ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 普賢岳

半高山からの眺望・・・

▼写真左側の白煙が阿蘇中岳・右側の白い風車が西原村の風力発電機

800_7044


 季節の花々を撮影スポットとして利用している半高山(熊本県玉名郡玉東町)へ足を運び、頂上付近からの眺望を楽しんだ。

 空気は生憎霞んでいる。台風一過の澄んだ空気であればもっと鮮明に写せるのだろうが、一眼レフカメラは手持ちにて、阿蘇中岳の噴煙、西原村の風力発電機(阿蘇外輪山)、そして反対側の普賢岳(長崎県)の頂上付近を撮影した。

 思った通り、霞んでおり、全体が薄い磨りガラスを通して見ているようにしか写らない。装備は、古い一眼レフデジタルカメラのNikon D800とレンズはSigma 150-600mmの超望遠レンズである。

 流石に、半高山から阿蘇中岳直線距離で45キロメートルあるので、600mmでもそんなに大きくは捉えられない。DXフォーマットにて、35mm換算で900mmにて撮影を試みた。中岳の噴煙は写真の通り、真っ白だ。

 それから逆方向へ足を向け、有明海を挟んで鎮座している普賢岳(長崎県)の山頂付近を逆光にて1枚撮影。直線距離にして30キロ弱だろうか、全く絵になっていないが、山頂付近から7合目くらいに白煙が見えた。

 超望遠レンズでは野鳥を撮影することが多いけれども、このように山頂よりの眺望を撮影するのも面白いものである。


800_7016


800_7047


800_7025


▼西原村の風力発電機
800_7051


▼普賢岳(長崎県)
800_7034



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/11/6 12:00 am

モノクロームの世界・・・

D600-24-105-f4-6


 写真群は、少々前に撮影した有明海と普賢岳である。

 当時使用していたレンズはお気に入りであったが、或る日、行儀悪く、カウチに寝転んでカメラを弄っていた瞬間に、急にカメラが飛んで、フロアに落下したのだった。カメラ本体は無事だが、レンズの根元から折れてしまった。

 それ以来、お気に入りのレンズを再度手に入れることもなく、時折、昔撮影した写真を見ていると、ネットショップでポチりたくもなる訳だ。先日、1クリックで購入に至るけれども、最後のクリックの瞬間に、指が止まった。

 あれから数年が経つ。しかし、後継の次世代レンズが出て来ない。今も尚、現役のレンズでもあり、価格が落ちない様子。よって、ネットサーフにて、名玉たちを閲覧して我慢することに。しかし、惜しいことをしたものである。


D600-24-105-f4-4


D600-24-105-f4-7


D600-24-105-f4-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/13 04:09 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp