ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 日本庭園

旧細川刑部邸の野鳥たち

D60_7799


 旧細川刑部邸と言えば、私にとって、寒い冬の撮影会場といった印象を持つほど、今年の冬場に数多く登場した処の一つである。

 梅園に足を踏み入れると、梅の花々の姿はなく、咲き乱れる桜や馬酔木の花々にヒヨドリやメジロがぶら下がっていた。いよいよ春の訪れかと思えば、当然のごとく、4月はすぐそこに来ている。

 今回は600mmの超望遠レンズを装着し、邸内を一周したのだった。

 肉眼では捉えられない野鳥の小さな眼。キラリと光る眼は、実に可愛い。肉眼では捉えられないが、超望遠レンズは肉眼の世界を一変してしまうのである。

 例えば、メジロと呼ばれるほど、メジロの眼の縁は、しっかりとホワイトマジックで縁取ったように、真っ白な輪っかとなっている。英語での呼称も「Japanese white-eye」と、直訳的で分かりやすい。

 取材中に、にわかに冷たい風が吹き出した。一瞬、雨がぱらついたりで、天候は良いとは言えないが、この旧細川刑部邸には外国人観光客が次から次へと通り過ぎていった。思ったより、人気の観光スポットになっているようだ。


▼ヒヨドリ(Bulbul)
D60_7607


▼メジロ(Japanese white-eye)
D60_7681



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/3/24 01:12 am

白梅と取材ランチ&ディナー

▼今日の旧細川刑部邸の梅

ume


 数日前に白梅が開花したので、再び、その様子を伺い方々、撮影に行った。予想通りに白梅は随分開いている。ただ、紅梅は蕾がかなり膨らんできているものの、開花したものが一つもなかった。

 旧細川刑部邸の梅を取材したのは、今回が初めてとなる。先日はズームレンズで適当に撮影したが、今回はマクロレンズで撮影を試みた。しかし、花びらを柔らかく美しいボケで撮影したいが、なかなか思ったように光が拾えない。曇天になったり、急に光が眩しくなったりと。これという写真が撮れなかったのが、正直なところである。

 さて、明日は寒いが晴れるようだ。もっともっと、熊本の宝物を微力ながら露出せさたい。もっともっと、ご覧いただく方々に喜んで頂くために、写真に情報を添えてアップして行ければと・・・。熊本県観光立県の一助となれば、本望である

 蛇足だが、写真下は取材ランチ&ディナーである。腹ごしらえをしておかないと、撮影途中にボッとなってしまう。よって、今日はランチは熊本ラーメン(夢あかり)、ディナーはバルバリー鴨 バルサミコ酢のソース(熊本ホテルキャッスル)などで〆とした。


▼取材ランチ&ディナー(熊本ホテルキャッスル&夢あかり)
cuisine


▼撮影風景
NISHIDA



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp