ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ツーリング

トトロの世界へ迷い込む・・・

KAMITSUE


 山鹿市の温泉プラザ山鹿にある「花さと」にて、鯖の塩焼き定食や茶そばを食し、一気に、大分県の上津江まで走ることにした。

 上津江は、シャクナゲ園や黄金滝もあれば、近くに近代的なオートポリスもある、不思議なところだ。山鹿市から菊池市を経由して、387号線を45分ほど走ると、大分県上津江に辿り着いた。鮮やかな山の緑と澄んだ空気に癒される。あと30分ほど走れば、再び熊本県小国町に行ける位置に立っていた。

 季節外れにシャクナゲ園に車を走らせると、土砂崩れ危険渓流の看板を見て、徐行しながら集落を見回した。トトロが出てくるような、山奥に入った気分となった。

 農家の方にご挨拶をして、更に進むと、ペットボトルで作られた風車に出逢う。かなり意表を突かれたが、この風車は、モグラや野ネズミに寄せつけぬ効果があると言う。

 結局、シャクナゲ園の位置を確認して、帰り際に黄金の瀧(こがねのたき)に立ち寄り、撮影をして戻ることに・・・。普段は大分県は熊本市から遠くに感じていたものの、菊池市を基点とすると、思いの外近かった。ツーリングするにも楽しいコースであり、土砂降りの雨でない限り、再び走ってみたい処である。(トイレ休憩をする箇所を事前に調べておく必要がある)


800_2587


800_2588


800_2601


D60_1305


800_2631


800_2633


D60_1291



◎熊本城復活宣言 Reborn KumamotoのFacebookグループ
 https://www.facebook.com/groups/reborn.kumamoto/Link

◎「熊本復活宣言」画像(14.2MB)
パソコンの壁紙、ポスターやチラシ、絵葉書などにご利用ください。下記のURLにて、自由にダウンロードできます。作品上にコメントなどを書かれる場合は、原画の改竄はできませんが、下方の芝生部分に記述スペースがありますので、ご活用ください。
http://www.dandl.co.jp/rebornkumamoto.jpgLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/6/10 02:57 am

故郷を切り撮る・・・

▼山鹿市鹿本町の田園風景

800_2004


 急遽、山鹿市へ足を向けることにした。北バイパスを通り、飛田バイパスから菊池、それから菊鹿(鞠智城跡)経由で、山鹿市へと。

 しかしながら、嫌な予感が当たってしまい、鞠智城跡にある食事処は今日に限って「休みます。」と書いてあった。夏休みの金曜日に、食事処が休んでは洒落にならないが、目の前のホワイトボードにしっかりと書いてあった。凄く残念な気持ちとなった。

 よって、菊鹿から鹿本を通り、山鹿へと。・・・農道をスポーツモードで、勿論、法定速度内だが、突っ走ろうと思ったら、左手に美しすぎる田園地帯を通過することになった。一度は通り過ぎ、諦めかけたものの、また思い起こし、前からくる大型トラックが行き過ぎてUターン。美しい田園地帯へ再び戻って行った。

 僅か5分程度だったろうか、農道と言えども予想外に車の往来が多いので、足元には十分注意した上で、その水田を数枚撮影したのである。気づけば、私が生まれた旧実家の近くでもあり、昔々、両親と墓参りに何度か来たことも思い出した。

 撮影を終わり、農道を横切り車に乗った。それから山鹿方面へ向かう中で、細い道を通ることになり、小さな店が左手に見えてきた。昔、この店で何かを買ったことが脳裏を過ぎった。何を買ったかは定かではないが、買い物を頼まれ、その店に行って買い物を済ませ、親戚の家に戻ったことを思い出したのである。

 なるほど、この辺一帯が、父方の親戚が住んでいるところなのだろうと・・・。既に、父は他界しており、その親戚の方々との交流はほとんど無くなってしまっている。懐かしい「とじこ豆」のお菓子も頭に浮かんできた。祖父に連れられ、山鳥を撃ちに行ったこともある。祖父が保有していた山の中に足を踏み入れて、キノコ狩りをしたこともあった。

 段々と幼少の頃の出来事が次から次へと蘇ってくるのである。何とも不思議な気持ちとなったが、これが故郷なのかと、何度も何度も周囲を見回し、カメラを後部座席に置き、後ろ髪を引かれる思いで、山鹿方面へと向かって行ったのだ。

 無意識にステアリングの回り具合は、芝居小屋 八千代座へとコントロールされている。鞠智城跡でランチを裏切られたので、腹は鳴りっぱなし。よって、八千代座近くにあるグルメ倶楽部の、名物と言われるオムライスを食しながら打ち合わせを行い、八千代座の外観を数枚撮って帰途についたのである。

 熊本市を出発したのは午後からではあるが、僅か5時間で上のスケジュールをこなしたのだった。取材車で移動すると、思いのまま如何なるとこへもフットワークよく動ける訳で、今日ばかりは、特に、熊本県北が凄く狭く感じたのである。


▼山鹿市鹿本町の田園風景
800_2014


▼撮影中
S__5988358


▼芝居小屋 八千代座
800_2053


▼グルメ倶楽部名物のオムライス
800_2037


▼撮影中
S__5988359



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/7/25 03:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp