The Rosetta Stone Blog

タグ » ブレックファースト

フランベを連写・・・

 写真上は、先輩シェフ(堀部豪サードシェフ/熊本ホテルキャッスル)の背中を見ながら、フランベの様子を伺う女性の若手シェフ。何とも健気なところが、実に可愛い。

 厨房と私の間には耐火ガラスがあり、料理中の油が沢山付着しているけれども、真正面からのフランベの様子を連写することにした。以下の写真は13枚連写した内の5枚を選んでいるので、少々連続性に欠けるけれども、ご了承願いたい。

 昔々、フランベを見て驚いたのは、鉄板焼レストランでのものだった。目の前の鉄板に燃え上がる炎。瞬間的にふわっとした熱さを感じ、その香りは何とも言えなかった。

 このようにガラスが間にあれば、画質は若干濁るものの、その模様を接写できるのでありがたい。今日は、このフランベの連写を終えて、ダイニングキッチンの厨房の面白さを一つ発見できたように思える。子供達が見たら、シェフの格好の良さに憧れ、シェフを目指す子供もいるのであろうと・・・。

D60_1029


D60_1031


D60_1033


D60_1038


D60_1039



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/4 07:41 am

ステーキハウス淀川・・・

710_4036


 「天草黒牛」取扱い認定店に選ばれた、ステーキハウス淀川(淀川司朗店主)。ロゼッタストーン正規メンバーとして、ネット事業ではお手本的な存在でもある。一眼レフカメラを駆使し、メニューなどはすべて手作り。日頃の経費節減と趣味を両立させ、新商品開発にも熱心な料理人である。先日紹介した、鰻専門店の老舗 水前寺東濱屋も同様に、一眼レフカメラで料理を撮影し、すべて質の高い手作りメニューを作成している訳だ。

 特に、ステーキハウス淀川は、正直なあまり、極上のステーキ肉をリーズナブルに出し過ぎの感があるけれども、それは、常にお客様最優先を考える料理人としての拘りでもあるので、常連客は十分理解した上で足を運び、売上アップの為に協力しているのだろうと、勝手に思い込んでいる私が居る。

 何はともあれ、日々メニュー改善をしながら、その時期、その季節に、旬の食材とともに料理を提供する姿は、大変素晴らしい。その研究熱心な料理人が居るステーキハウス淀川。先日、「天草黒牛」の経産牛を仕入れ、試食会を行った。勿論、一番に足を運び、試食したのだが、赤身の肉は、食感も良く、サッパリした味わいだった。それでも、オーストラリア産やアメリカ産の肉と比較すると、上品な味で繊維も柔らかであった。

 そろそろ足を運ぶ時期であり、近日中に十分腹を空かして立ち寄りたいと考える。・・・写真を見ながら、この時間に記事を掛けば、どうしても胃袋が動き出してしまう。これに耐えれれば良いのだが・・・。

710_4167


▼味比べのステーキ肉2種
meat


DSC_0193


▼経産牛
DSC_0108



【ステーキハウス淀川公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link

【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/22 01:19 am

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp