ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 食事

熊本ホテルキャッスルにて

DF1_4894


 熊本ホテルキャッスルは、私にとって、ビジネスの基地みたいな、大変素晴らしい環境を提供するホテルの一つ。行けば、若手シェフやウェイトレス、黒服の皆さんの元気な挨拶があり、仕事にも気合が入る。

 厨房を覗いて、手隙のようだと、無理難題なオーダーをしては、互いに遊ぶこともある。そんな敷居が低い小洒落なホテルが大好きで、オフィシャルもプライベートも利用させて頂きている次第。

 今、同ホテルの一室にて記事を書きながら、先ほど、「芋虫ジュース」とタイトルをつけたいほどの、特別に不味い野菜ジュースをオリジナルで作ってもらったばかりだが・・・睡眠不足の折、一発で覚醒したのだった。

 遅ればせながら、写真のご紹介を・・・。1枚目写真は、メインディッシュは、「アマダイの鱗揚げ・帆立貝のベーコン巻き、オマール」。大変リーズナブルなのに、見るからに高値に感じる料理。・・・しかし、冗談抜きにして、近場のレストランで食すよりも、ずっと安いのである。

 その他、サラダやパン、デザートなど、申し分のないものであり、わずかな時間に、料理長や若手シェフたちの連携プレイを楽しみながら食せるのも、ダイニングキッチンの醍醐味かと・・・。


▼パン・ド・カンパーニュ
DF1_4876


▼鱧、サーモン、コンソメのジュレ・・・サラダ
DF1_4865


▼抹茶アイスクリーム
DF1_4912



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/25 11:04 am

シェフの心伝わる逸品・・・

▼中央が工藤セカンドシェフ

castle1


 昨日は、或る方からの預かり物があるというので、大変遅くなったが、午後8時半頃に熊本ホテルキャッスルに到着した。いつも足を運ぶダイニングキッチン九曜杏に行くと、団体の宴会が入っており、黒服やウェイトレスはてんてこまいだった。

 そこで厨房を覗き込むと、セカンドの工藤シェフと女性シェフが打ち合わせをしていたようなので、コーヒーを運んできたウェイトレスに「舌平目のムニエルをよろしく。良かったら、パンでお願いします。」と伝えたのだった。

 サーブされたのは、写真下のゴージャスな「舌平目のムニエル」、「プロシュートのサラダ」、ほか、「オニオンスープ」、「フランスパン」である。この工藤シェフの料理を何度も食べてはいるが、今日の「舌平目のムニエル」は凄く上品で、身離れもよく、エンガワのサクサク具合も最高で、背骨と尻尾以外は、全部食べてしまった。

 ご飯にしておけば良かったと思ったが、彼の作る「舌平目のムニエル」・・・ここ数年で、随分進化していることに、今更ながらに気づいた私である。シェフの心伝わる逸品として、勝手ながら、自称グルメ通の私の「グルメの宝箱」に入れることにした。

 あちらこちらのレストランへ行けば、酷いところはやっつけ仕事のような料理をお構いなく出すところもあるが、やはり、シェフと客との信頼関係がなければ、互いに成長はなかろうと・・・。


▼舌平目のムニエル
castle3


▼プロシュートのサラダ
castle4


▼後片付けに追われる若手のシェフたち
castle5



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/6/20 05:18 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp