The Rosetta Stone Blog

タグ » マスター

小さなBARを訪ねて・・・

coffee



 昨日、豪華焼肉店に招待され、その流れで、久し振りに夜のパトロールへ。・・・勿論、夜の倶楽部活動ではないが、男二人、夜のパトロール最後に店は、何と筆者のサテライトオフィスから直ぐ目と鼻の先にある、小さなBARだった。

 日頃から何度も目にした「」の字の看板。「和酒Bar K.MIYAMOTO」という店に入ったのだった。細い道沿いにポツンと民家を改造したBARで、中を覗くと、小洒落なカウンターとテーブル席が1つ。既に、3人の男性客がテーブル席で語り合っていた。

 カウンター席に着くや否や、我々は珈琲を頼んだ。しかし、珈琲は客が可愛い手動のミルを使ってコーヒー豆を挽かねばならない。「DO IT YOURSELF !」って事だ。友人が豆を挽き、筆者はフラットな紙フィルターを折りたたんで(折り紙の要領)、ドリップ珈琲の準備完了。・・・ちなみに、その豆は、マスターの知人がキリマンジャロ登頂成功の手土産で貰った珈琲豆らしい。

 カウンター周囲は真っ暗で、小さなダウンライトが数本、テーブルの表面を照らしているだけだ。このBARは、酒を浴びるような癖の悪い酔っ払いが集う処ではなさそうで、なかなか居心地良い感じを受けた。

 マスターと話し込んでいると、急に30年前の私の記憶が紐解かれ行った。その頃、筆者は新聞社に勤務しており、当時、筆者が企画したものへ、「OK」の一つ返事をしてくれた地場大手企業の会社員だったことを思い出した。その企業のお陰で、筆者は全国コンピュータメーカーの全国講師をする事になり(新聞社の許可を得て)、軽井沢プリンスホテル全国大会、東京の銀座や虎ノ門パストラル、京都、滋賀、佐賀、長崎、熊本などで開催された講演会の講師として招聘されたのだ。当時、筆者がまだ若輩者で28歳の頃の話・・・。

 思い起こすと、ざっと4分の1世紀が過ぎた事への懐かしさと、当時怖いもの知らずで、全国あちこち走り回った頃の自分自身を思い出したのだった。実に素敵な想い出だ。・・・当時、色々と世話をして頂いた方々の話をすると、今は皆リタイアされていて、60代半ばから80代後半となっている。・・・マスターとの会話の中で、いやはや、時の経つのは矢の如しだと、しみじみと感じた。・・・本当に感謝しなければならない方々は、会話に出てきた、現在会えない人ばかりなのかと、自分自身の非礼振りに少々苛立ちを持ってしまった。

 人は大変世話になった方には、その時、ピンポイントで深く感謝の意を表しているには違いない。しかし、時間が経てば経つほど、疎遠となった方々へは、なかなか連絡も取れず、勝手に想い出の箱の中に仕舞い込んでしまうのかも知れない。実に非礼極まりない事である。・・・今の時代を流れるように生きていれば良いという考えるならば、実に気が楽な話だが、どう考えても、どう思い起こしても、良心の呵責に苛まれてしまった筆者であった。

 しかし、この夜は・・・同店のマスターの自然体で且つ丁重な言葉の響きが、印象深かった。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2013/10/9 08:47 pm

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp