ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 虚言癖

弱い者虐めをする人間こそが、本当は一番の弱虫である。

newstop


 今まで、「虐め」というものを、大なり小なり数限りなく見て来た。大抵の場合、虐められている人は、心優しく、不器用で、大人しく、正直者が多い。だから、心無い輩の「虐め」のターゲットにされる訳だ。これは、男社会も女社会も関係はなく、全てに通じる、輩の蛮行として記憶に深く刻まれている。

 最近の例を挙げれば、会社社長による部下に対する、女々しさいっぱいの「虐め」がある。メールによる恫喝、1対1の脅迫面談、私情絡みの人事異動、盗撮、機密情報漏洩、欺罔など、バラエティに富んだ「虐め」のオンパレードに遭遇したのであった。まあ、今でも完治しているはずもなく、何をしているのやら。

 現在、世界を震撼させているロシアのウクライナ侵略(虐殺)も、結局は、弱い者虐めから始まり、大義のない残虐非道な蛮行が繰り広げられている。正義を重んじる人たちは、皆、腑が煮えくり返っているに違いない。何故に、弱虫で捻くれた思考回路を持った一人の人間から、命を奪われなければならないのか。

 極端な話、ロシア軍の若き兵士たちも寝耳に水であり、同士討ちを余儀なくされる戦場に送り込まれ、精神的に病んでしまう人間が多く出てきている。日々報道される、筋の通らぬ虚言には食傷気味となり、「ああ言えば、こう言う!」の屁理屈軍団の絵空事は、地球が引っ繰り返ったとしても、首を縦に振る訳には行かない。

 話は前後するが、悪代官と自称する会社社長の「虐め」の蛮行は、具に分析すると、孤独、自信喪失、過去のトラウマ、そして育ち、性格が全てが誘因となっている。難癖から始まり、自分のイメージしたものが最上最高のものと勘違いしている。舌バカなのに、門外漢の口出しは、失笑ものでしかない。

 悪代官の「虐め」の手法は、以下の通り。自分の職位を利用して、近親者としてある程度信用できて、コントロールしやすい人間と徒党を組む。実際に、近親者と言われるものを信用しているかと言えば、それはあり得ない。自分以外は誰も信用することはなく、実態は、実務書の受け売りで格好つけているだけの能無しである。

 そして何か起これば、「私はそれには関与してませんから!」と責任逃れの虚言を放ち、善人面しているのが、いつものパターン。浅知恵しか持ち合わせていないので、常に恫喝を伴う行動を採る。最近では周囲も皆が熟知しているようなので、その危険極まりない蛮行は、空振りになっているのではなかろうか。

 結局、「虐め」をこよなく愛し、職位を死守するために、自らの職位を散らつかせている。常に孤独という球体の中に閉じ籠った、江戸川乱歩の「鏡地獄」のような世界に住んでいる「虐め」の主犯者。いつの日か、厳罰が下されるのは間違いないが、前述のように、大なり小なり、弱い者虐めをする人間こそが、本当は一番弱虫なのである。

 自然体であることが怖いのか、常に甲冑に身を固めておく必要があるところが、何とも、「お疲れ様!」である。諄いようだが、自分自身の無能さや卑劣さは棚に上げて、部下や周囲の第三者に対して誹謗中傷や揶揄を繰り返す、悪代官。信頼失墜の日々を重ねながら、この先、人生をどう歩むのか、お手並み拝見となる。


▼孔子公園の花々
ijime20220405-001


ijime20220405-002


ijime20220405-003


ijime20220405-004


ijime20220405-005


ijime20220405-006


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎写真愛好家グループ「Obscura Photo Club」
 https://www.facebook.com/groups/obscura.photo.clubLink
写真・文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/5 12:00 am

虚言は、必ず炙り出される!

newstop


 虚言を発する人の表情は日頃と異なり、一瞬にして暴かれてしまう。本人は気づいていないようだが、普段とは波の色が違う。目の動き、表情、声のトーン、立ち位置の距離など、所作に歪みが生じているからこそ、波動がギクシャクした色に変わる。

 特に、虚言馴れしている人は、その虚言を悪行とは思いもしない。嘘も方便として、悪びれることもなく虚言自体を正当化する。結果的に、幼子のような言い訳をして、片づけてしまう。その場凌ぎ、付け焼き刃的なものが溢れ出ているにも拘らずである・・・。

 自分自身に非があれば、先ずそれを認め、謝罪することから始まる。言い訳で塗りつぶすのではなく、改善に向けて走り、誠意を見せることが肝要。しかし、虚言馴れしている人は、根っから非を認めず、改善どころか、毎回同じタイミングにて、他人のせいにする。

 虚言癖のある人は、結構、記憶力に乏しい人が多いように思えてならない。その場合、昨日言ったことは昨日で終わり、リセットした中で、翌日は別な論理展開となり、再び虚言に走る。因みに、リセットするというのは、卑怯にも逃げを意味するのであるが・・・。

 時間が経てば経つほど、過去の虚言が自然にくっきりと炙り出されてくる。過去の発言と現在の発言に整合性が無いために、過去の発言が虚偽であることが暴かれる。良く言えば、馬鹿正直。悪く言えば、鈍感な偽善者だ。(※プロの詐欺師はポーカーフェイスで完全防備)

 世の中には色んな人がいるが、虚言を発するのであれば、天才的な記憶力にて、常に整合性を維持し、過去の虚言がバレないように、パッチワーク作戦を敢行しなければならない。よって、無駄なエネルギーを消費するばかりで、誰一人として幸せにすることはできない。

 以前の記事にも記したが、人間は「積善之余慶」が一番。相手の心に傷を付けぬように「嘘も方便」の必要性は否定はしないが、常に、胸筋開いて、本音を語る癖を付けた方が、充実した人生を送れるに違いない。何故なら、嘘をついても、決して良い結果を齎すことはないのだから。


JOSUI


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/2/26 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp