ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 菊池市

超ワイドレンズの魅力・・・

▼Nikon D600+24mm(菊池川)
D600-24-105-f4-3


 熊本は世界でもトップクラスに入るほど、水に恵まれたところとして、杜も多く住みやすい。米所としても有名だが、それは美しい水ありき、そして適度な寒暖の差が美味しい米を作っている。・・・そんな水に恵まれた熊本県北部を撮影してみた。

 広々とした景色を切り撮るには、超ワイドレンズが必要だ。1枚の写真に大量の情報がぎっしりと詰まってくる超ワイドレンズは魅力あるものだが、なかなか使いこなすまでのレベルには達していない。

 本来ならば三脚を使用し、じっくりとスローシャッターで撮影したいもの。しかし、なかなか、そのじっくりと時間を作るのが下手なのか、気が短いのか、三脚を車に積んではいるものの、今まで積極的に使用することがなかった。

 どうしても、手持ち撮影でどんどん突き進んでゆくタイプなので、御多分に洩れず、これらの写真は全て手持ち撮影となっている。理想は、スローシャッターでの創作活動を行いたいというのが本音である。

 写真をご覧いただければ、美しい水、澄み切った空、鮮やかな緑が三位一体となり、肉眼で見るより遥かに美しい絵面となってくれている。しかし、超ワイドレンズの魅力が出ていない。よって、これからはその特性をしっかりと学び、じわじわとスキルアップに努めようかと考える次第。


▼Nikon D800+20mm(山鹿市鹿本町の田園風景)

404 File Not Found

▼Nikon D800+20mm(山鹿市鹿本町の田園風景)
Df-20mm-manuallens-2


▼Nikon D800+20mm(菊池市の竜門ダム湖)

404 File Not Found

▼Nikon Df+15mm(山鹿市鹿本町の田園風景)
D800-15-30mm-1



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/20 04:03 am

鴨川河畔公園(菊池市七城町)にて

800_7713


 トンボたちは飛び回り、セミたちは鳴き止まず、バッタたちは跳ね回る。水場もあり、幼子を連れて母親が大声で延々と注意喚起しながら、水遊びをさせている。田舎らしく、微笑ましい光景である。先般、初めて訪れた鴨川河畔公園だが、本日は白鷺や青鷺の姿はなく、ただただ直射日光が痛いほど眩しかった。

 芝生地帯を歩いていると、数メートル先をトンボたちがやかましいほどに飛び回っている。木陰にとまったトンボを撮影したものの、どうしても、機敏に飛び回るトンボの様子を写したくて、フォーカスを2メートルほどに固定し、ファインダーも覗かず、勘でトンボを追ってみた。数枚ほどはフォーカスばっちりだったが、滝のような汗が吹き出し、ダウン。

 蝶の姿もちらりと見え隠れしたものの、落ち着きなく舞い上がって行ったので、追うのを止めた。木々には蝉の抜け殻がたくさんある。その上方でアブラゼミやクマゼミが、鼓膜が痛いほどに鳴き叫んでいる。今回は超望遠レンズを持参していないので、90mm程度の望遠で数枚撮ってみた。大したものが撮れなかったので、蝉撮影も中止。

 先ほどまで左後方にいたはずのアシスタントの姿が見えない。振り返ると、芝生の上に屈み込み、バッタを追っているようだった。双方にマクロレンズなので、こちらもバッタを追うことにしたが、葉っぱと同化しているバッタは見つけにくい。ただ、とても大きなバッタが目の前に居たので、しっかりと眼にフォーカスをあててパシャリ。

 気づけば、午後4時半を過ぎている。最近知ったばかりの公園だが、何となく面白みがあるようでなさそうな不思議な空間。しかし、四季折々の景色や昆虫、野鳥などを撮影しても楽しい所として、カーナビに登録することにした。


800_7618


800_7707


800_7598


800_7737


800_7750


800_7753


800_7758


800_7770



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/8/5 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp