ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 紫陽花

フードパル熊本は、癒しの場。

DFD_4393


 5月になり、既に4回目?の訪問となった、フードパル熊本。まだ、薔薇の花が残っており、炎天下ではあったが、取材をすることにした。以前とは様変わりしつつある、フードパル熊本。少しずつ活気が戻り、遠方からもショッピングや花々を愛でに足を運んでくる観光客も急増しつつある予感。とても、良いことである。

 実は、筆者が嵌っているのが、熊本ワインの一角である。いつも花壇には花々が咲き誇り、洒落た建物の中には「菊鹿ワイン」を中心に、お土産物がたくさん陳列してある。天井の高い空間で、ジェラートやその他飲み物を頂き、周囲を撮影して回るのが楽しみとなっている今日この頃。ちなみに、2種のジェラートの1カップが400円と、全てに良心的な値段設定となっている。

 本日の陽射しはかなりキツかったので、できるだけ木陰を選び薔薇の花々を撮影することにした。薔薇の次は、何だろうかと思いつつ・・・本日の撮影を午後4時には終了することに・・・。

 
DFD_4377


DFD_4417


DFD_4467


DFD_4373


▼パン屋さんの玄関がマイスペースとなっている猫
DFD_4475


▼熊本ワインで販売しているジェラート
DFD_4528


▼取材風景
D60_5411



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/24 12:00 am

素直な気持ちで、花々を愛でる。

500_9251


 薔薇の花々を愛でると言っても、気の遠くなるほどの手入れが行き届き、初めて美しい薔薇園として美しさを放つ。

 久しぶりに足を運んだフードパル熊本だったが、汗だくとなり、一所懸命花々の世話をしている方々の姿があった。時には通り過ぎる中で、「今が一番良い頃ですよ。どうか、よか写真ば沢山撮ってください!」と言ってくれる人もいた。

 若き頃の筆者の頭には、「女性が花々の美しさを語るのは分かるが、男性が・・・」と、少々、照れもあるのか、勝手に自分の興味の範囲を狭め、壁を作っていたのは否めない。範囲を定めるために、見えない壁を作っており、自ずから自然に対する感性を低いものにしていたのだろうと。

 近頃、取材のアクティビティの中で、野鳥や景色のほか、四季折々の花々を撮影することが多くなっている。勿論、その撮影に最適なレンズやカメラを選び、試行錯誤しながら、その時期の「旬」を切り撮って行く訳だが、その都度、小さな発見があり、毎回充実した取材ができていると自負する次第。

 ただ、スマホを使って「取材」と語る、軽薄な人間もなきにしもあらず。ブライベートBlogをもって「記事」と豪語する素人もなきにしもあらず。しかしながら、瞬間的に切り撮るというのは、そう簡単なことではない。特に撮影においては、被写体がどんな構図と角度で、何を記録してくれと囁いてくれるまで、待つことから始まるのだ。

 蛇足だが、最近頓に思うことは、邪悪な心(やけに神仏を語る偽善者に多い)を持つ人間が花を愛でるような言葉を発すると、全てに整合性のなさに気づく。美辞麗句を多用したり、神々しい言葉を執拗に遣っているところが、実に片腹痛い。世の中の人々の心を清める寺社も花々も、大変迷惑をしているのではないかと・・・。

 花々は、自然体で心優しい人たちに愛でて貰いたいと思っているに違いないのだから。


500_9265


500_9305


500_9198


500_9217


▼取材風景 photo by Assistant Photographer
nishida



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2017/5/22 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp