ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » デバイス

他の追随を許さぬ、Mac。

800_9630


 今振り返ると、 1970年代にマイコンと出逢い、1980年代にパソコンの進化と共に業務を遂行し、1990年代に独立。CGやネット事業に着手し、2000年代になり、次から次へと各業界のスタンダードを変える、Macの大進撃に直面したのだった。これは、タイムリーでもあり、パソコンの黎明期から進化と同じ歩幅で、起業以来歩めたのは、ラッキー以外何ものでもない。

 しかし、Apple社が世に送り込んだMacintoshには、エンドユーザーには気付かれぬほど、小洒落で凄い思想が凝縮されており、その卓越したヒューマンインターフェースによって、ニューメディアの世界がどんどん進化して行く大きな起爆剤となった。

 先ず、アイコンという「小さな絵」である。スマホ時代となった今では、当たり前の画面やアイコン。当時、その中に、アイコンがひしめき合っているのがMacだった。誰も、それがアイコンであるという認識もなく、一瞬間で何を意味しているのか分かるような、道路標識感覚で、画面の中をドライブしているのである。

 1984年に日本上陸を果たしたMacintoshだが、実は、その画面の至る所に魔法が掛けられていた。それは、デスクトップという概念である。画面が帳面やスプレッドシート感覚だったWindowsに対して、Macは自分の机の上という仮想現実世界からスタートするのである。それも、スイッチを入れれば、Macの中にチビMacが登場し、笑顔で迎えてくれるという演出だ。

 机の上にあるMacの画面の中が、更に仮想現実世界の机の上を演出し、直感的にマウスを握り、動かしてやれば、いつの間にか、ワープロでも、ドローでも、ペイントでも、音楽でも、通信でも・・・自分自身が魔法使いやマジシャンになったかのように、サラサラと業務を処理してしまうのだ。

 当時は、まだ「擬似マルチタスク」と言っていた。・・・現在のマルチタスクという概念をも、既に持っていた。机の上にある要らなくなった書類は、ゴミ箱に投げ込んで捨てる。更に、ゴミ箱を捨てれば、近所のゴミ収集箇所へゴミ出しを完了したことになる。微に入り細に入り、ヒューマンインタフェースを徹底追及したMacは、他の追随を許すことがなかった。(現在でも同様)

 更に、他のパソコンの度肝を抜いたのは、画面の仕様である。何と、ビットマップディスプレイを採用し、画面一杯に、自由自在に輪ゴムが伸びたり縮んだりするように、グラフィックを描けたのである。人によっては、「こんなオモチャなんぞ、仕事に使えるか!」とまで、否定的な見解を述べる評論家も居た。実に身の程知らずの無知な人間だが・・・。(苦笑)

 現在では、パソコンもパッドもスマホも、全て家庭に浸透している訳だが、ここで一番大切なことは、進化したデバイス群を使えるからといって、自分自身が天才になったかのように勘違いしないことである。そこは、自分自身の論理展開や発想などを、日々磨きに磨かない限り、他の追随を許さぬようなスキルを手にすることは出来ない。

DF1_4551



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

 

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/27 03:48 am

二つの買い物

CNJ_8128


 昨日、久しぶりにカメラの坂梨へ足を運んだ。いつも世話になっているので、ちょっとしたお菓子の差し入れに行ったのだ。

 元気な声が鳴り響く同店。・・・さっと女性から高価な湯のみ茶碗で冷たいお茶がサーブされる。それを頂きながら、カメラやレンズの機能、特性などを話し、最近の人気商品やこれから期待できる機材などの説明を聞くというのが流れだ。

 今回、逼迫する予算の中で、必要だと思った商品を二つ購入することにした。

 一つは写真上のカメラ本体に取り付けるストラップ。・・・実は本格的な取材に足を向けるとき、最初から付いているストラップは、なんちゃってストラップが多く、歩きながら一眼レフの重さが、ピンポイントでズシッと左肩を圧迫する。以前、イタリア縦断取材の時、Tシャツ左胸部に血が滲んでいたことがあった。・・・左鎖骨がストラップにより、皮が剥け、血が滲んできたのだった。

 そんな経験があるので、何かないかと思っていた矢先、同店から薦められたのが写真上のストラップだ。体験用サンプルがあった。私の一眼レフと同じくらいの重さの箱に、従来のストラップとお薦めストラップが装着されている。比較すると、「ええ???」と唸り感激するほど、左肩への負担がなく、重さにすると半減したような感じを受けた。・・・これは、「買い!」である。

 また、今までは愛車を運転する機会が少なかったが、最近は徐々に取材が増えてきており、愛車使用の頻度が高まった。よって、極端な話、事故に遭遇する確率は自ずから高まるというもの。・・・自分の身は自分で守るほかない。遠隔地へ定期的な訪問が出てくるようなら、特に、その辺の安全対策、自己防御策は万全にしておく必要がある訳だ。よって、写真下のドライブレコーダーを愛車に取り付けることにしたのである。

 早朝から車庫に鎮座する車に乗り込んで、あれやこれやとケーブルを通し、やっとのこと設置が終わった。フロントガラス内側上方に上手い具合に取り付けることができた。シガーソケットに繋ぎ、デフォルトの暗証番号などを書き換え、このドライブレコーダーを実装しての自宅周辺を走行してみた。・・・HD品質の動画が撮影され、万が一の衝突時に、立派なエヴィデンスとして動画及び音声を残せることになる。これは便利だ!!

 勿論、あってはならぬ事故ではあるものの、このような自己防御の為のデバイスは、運転時間が長い人にはとても安心できるものだろうと、感心しながらその機能を学び、優れた操作性に満足した筆者であった。

 今日の「二つの買い物」。決して衝動買いではない。・・・二つ合わせて2万円ほど支払ったが、その価値はお金に換えがたいものだと、つくづく思った次第。

 
2014-07-18145247


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2014/7/18 03:21 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp