフィスとして立ち上がった、記念すべき日である。

新聞社時代に培った、「企画力」と「機動力」、そして「マルチメディア」を旗印に、当時のオフィスの中は、すべてApple社のMacintoshで埋め尽くされ、1991年に本格的CGシミュレーション&アニメーション事業、1995年にインターネット事業、2006年にiTunes番組制作、2007年に仮想現実世界Secondlife、2010年にUstream番組制作などに着手。次から次へと押し寄せる新たなメディアの波を掻き分けて、果敢に攻めてきた感がある。

特に思い出深いのは、辣腕関西テレビプロデューサー 苧木晃氏(故人)との出逢い。1991年のことだったが、それを機に、関西テレビをはじめ、NHK衛星放送や地方NHK局、更には東海テレビ、テレビ新広島、愛媛テレビ、九州朝日放送など、全国のテレビ局の人気番組タイトルCGを手掛けることになった。

当時、東京有楽町の映画館で観た「ターミネータ II」に触発され、九州初のシリコングラフィックスのスーパーマシンを2基導入。熊本県の九州新幹線誘致コマーシャル、熊本県山鹿市の装飾古墳「チブサン古墳」の羨道、玄室、装飾壁画の再現シミュレーション動画などは、記憶に深く刻まれている。

瞑想にふけていると、この25年間が走馬灯のように蘇り、当時世話になった方々や完成した制作物、番組中のパーソナリティの語りなど、すべてが一瞬の内に頭の中から飛び出してくる。そして、皆、くしゃくしゃ、満面の笑み。何かに突き進んでいる、生き生きとした動きのある映像である。

25年という歳月は、長いようで実に短い。あっという間の出来事なのだが、その時空の流れの中で、多く存在していたはずの家族が、現在では全てこの世から消え去ってしまった。そう考えると、仕事に傾注するがあまり、猪突猛進にメディアを探究してきたことが、逆に虚しくなってくることもしばしばだ。

どんなに平常心を保ち、果敢に攻め入ろうが、突如、外的要因によって潰されたり凹んだり。また、凹んでいた時に、多くの方々の支え、助けにより、また、一気に浮上して行くなど、波乱万丈の世界をバタフライで泳いできているように思えて仕方がない。

四分の一世紀・・・正直なところ、後先考えず、失敗だらけの人生だった。残された時間は幾許もなさそうだが、本日を新たなスターティングポイントとして受け止め、25年の穴だらけのところを、完全にフラットに修復しながら、次世代クロスメディアの世界に再挑戦しようと・・・。

まだまだ続くであろう、苦難の道。人生とは、目の前に現れた僅か一人の人間によって、急変する時がある。勿論、好循環の話だが、それも、すこぶる信頼できる人の出現が、今まで修復できなかった心の凸凹を、見事に踏み固めてくれるのである。

創業26年目に入る本日・・・情熱メラメラの初心を思い起こし、周囲が満面の笑みに変わるよう、微力ではあるが、社会貢献を第一義に、最終コーナーを突っ走ろうかと決断した次第。皆様の強引なまでの後押しを期待して・・・。

平成27年10月1日
ディー・アンド・エルリサーチ株式会社
代表取締役社長 西田親生
http://www.dandl.co.jp/Link
※ポータルサイト「ロゼッタストーン」は今年で20周年


▼写真中・・・左上は、1990年創業時の写真
chikao1


▼写真下、当時の奈良尾町(長崎県上五島)トライアスロン主催(2枚)、チブサン古墳シミュレーション動画の寄贈(中原市長)、NTT熊本支店長との談笑(NTT熊本支店季刊誌)、山鹿灯籠祭り、先見塾天草ブランチ、山鹿市鹿本町取材風景。
chikao2


▼山鹿市鹿本町取材風景
chikao5


▼熊本城宇土櫓
castle


▼熊本ホテルキャッスル 会員制クラブ「エルドラード」
castle1


▼芝居小屋 八千代座(熊本県山鹿市)
yachiyoza


▼江津湖(熊本市)
ezu


▼ステーキハウス淀川にて
DSC_2530


▼熊本放送 当時の「夕方いちばん」収録風景
rkk


▼如水(西田親生書)
jyosui



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/1 03:53 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp