ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 口約束も契約なり

「口約束も契約なり」の人とご一緒に!!!

▼記事と写真は関係ありません。

chi


 長年の経験上、信頼おける株式会社との交渉事は、当然の如く初手から「ビジネス」領域である。よって、双方が合意に至ると、直ぐにでも仕事が動き出す。勿論、双方が「口約束も契約なり」だからこそ、心地良く、互いにスクラム組んで前進することになる。

 しかし、なんちゃって株式会社や業務内容が不透明な個人事業主においては、どんなに「ビジネスライクに!」と伝えているにも関わらず、アバウトな表現ばかりが目立ち、友達感覚にて、身勝手にも貴重な情報だけを入手するための動きが見え隠れするばかり。

 我々は長きにわたり、それなりの自己投資を行なってきた訳で、名刺交換した経緯があるとか、共通の知人の存在があるからと、貴重なノウハウを安易に提供することはない。そんな事をやっていたら、身を粉にして獲得したノウハウが藻屑と化してしまうのである。

 しかし、地方都市熊本では、「ビジネス」と明言すると、二歩も三歩も引き下がって、いつでも逃げる体勢を作りながら交渉に臨む人も少なくはない。ノウハウ提供を拒むと、仏頂面となり「あの人はケチだよな!」と悪口を振り撒いて、砂を掛けて姿を消して行くのだ。

 何とも理解し難い挙動だが、そのような人には必ず次の事を言うことにしている。「美味しそうな饅頭を売ってあるのに、美味しそうだから、今食べたいから、無償で下さいと言えますか?更に、無償で饅頭をもらって、レシピまで教えてくれと言えますか?」と。

 手に持って重さを感じるものには金銭を支払い、重さを感じない頭の中のノウハウについては無償でと言うのは、余りにも身勝手で都合の良い考えではなかろうかと。どんなに親しい人に対しても、何でもかんでも無償でノウハウを提供するものではない。それが、商いである。

 面白いことに、「ビジネス」の可能性のない言葉(表現)というものが存在する。それは、「先々オファーを掛ける可能性もありますから。」とか「今は余裕がないけど、先々必ず連絡しますから。」とか、すこぶるアバウトで無責任極まりない言い回しが飛び出してくる。

 弁護士さんへ相談する流れを考えてもらいたい。勿論、弁護士事務所によって差異はあるものの、初回の相談費用、更には内容証明書を代理人として依頼すれば、それなりに高額な費用が掛かる。1枚の紙で大した重さではないが、その内容に価値があるからこそなのだ。

 それを、知り合いの弁護士さんだから、電話一本で相談して、無償で知恵を頂くと考える姑息な人も多い。それは、弁護士さんに対して大変非礼でもあり、本末転倒な考え方である。そのような愚行を繰り返す人は、社会人としても経営者としても、人間失格のレッテルを貼られてしまうのがオチとなる。

 畢竟、仕事をするなら、「口約束も契約なり」の人とご一緒に!!!


▼或る日出逢ったクレバーな野良猫
Df-35mm-f14-1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/8/11 12:00 am

初志貫徹・・・

josui-3


 「一度決めた事は、最後まで遣り抜く!」。それが、一番だと考える。

 自身の「ビジョン」もなく、常に風見鶏の人は、右へ寄ったり左へ靡いたり、前に進んでみたかと思えば、後戻り。自分の足元だけに気を取られるが為に、周囲からの信頼は失墜し、歪(いびつ)な心のままに孤立してしまう。

 「口約束も契約なり」で生きる人は、皆、「初志貫徹」で人格者ばかり。勿論、時の潮目を見ながら、ベクトルの微調整は必須であるが、軸は絶対にブレてはならない。ブレるほどなら、何の為の「ビジョン」なのか分からない。

 人との接点も然り、仕事に立ち向かう姿勢も然り。自身の「ビジョン」を信じ、「積善之余慶」という言葉がある様に、常にその心を持って人に接し、仕事に立ち向かうことが、経営者としての「鏡」であると考える次第。

 俗に言う「姑息な人」は、損得ばかりに傾注し、目の前の小金に踊らされ、最終的には恩のある方々を平気で裏切ってしまう。何と浅はかでさもしい人生なのだろうと。「恥ずかしさの境界線」を逸脱する愚行の連続だ。

 「初志貫徹」・・・言葉で言うのは容易いが、いざ終身「初志貫徹」を行うは至難の業。されど、知人友人の中で成功裏に事業を展開している人たちは、全て「初志貫徹」の重き文字を背負っている。見ているだけで、すこぶる清々しい。

 しかし、「初志貫徹」に疲弊し、突如「原点回帰」という格好の良い言葉で切り返し、濁してしまう人も多々いる様で、それは苦笑ものとして論外。畢竟、「初志貫徹」に「Stay hungry, stay foolish」が融合すると、凄いことになるのだろうと・・・。


▼写真は松島観光ホテル岬亭からの眺望
 https://www.misakitei.co.jp/Link
misaki-6



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2020/10/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp