ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山鹿灯籠まつり

在りし日の熊本城写真展 IIがスタート!

DF1_6055


 「在りし日の熊本城写真展 II(西田親生のミニ個展)」がスタートした!

 8月1日から31日まで、熊本県山鹿市九日町にある「やまが門前美術館」にて、筆者が震災前に撮影した熊本城(大天守、三櫓揃い踏み、飯田丸五階櫓)の作品三点を展示することになった。

 同店は福岡方面からのお客が多く、店に立ち寄ったお客の中で、「ハガキサイズの熊本城の写真3種類全部欲しい!」と言った人も居たとか居ないとか。(※同写真展の作品と同じハガキサイズの写真プレゼントは、お1人1枚となっている/先着150名)

 800年の歴史を誇る温泉町 山鹿市だが、今月15日、16日は、「日本の祭り」でも紹介された、九州でも有名な祭りの一つ「山鹿灯籠まつり」が開催される。

 勿論、同市内の旅館やホテルは満杯の状態であり、県内外からの観光客が、街中ぎゅうぎゅう詰めとなってしまう。昔の話だが、二日間で50万人を超えることもあったように記憶する。

 たまたま筆者の当時の実家は、千人灯籠踊りが開催されるメイン会場(山鹿市立山鹿小学校グラウンド)のすぐ目の前にあり、実家の二階から花火や千人灯籠踊りを寝転がりながら見ることができた。

 その時、玄関先がやけに煩いと思って、外に出てみると、庭に大勢の観光客が入り込み、「トイレを貸してください!」、「電話を貸してください!」と、・・・何だか、仮設観光案内所のようになっていたことを思い出す。


DF1_6065


DF1_6074


▼撮影風景
D60_4962



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/2 02:11 am

不動岩から八景水谷公園へ

▼不動岩(山鹿市)

fudoiwa


 今回の取材は、寒かった。雪が散らつき、風も強く、鼻先や耳は氷のように冷たく、カメラを持つ手もかじかんだ。

 取材に気が乗らなかったが、気合を入れ直して、数十年ぶりに山鹿市にある不動岩を目指した。幼い頃に、何度も遊びに行った思い出深いところでもある。展望所も完備されているので、現地での好天を願いつつ、狭い山道を縫うように走り、あっという間に、現地に到着。

 風も大きな奇岩や山が遮ってくれたのか、一瞬、風が止み、雲が切れて明るくなった。日向は気持ち良いほどの、ポカポカ。持参した28mm単焦点レンズと望遠レンズを取り出して、カメラ2台で撮影開始。

 奇岩を仰いで撮影したり、展望所から熊本市方面(熊本市ー山鹿市は、約24キロ)を望み、シャッターを押し続けた。不動岩の周囲は蜜柑の圃場となっており、また眼下には田畑が平地を埋め尽くしていた。この地域は美味しい米でも知られており、寒空の中ではあったが、緑の多さと空気の美味しさを満喫できる、隠れ観光名所だ。

 再び、スネイキーロードを降りて行き、熊本市へと。午後4時頃だったので、太陽の角度も丁度良い頃。定番となっている八景水谷公園へ行くことに・・・。あとは、シラサギくんへのご挨拶。十数枚の撮影を行い、帰途についたのだった。



▼水辺プラザ(山鹿市)で人気の「パン工房 かんぱ〜にゅ」のパン
bread


▼八景水谷公園(熊本市)
hakenomiya


▼取材風景
chikao



▼異業種交流ポータルサイト「ロゼッタストーン」(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link
▼Facebook
 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/2/16 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp