ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 美容食

「えのきぞの」情報(コース雅/椀物)

▼椀物

850_3394


 椀物は、「本日のお吸い物」として、ホタテとインゲン豆、そしてじゅん菜が添えられていた。

 勿論、一つ一つの食材を丁寧に調理してあるので、一滴も残さず食したが、喉越しのところで、ホタテのほのかな香りがたまらなく上品であった。

 インゲン豆も歯切れよく、じゅん菜は口の中あちこちへと泳いでいるようで、すこぶる楽しい椀物であった。

▼「えのきぞの」コース雅 3500円(税別)
500_8517


●先 付  とろろ豆腐 いりだし
●前 菜  胡瓜とくらげの胡麻クリーム和え もずく さつまいも
      無花果 海老 青唐 枝豆 蓮根の黄身寿司
●椀 物  本日のお吸い物
●向 付  お刺身
●焚合せ  加賀茄子 小芋 たこ
●揚 物  キスの天ぷら 新生姜とトウモロコシ アスパラ レモン
●焼 物  本日の焼き物
●飯 物  土鍋ごはん
●汁 物  味噌汁
●甘 物  紫陽花

<えのきぞの>
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/22 12:00 am

「えのきぞの」情報(コース雅/前菜)

▼前菜

850_3486


 さて、先付の次にサーブされたのは、前菜である。

 旬の食材のオンパレード。漆黒の器の中に、赤、緑、黄色など、色鮮やかな食材が盛り付けされている。

 一瞬、熊本名産の辛子蓮根に見えたのは、「蓮根の黄身寿司」と言う。酢の酸味と蓮根の食感が何とも言えなかった。

 「無花果」は上品なサイズでジューシー、特に切れ味が良かったのが細めの「もずく」であった。

 撮影を済ませての試食としたので、後から食す順番が狂ってしまったが、この前菜は女性を魅了するに違いない。

▼「えのきぞの」コース雅 3500円(税別)
500_8517


●先 付  とろろ豆腐 いりだし
●前 菜  胡瓜とくらげの胡麻クリーム和え もずく さつまいも
      無花果 海老 青唐 枝豆 蓮根の黄身寿司
●椀 物  本日のお吸い物
●向 付  お刺身
●焚合せ  加賀茄子 小芋 たこ
●揚 物  キスの天ぷら 新生姜とトウモロコシ アスパラ レモン
●焼 物  本日の焼き物
●飯 物  土鍋ごはん
●汁 物  味噌汁
●甘 物  紫陽花

<えのきぞの>
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎ランチ&ディナーのご案内 ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/news/menu.jpgLink
◎「えのきぞの」のお弁当情報 ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/news/bento.jpgLink
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/6/21 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp