ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 自信過剰

自己満足ばかりを求め、墓穴を掘る。

▼記事と写真は関係ありません

josui-3


 最近は、刃物を使った殺傷事件が横行し、それも、一度そのような事件が発生すると「これだ!」と思って、連鎖的に犯罪が急増する傾向があるようだ。何かに対する苛立ちや、自暴自棄となり孤立した挙句の脳内爆発。我々常人としては、理解に苦しむところである。

 このような蛮行に至る要因は様々であるとは思いつつ、極論であるけれども、幼少期の育ちや躾、教育、更には両親や祖父母からの愛情の欠落ではないかと推察する次第。筆者自身も幼少期を思い起こせば、現在でも理解に苦しむような周囲の言動が記憶に刻まれている。

 ただ、家庭的には「悪さをすれば、厳罰に処す!」ような厳しい家庭であったために、社会悪への一線を越えることを考えたこともなく、実際行動に移したこともなかった。しかし、自分の心の中では何度か水爆級の憤りを覚えたこともあり、社会人となり、当時の是非を考えるに至っている。

 現代社会は「いじめ」のオンパレードのような醜い社会。しかしながら、「いじめ」も昔から存在しているもので、それを社会悪として取り上げるようになったのは、この三十数年ほど前だったと記憶する。筆者は「いじめ」の対象者になりにくい性格だったけれども、一度だけその対象になったことがあった。

 それは、同級生や幼友達との歪な関係ではなく、担任教師Kからのダイレクト、且つ、公然とした「いじめ」に遭遇したのであった。その教師Kが、「君の1歳年下の従兄弟は勤勉家で人の言うことを良く聞くが、君は根性も皮肉れ腐っているし、どうしようもない!」が口癖だった。

 授業中に筆者の後ろに近づき、「これは三年苔というんだよ。首周りが汚れまくっている!」と、クラス中に聞こえるような声で、筆者の襟を指差して嘲笑していた教師K。今でも、その人物の言動を許すことはないが、逆に、「可哀想な人物」の一人として記憶の箱に封印している。

 このように「いじめ」の最先端にて暴言を放っている教師Kもいたのだから、子供の筆者としては対抗策を講じることは、我慢以外できなかった。当時は、手のひらビンタや細い棒(ネブチと言っていた)の愛の鞭など日常茶飯事の時代。或る高校の柔道教師が2度も生徒の鼓膜を破ったという事件も起きた。勿論、その柔道教師は左遷であるが辞職には至らなかった。

 また、最近「私は負けると泣きじゃくるほど悔しいんです!」というコメントを頂いたことがあった。これは、近年で話題にもなっている「アンガーマネジメント」に通ずるものであり、自分の心をコントロールできない不器用さが、そのまま激昂となって現れるものではないかと思われる。

 プライドの高い人ほど、この激昂はエベレスト山のブリザードのように激しい。「負けて泣くより、勝って泣け!」または「負けて泣きじゃくるより、超えて泣け!」と物申したい。人生は終焉まで「学習」である。発展途上の若き成人は、これから幾重ものエベレストのような、気が遠くなるような山々を縦走しなければならない。

 一昨年だったか、「私は瞬間湯沸かし器のようにキレるタイプです!」と言い放った某企業の社長がいた。このタイプは、負けず嫌いもさることながら、根幹の部分は、自信喪失(社内降格を2度経験)及び父親からのDV、そして家庭内離婚が全てを物語っているように思えてならない。つまり、自ら信頼できる対象者がいないのである。

 自信過剰の人間は、或る時、とんでもない失態を曝け出し、想定外の降格処分なり解雇なりに直面する。自分以外の人々を全て否定し、我こそがお山の大将と思い込んでいるのである。我が身勝手持論が理想であり、他のサジェッションなどには耳を傾けず、誤ったベクトルにて暴走、爆走を繰り返す。

 更には、視野狭窄という資質も要因の一つであり、実務書ばかりに傾倒しているあまり、「私は文豪なるものの本を読んだことがありません!」と豪語する。だったら、ハリセンボンのような毎日を送るのは当然だが、時折、石坂洋次郎の純愛小説でも読んでみれば、凡人の心の動きが分かるというものだ。

 何についても「偏り過ぎ」は、人生をネガティブな方向へと引き摺り降ろす危険性が無きにしも非ず。世の中の鳥瞰図をしっかりとマクロで捉え、更に、自分に欠落している分野なりジャンルなりを、勇気を持ってこっそりミクロ的に垣間見るのも、視野狭窄解消の秘策であると考えられる。

 テレビの向こう側では「◯○評論家」という人物が、滑舌良くバルカン砲のように喋っている。自分では妙な人物であるとは思っていないだろうが、論旨を分析すると、どこかに「稚拙」さが沢山転がっている。以前、公金を無駄遣いした知事さんあたりも、同様であると受け止めている次第。

 何はともあれ、自分自身の背中を客観視できない人たちは、知らぬところで、数知れずの「赤恥」をかいている。今回の日本大学の大騒動も然り。2歩も、3歩も引いてみれば、「稚拙な子供集団」であると、世の中に映っているに違いない。関わっている人間は全てが「守銭奴」であり、教育分野には不似合いな人物であった訳だ。

 欲目で見れば、処世術に長けており、差別化の軍師であったのかも知れないが、自分自身と近しい周囲のみの「幸」を追求しては、そのまた周囲は迷惑千万であるばかり。誰しもその環境下において「幸」を感じることはない。ただ「惰性」で現在に至っているだけの話である。よって、「惰性」を黙認してきたところが、お山の大将への忖度重視の「稚拙な子供集団」である証となる。

 前述の「瞬間湯沸かし器のような人間」は、自信過剰ではあるが、その以前の「忖度主義」の社内構造にもあたふたしていた。自分が世話になった人物を表では忖度し、裏では凌駕のために「○○ボンクラ」の集団を指揮してきた暴君だと、毎日のように誹謗中傷を繰り返し投げ掛けた。

 以前、「猿の惑星のような社内」と記事にて書き込んだことがあったが、まさしく、現代社会の見えざる会社の裏側。ほとんどと言っても過言ではないほど、「猿の惑星のような企業」がわんさと存在している。勿論、先日の自民党総裁選の経緯を振り返れば「猿の惑星のような人物」も数人暗躍していたのも記憶に新しいところである。

 畢竟、自分の心を如何にコントロールできるかが「鍵」となるが、筆者も含めて、そのコントロールは容易いものではない。だから、失態もあり、失言もある訳だ。まあ、ポジティブに捉えれば、「人間らしくていいんじゃない!?」と言いたいけれども、世の中の人たちを不幸のどん底に貶める行為だけは、絶対に無縁な人生であるべき。

 自己満足ばかりを求め、他人を巻き込み、あちこちでヘドロを撒き散らかしては、世のため人のためになりはしない。


▼美しい花を愛でて、心に安寧を!
flowers-2021-001


flowers-2021-002


flowers-2021-003


flowers-2021-004


flowers-2021-005


flowers-2021-006


flowers-2021-007


flowers-2021-008


flowers-2021-009


flowers-2021-010


---------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/12/13 12:00 am

天ざる蕎麦を頂きながら・・・

TENZARU


 ここ数日、色んなことが身の回りに起きた。たわいもない事から、とんでもない著作権侵害の被害など・・・。

 たわいもない事は、三十代の男性との会話だった。「無知」を知らぬ、ボキャブラリーの少ない人物の言葉である。あるお客に対して、その印象を問われると、「ちょっと物知りなおじさんと思っていました!」と平然と言う。

 自分の親ほどの人に対して、「ちょっとした物知り」と揶揄を含んだ言葉に腰を抜かしたのである。身の程知らずと言うか、自信過剰と言うか、ぼーっと突っ立って、ニヤニヤしながらその言葉を吐くのである。天然なのか、異常なのか!?

 周囲にいた同僚は、耳を疑うような低劣な言葉に、固まってしまった。隣にいた同僚が「その方は○○○○○○○○なんだよ!」と諭し、揶揄された人を庇ったが、「だったら、10年ほど言われるかも知れませんね!」と、またニヤニヤ。

 思考回路が壊れているのか、地力もない自分を過信しているのか、何とも表現しようのない、お馬鹿さんであることがよく分かった。この人物が、会社でパソコンなどでは一番詳しく、ネット事業を任されていたと言うから笑うしかない。

 こんなにコミュニケーション障害を持つ人間を、SNS担当にして、公然と会社の顔に泥を塗ることさえ分かっていないのだろうと。余りにも不可解だったので、その後、別の同僚に話を聞くと、予想通り、過去に色々問題があったらしい。

 また、昨日はこの3年間で4回目の著作権侵害を受けた。更に、筆者が書き綴った文章を、スペイン語に翻訳して、盗作本としてアマゾンで販売していたのである。それも、2019年より販売していたらしく、またまた腰を抜かしてしまった。

 著者は、勿論、筆者であるが、その盗作本には、別の人物の名前が書かれていた。とんでもない話である。スペイン語版で出版すれば気付かれずに済むだろうと思ったのかどうか知らないが、事前伺いも何もなかったので、呆れ返るばかりであった。

 著作権法が1月に改定され、思いの外、厳しくなっている。「法の無知」は、本当に怖いものである。ところが、最近では、著作権侵害を犯した加害者が、証拠隠滅に走り、逃げ回る中で、加害者と被害者をすり替えるパターンも多々ある。

 始末に負えないのは、著作権侵害を犯した者が追い詰められそうになり、警察に相談に行く者もいると言うが、本末転倒な話である。きっと、警察側が首を傾げ、「著作権を侵害したのはお宅でしょ!?」と釘を刺されたに違いない。

 何はともあれ、自分の行いが違法行為だったのなら、故意であろうが過失であろうが、誠意をもって謝罪しなければならない。猛省し、二度と誤りを起こさぬ決意を伝え、被害者が納得して頂くまで対応するのが賢明な大人と言える。


▼前川水源近くのコスモス
COSOMOS-01


COSOMOS-02


COSOMOS-03



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/6/9 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp