ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 避暑地

春を待つ八景水谷公園(1)

hake0


 八景水谷公園は、筆者が大好きな公園の一つである。水の科学館もあり、館内には清潔なトイレが完備(外部のトイレはオススメしない)されている。段々と暑くなれば、休日は子連れのファミリーで賑わう。

 今回も遊水池の奥では、二人の子供が海老獲りに傾注していた。青鷺も負けじと、小さな池に飛来して小魚を狙っている。白鷺の姿はないものの、椋鳥や鶺鴒が地面を突いていた。

 同公園で遊んで居る野鳥の中では、写真下の椋鳥が一番人馴れしている。3メートル程度であれば、じわじわと近づいても、すぐに逃げることはない。こちらの様子を伺いつつ、何も危害を加えないと思えば、ひたすら地面を突いて虫を探している。

 公園の奥は鬱蒼としている。春の訪れを知らせるように、冬のグレートーンの景色が、じわじわと変わりつつある。実は、写真上の木々に覆われたところは絶壁となっており、写真では確認できないけれども、右上には車と電車が通っている。

 政令都市熊本市は、世界に誇れる水の都でもあり、杜の都でもある。よって、熊本地震で市内の水道がほぼ全滅した時に、この遊水池(熊本市第1号の上水道)は、多くの人々の命を救ってくれたのである。

 
hake1



◎Behance(Photo by Chikao Nishida)
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/13 01:04 am

岳間渓谷へ・・・

takema1



 熊本市から車で1時間ほどで、山鹿市鹿北町にある岳間渓谷に到着した。山手の茶畑を縫うように走る細い農道。ナビに表示のない道も沢山あり、夜間走行は危険すぎるが、昼間の木漏れ日を眼前に農道を走ると、日頃からパソコンで疲れ切った目が、嘘のように楽になる。
 
 以前、同地を訪ねた時は、美しい滝などを撮影できた。しかし、今回は、道から覗き込む程度で撮影を終えた。もっと景観の良いところがあると或る人が言っていたが、詳細を聞き出せなかったので、手探り状態のまま、結局、探し出すことができなかった。

 熊本市内から僅か1時間程度で、こんなに美しい渓谷があるとは、信じ難い。幼少の頃、山鹿市内はほとんど行きつくしていたと思っていたけれども、もっともっと素晴らしい景勝地が残っているのだろうと・・・。

takema2


takema3


▼取材ランチ:熊本ホテルキャッスル伝統のビーフピラフ他
lunch


▼取材風景
D60_6176



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp