ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 称賛のマネジメント

虐めを無くすには、民度を上げるしかない。

josui-3


 数日前に、他県に住む知人から、職場女性の陰湿な虐めに困っているとのメッセージが入ってきた。よくある話だが、虐めている人間は虐めという自覚はなく、遊び半分の「いじり」、「可愛がり」、「構ってる」、「困った顔を見るのが快感」程度に思っている。

 記事をお読みいただく良識ある女性には無関係な話だが・・・ホテルレストランで集団で食事をする女性たちを観察していると、まあ、よく喋る。それも、遠くのテーブルへも聞こえるような大音響にて、機関銃のように喋りまくりゲラゲラと笑う、猿のようなボスがいる。

 この群れをなす女性に多いのが、水面下での派閥抗争、陰湿なる虐め・・・群衆心理の「蛆虫」が蠢いている。決して、民度が高いとは言えない人たちである。単に無知なる女性であれば、示唆・注意で治せるが、セレブ気取りの女性であれば、既に不治の病。

 しかし、今回の「困った!」は、同じ職場であるから厄介である。毎日顔を合わせる、先輩後輩の女性たち。そこで先輩が後輩へ、あの手この手の「虐め」をするのだから、ほっとけない。よって、職場のマネジメントを検証し、早期改善しなければならない。

 本来ならば社員は全てフラットであるのが一番。先輩が偉くて、後輩は下足番として見下されるような上下関係を、勝手に作るのがボス猿。これが、「悪の根源」となる。野放しにしておくと、入社したばかりの新人が傷ついて、どんどん辞めて行く。

 「私は上位」と豪語する低民度のボス猿。恥ずかしさの境界線を踏み外しても素知らぬ顔。牢名主のような振る舞いを、己の特権と履き違え、この上ない快感のルーチンワークとしている。親の愛情も躾もない悪い環境下で育ったのだろうと。醜態、そのものである。

 されど、このようなボス猿がいると、悍しいほどの先輩後輩の上下関係を作り出し、会社の職位とは別次元にて、自分たちの楽しい世界を作るためにウイルスを埋め込んで行く。歪みきった先輩後輩という関係は、年功序列の負の遺産。時代錯誤も甚だしい代物である。

 よって、「困った!」という前に、旧態依然とした職場環境を完全にフラットにする必要がある。そして、再スタート。ヒューマンウェア確立のための研修を行い、新人であろうが、優秀な人材であれば、引っ張り上げてやれば良い。勿論、公正中立な対応にて。

 虐め軍団のボス猿をはじめとする女性たちには、日々カルチャーショックを与え、低民度な行いが如何に醜いのかを思い知らせる必要がある。多分、九分九厘は辞職を選ぶだろうと。人手不足の時代だが、職場を浄化しなければ、この類の虐めは延々と続くことになる。

 現在の企業にとって、職位などどうでも良いこと。大切なことは、上下関係のないフラットな爽やかな環境下で、常にワン・チームという「心」を植え込む事である。出来の悪いボス猿とは、実は、弱虫で常に虚栄を張らねば生きて行けない人が圧倒的に多い。

 畢竟、オフィシャルであっても、プライベートであっても、そのようなボス猿を人生の友に選ぶ必要はない。被害にあえば、直ぐに、公正中立な上司に相談すべきだ。勿論、会社のコンプライアンス委員会がしっかりと機能していればの話だが・・・。

 最後に、時代背景は異なるが、TBSテレビ60周年特別企画「日曜劇場 天皇の料理番」では、筆舌に尽くし難き「差別」、「虐め」、「恨み」、「妬み」の世界を垣間見ることができる。現在、アマゾンプライムで放映中なので、是非、ご覧いただければと・・・。

▼秋山徳蔵(Wikipedia)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/Link 秋山徳蔵

 
800_6368



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/9/8 12:00 am

恐怖政治を愛する経営者へのサジェスション実例

josui-3


▼以前、「恐怖政治」を止めない経営者へサジェスションを行った実例サンプル
※人名や会社名が特定されぬよう、表現や具体的内容については一部変更しています。


恐怖政治の危険性について


○○○○○○○○株式会社
代表取締役社長 ○○○○○○○ 殿

謹啓 時下、益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。

 早速ですが、近頃気掛かりなことは、「電子メール(CC、BCC)」による「情報共有」について。社内における「情報共有」の猛烈な電子メールについては、賛同できないところも多々あります。それは、受け取り方次第では、公的な場における「晒し者」、「人格否定」となり、これらのメールを片手に、労働基準監督署や裁判へと持ち込まれた場合、貴殿や貴社にとって、非常に「危険極まりないパワハラの証拠」として裁かれるのは必至。

 今後は、個人へ矛先を向けた辛辣な表現を控え、個人攻撃を行わず、可能な限り現場責任者への「評価」なり「示唆」、「指示」に切り替えられることを勧めます。よって、現場を「グループ責任」として捉えることで、現場責任者への個人攻撃にならぬようご注意下さい。

 現場責任者に対しては、個別面談の時など、和やかな中でしっかりと抑えるところは抑え、「抽象的表現」を止めて、「具体的な処方箋」を手渡す手法が、部下にも伝わり易くなります。更に、今のご時世なので、「最後のフォロー(神の救いの手)」を差し伸べると、皆、萎縮することもなく、「理解してもらっている」、「評価してもらっている」という、大きな「信頼」が芽生え、物事が円滑に進むようになります。

 また、日頃から貴殿の挙動をチェックしている中で、気掛かりなことは、Facebookにおける「感情の爆発」です。短絡的に怒りの鉄拳を示すような「格言」があったり、良き過去の時代を思い起こしては現状に愕然とするなど、「怒り心頭」の荒々しい感情だけが、あちらこちらに散在しているところです。

 最後に、一番言われたくないところかも知れませんが、貴殿の「女性に対する甘さと思い込みの激しさ」は、早期に払拭する必要があります。それは、大人気もなく、いつまでもクヨクヨしている時間が勿体なく、思い入れは分かりますが、不毛なる思考回路の無駄遣いとなります。

 諄いようですが、電子メールによる「情報共有」の中で、貴殿からの「フォロー」がなければ、決して、「サイレント・マジョリティー」の浮上はあり得ません。また、どんどんと水面下に沈んで行く中間管理職が増えてくるだけです。そろそろ「悪代官」としての「悪手」は封印された方が良いのではありませんか。

 現実を見て下さい。電子メールによる「個人攻撃」に対して、社員全員が心身ともに「疲弊」しているはずですし、これから、もっと退職者も増えてくるのではなかろうかと危惧しています。前々から申し上げている通り、「掲示板」による「情報共有」を徹底し、「感情」を捨て、ポーカーフェイスにて、人を動かされては如何だろうかと思うばかり。

謹 白


令和○年○○月○○日        
ディー・アンド・エルリサーチ株式会社
代表取締役社長 西 田 親 生


 ※以上をサジェスションし、一時期「悪癖」は改善へ。「悪癖」は病的ものであるために、長期間にわたり監視役が必要となりますが、或る日その監視役がいなくなると、突如「悪癖」が飛び出し、せっかく社員と結びつつあった「信頼関係」を一瞬にして潰すような挙動に走り出すのです。よって、「恐怖政治」をこよなく愛する人へは、人事権などの権限を全て与えない事が肝要かと・・・。


▼筆者バイオグラフィ
 ※コンサルタント業務へのお問い合わせは、Facebookのメッセンジャーにて、お気軽に!
  https://www.facebook.com/dandl.co.jp/Link

info-1


info-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp